CD 輸入盤(国内盤仕様)

Salty (紙ジャケット)

Alex Richman

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VSCD5590
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤, 紙ジャケ,輸入盤

商品説明

元在籍していたバンド、セント・ジョン&ザ・ヘッズでは、オールマン・ブラザーズやコールド・ブラッドの前座もつとめたという女性シンガー/キーボード奏者、アレックス・リッチマン。のちにドアーズの元メンバー2人(ロビー・クリーガーとジョン・デンズモア)が結成したザ・バッツ・バンドに、オリジナル・シンガーのジェス・ローデン(ブロンコ)の後任として参加したことでも知られる彼女の唯一のソロ・アルバム(72年)。
キャロル・キングを彷彿させるコケティッシュなヴォーカルによるメロディアスな作風と、迫力のホーン・セクションをフィーチャーしたファンキーでソウルフルな楽曲とのバランスが絶妙に楽しめる1枚。ジム・ケルトナー(ds)、ライ・クーダー(g)、ジェシ・エド・デイヴィス(g)、ジム・ゴードン(sax)、ウエイン・パーキンス(g)、クリス・エスレッジ(b)など、LAからマッスルショールズまで、豪華なゲストの顔ぶれにも注目。

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

元ドアーズのメンバーが結成したバック・バンドに一時期参加。しかしそんな経歴は、この女性歌手が72年に残した唯一のソロ作を語る上では、あまり意味がないかもしれない。ジム・ケルトナーやクリス・エスリッジといった名手をバックに、アーシーな歌声を自作曲に乗せて披露。ライ・クーダーも2曲に参加している。(真)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品