CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 Groove Island

Alessandro Scala

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
DIGIPAK
:
HMV record shop 渋谷
※店頭でも販売している商品のため、完売の場合はキャンセルさせて頂きます

基本情報

ジャンル
カタログNo
SCCD470
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

1968年イタリア、ラヴェンナ生まれのサックス奏者、アレッサンドロ・スカーラ。

ファブリジオ・ボッソらをゲストに迎えたクァルテットによる前作『Viaggio Stellare』 (2013年) は痛快なイタリアン・ハードバップ・サウンドが聴きごたえたっぷりでしたが、今回はさらにシェイプアップしたトリオ編成となり、よりグルーヴィーなハモンド・オルガンが加わり、アレッサンドロのサックスと相まって、より軽快にファンキーな作品となった。そもそもの発端は、2011年のアルトゥ―ジ・ジャズ・フェスティバルにおいて、本作にも参加している、トリノ生まれの人気トランぺッター、フラヴィオ・ボルトロがアレッサンドロ・スカーラに、若き注目のオルガン奏者、レオ・ コッラーディを紹介したことにある。二人はすぐさま、意気投合、共演。何か特別なものが生まれた感じがしたたいう。以後共演を重ね、アレッサンドロとドラムスのステファノ・パオリーニが中心となって、オリジナル曲を増やしていく。そのどれもがストロング・ファンクな仕上がりで、これはアルバムを作るしかないと決意に至ったそうだ。多くのクラブジャズ作品をリリースしてきたSCHEMA らしいとも言える、強力に踊れるジャズ作品の登場!

Alessandro Scala (ts,ss,bs)
Leo Corradi (hammond c3, fender Rhodes, clavinet)
Stefano Paolini (ds)
Flavio Boltro (tp on 1,2,3,6)

収録曲   

  • 01. Hello & Goodbye
  • 02. Groovology
  • 03. Viaggio Stellare
  • 04. Game Over
  • 05. Sottosopra
  • 06. Minghè
  • 07. Dancing in the Sky
  • 08. The Belin
  • 09. Groove Island

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品