Blu-spec CD 2

Night In The Ruts

Aerosmith (エアロスミス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICP30373
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Blu-spec CD 2

商品説明

〜(メーカー資料より)〜
【ソニー・ミュージック HR&HM 名盤】Legacy Recordings HR&HM(3)

不滅の名盤・偉大なる音楽遺産を未来へつなぐ「レガシー・レコーディング」第3弾は、ハード・ロック、ヘヴィ・メタルの名盤30タイトル。
79年度作品。オリジナルとしては通算6作目。全米最高位14位/100万枚突破。プロデューサーは長年共に名盤を作ってきたジャック・ダグラスから、ゲイリー・ライオンズに交代。79年春、どうにか新譜製作の準備に入るが、「もう、どうでもよくなっていた」と、当時を回顧するジョー・ペリー。結局、レコーディングは開始したものの、きちんとした形で進めることが出来ず、業を煮やしたマネージメントはそのままレコーディングを中断させて、バンドをツアーに出した。しかし、皮肉にもそこでスティーヴンとジョーの確執が決定的となり、ジョーが7月末に脱退。ジョーはすぐにソロ・プロジェクトをスタートさせる。残った4人はスタジオに戻り、ジョー抜きでレコーディングを再開。シャングリラスの「Remember」(最高位67位)、ヤードバーズの「Think About It」など全9曲中3曲がエアロのルーツ的な楽曲のカヴァー。「Mia」は当時生まれたスティーヴンの娘ミアに捧げられた美しいバラード。

<Blu-spec CD2>
『Blu-spec CD2』の原盤製造には 、『Blu-spec CD(R)』に使用したBlu-ray Discカッティング用のブルーレーザーのみならず、Blu-ray Disc用マスタリング方式(Phase Transition Mastering )の全てを踏襲し、高精度で理想的なCDサイズのピット形状を実現。また、ディスク素材は『Blu-spec CD(R)』で定評のある高品質素材「高分子ポリカーボネート」を採用。さらに原音に忠実な高品質CD『Blu-spec CD2』(ブルースペックCD2)が完成。CD発売から30年、最大の製造技術革新による高品質CD。*既存のCDプレーヤーで再生可能です。

※商品仕様・収録内容は変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

内容詳細

1979年発表の6thアルバム。レコーディングの途中でジョー・ペリーが脱退、全9曲中3曲がカヴァーで構成されるなど、過渡期といえる作品。スティーヴン・タイラーの娘に捧げた「ミア」収録。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
5
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
とてもとても懐かしくなって購入してしまい...

投稿日:2011/07/24 (日)

とてもとても懐かしくなって購入してしまいました。 Bのフレーズは相変わらずかっこいいし、Dは今だから聞く価値もあるし、 Hで最後に泣いてしまうのです。ほんとは「ミア」聴きたいがために買ったのですが・・・ このアルバムの楽曲ってなかなかベスト版には入らないんですよね。。。

ガクフ さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
☆
rocksは新世代のR&Rをどうだっ!と、Draw ...

投稿日:2007/03/21 (水)

rocksは新世代のR&Rをどうだっ!と、Draw the Lineは正にぶっちぎりでメーターを振り切ってしまうような勢いが感じられたのに比べ、リリース当時はABGHといい曲もあるものの、やや勢いが落ちたかな、、、と感じた。それは、当時圧倒的だったパンクの勢いと比べてやや旧世代のオト、という印象をやっぱり受けたんだと思う。が、今聴いてみると、凄くいいレコードじゃないか!!

流星号 さん | 東京 | 不明

2
★
★
★
★
★
こんなに沢山高い評価をしている人がいるな...

投稿日:2007/01/30 (火)

こんなに沢山高い評価をしている人がいるなんて、超〜ウレシイです。正にオジサンのエアロはここまで。アルバムとしての完成度は確かに高くないですが、一曲一曲が結構イイ出来です。@ACGなどライブで聴きたいと思います。そしてHで泣くのです。このエンディングで!正調エアロはこの「ミア」のエンディングとともに炭鉱の穴の奥へ消え、二度と戻っては来なかった。

キースの庭師 さん | 和光市 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Aerosmith

エアロスミスは結成された70年代当時から現在に至るまで華々しいショウビズ界の表舞台で何度も浮き沈みを体験しながら、活動を続けてきたグループだ。その佇まいには芸人根性、非常にプロフェッショナルなショウマンシップというものがあって、そうしたものが音楽の魅力とも相俟って聴く者を惹き付けて離さない魅力を醸し出している。

プロフィール詳細へ

Aerosmithに関連するトピックス

おすすめの商品