CD 輸入盤(国内盤仕様)

Modern Times

Al Stewart (アルスチュアート)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OTLCD70269
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ここ数年、モダーン・タイムスの輸入CDを...

投稿日:2015/06/06 (土)

ここ数年、モダーン・タイムスの輸入CDを手に入れようと、何度もネットでオーダーしましたが、結局入荷されずに手に入れることができませんでした。このため、購入したのが本CDです。 アル・スチュワートのアルバムとしては、オーレンジ、追憶の館(モダーン・タイムス)、タイム・パッセージ、ロシア&アメリカの4作品しか知りませんが、その中で突出して良く聞いたのが追憶の館です。いずれも20代前半の頃で、特に追憶の館は恋愛していた頃に聞いていたため、失恋の甘酸っぱい思い出が蘇って来る作品です。 ただ、アル・スチュワートの独特の歌声と、心に沁み込んで来るサウンドは、そういう個人的な想いとは関係なく、万人の心を癒してくれるのではないかと思います。オーレンジも、何十年振りにCDで聞いて病み付きになっています(以前聞いたのはLPレコードだった)。Past,Present & Futureも同様です。 何十年振りに聞くと、この人の歌のうまさがわかります。これよりうまいのは、ピーター・ハミルくらいでは?とさえ思えます。 初めてアル・スチュワートを聞いたのは、同室の友達がオーレンジと間違えて買って来た追憶の館です。当時ロックばかり聞いていた私は、アル・スチュワートのことを軟弱なギター青年と、ばかにして聞いていませんでした。まあ、軟弱という点は当たっていたのですが、思ったよりも売れ線路線のポップな作品でした。前作や前々作に比べてもポップに感じます。今回、CDを買ってわかったことですが、それもその筈、アラン・パーソンズのプロデュースでした。 という訳で、1970年代後半の、洗練された甘く切ないフォーク/ポップが好きな方にお勧めです(俺だ、俺だ、俺だー!!)。 一つだけ残念なのは、モダーン・タイムスのジャケットが日本で発売されたイラストのLPジャケットと違うこと。LPジャケットは、少し幻想的でイマジネーションを感じるジャケットだっただけに残念。

マジェンタレーン さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
アラン・パーソンズとの三部作の第一弾。大...

投稿日:2006/02/13 (月)

アラン・パーソンズとの三部作の第一弾。大ヒットした後の2枚よりも、個人的には好き。7曲目から8曲目への流れの美しさと言ったら・・・。

一路真先 さん | 千葉県八千代市 | 不明

0
★
★
★
★
☆
邦題:追憶の館(米盤のジャケットの方がよ...

投稿日:2001/03/07 (水)

邦題:追憶の館(米盤のジャケットの方がよかった。) Carol を聞いてびっくり、急に曲調が明るくなった。ただし、変にポップになりすぎず、かつ、陰りを保ったギリギリの傑作。 9〜11 はボーナストラック。

すすむ さん | 杉並区 | 不明

0

Al Stewartに関連するトピックス

おすすめの商品