CD

Becoming A Cliche

Adrian Sherwood (エイドリアンシャーウッド)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BRC162
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

エイドリアン・シャーウッド、待望のセカンド・ソロ・アルバム。こちらは初回限定のオリジナル音源のDisc1とそのダブ音源のDisc2による限定2枚組仕様です。ゲストが豪華です。11月に一緒に来日するリー・ペリーを始め、エドリアンのダブミックスの師匠であるデニス・ボーヴェル、リトル・ロイ、ナイアビンキ・ジャングリストのコンゴ・ナッティ、フランスのダブ歌姫:サミー・ファラ、UK New Roots/DUBシーンのメランコリック・ダブ・マスター:ラブ・グローサー、ビム・シャーマン、レンキー他が集結!レゲエ/ダブをベースにダンスホール〜デジタル・ダブ、ジャングル、エスノ・トランス、グレゴリアン・チャント等、音絵巻〜ダブ絵巻となってます。【HMV商品部】

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
’06年発表。前作『ネバー・トラスト・ア・...

投稿日:2015/08/06 (木)

’06年発表。前作『ネバー・トラスト・ア・ヒッピー』は、ワールド・ミュージックが本来持っていた、さまざまな国の音楽が越境/異種混合していく面白さ、をエイドリアン流に追求したソロ・アルバムだった。3年ぶりとなった2ndソロでも、エイドリアンは得意の過激なダブ処理を施しながらそれを追求している。マーク・スチュワートの歌がフィーチャーされたIや、タックヘッドばりの硬質なビートが炸裂するKLなど、どの曲も凶暴さがみなぎっているのは、嬉しい限りだ。ジャマイカ・レゲエ至上主義者(DQN御用達レゲエ愛好家)が大嫌いな僕のような人間は、その手のピュアリストに対して牙をむいたような攻撃的ビートの応酬に、興奮を通り越して卒倒寸前である。

madman さん | 不明 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Adrian Sherwood

イギリスの音楽プロデューサー、レコーディング・エンジニア。70年代後期、混沌とした緊迫感が音楽シーンを包む中、パンク、ファンク、レゲエ、ジャズ等ジャンルの壁をブチ破って融合させた革新的な音楽が次々と生まれていた。そのシーンの中心で過激なダブ・ミックスと厚い人望を武器に名だたるアーティスト達を・・・

プロフィール詳細へ

Adrian Sherwoodに関連するトピックス

レゲエ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド