CD

Fillmore East -The Lost Concert Tapes 12 / 13 / 69 (Remastered)

Al Kooper / Mike Bloomfield (アル クーパー マイク ブルームフィールド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MHCP2009
組み枚数
:
1
:
日本
オリジナル盤発売年
:
2003
フォーマット
:
CD

商品説明

68年12月、ビル・グラハムのフィルモア・イーストで行われたライヴが30年以上の時を超えていま蘇る!『フィルモアの奇跡』から約3ヵ月後に行われたのが本作でのライヴで、ロックが変革を遂げようとしていた時期の貴重なドキュメント。ジョニー・ウィンターの素晴らしい客演も聴きモノ。

内容詳細

68年の野心作『スーパー・セッション』から派生したと言える、貴重な未発表ライヴ盤。68年12月13日のニューヨーク公演を収めたもので、縦横無尽のブルース・ロックを聴かせる。無名時代のジョニー・ウィンターを紹介している点でも歴史的価値がある。(東)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
まず、音が良い。 これが、テープをアイロ...

投稿日:2006/07/23 (日)

まず、音が良い。 これが、テープをアイロンで伸ばしてリマスターしたなんて信じられません。 私には GTogether Till the End of Time が最高です。 彼の少し前の日本人にはしっくり来るリリシックな感じが良いと思います。 但し、ピアノは後からかぶせたものと思います。なんせ、『・・奇跡』の時には、Feelin’Groovyにポールサイモンを付け足した輩です。今回も許される範囲で手を入れた云々を本人も語っています。

CのH さん | 山形 | 不明

1
★
★
★
★
★
4のJohnny Winterが壮絶! Al Kooperがこ...

投稿日:2005/06/20 (月)

4のJohnny Winterが壮絶! Al KooperがこのときのDsをこきおろしとりますが、Dsは聴かぬようにして、Bloomfield様の神技に酔いしれましょう(^・^)

ヒゲおやじ さん | ヨコハマ | 不明

0
★
★
★
★
☆
30年位前に買った2枚組のLP「フィルモア...

投稿日:2004/07/28 (水)

30年位前に買った2枚組のLP「フィルモアの奇蹟」と、重複している曲もあるが、こちらの方が粗削りのようだ。でもマイクのギターは逸品。「スーパーセッション」ではスティルスだったギターも「魔女の季節」ではマイクの個性が如何なく発揮されている。

baian さん | 栃木県 | 不明

0

おすすめの商品