音楽社会学序説 平凡社ライブラリー

Adorno , Theodor

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784582762921
ISBN 10 : 4582762921
フォーマット
出版社
発行年月
1999年06月
日本
追加情報
:
16cm,446p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • サイバーパンツ さん

    最近の聴取者はみな、真面目に音楽を聴かず、ファッションとして聴くような奴ばかりだし、ジャズなどのポピュラー音楽は低俗だなどと、結構きついことも言うが、アドルノが真に批判しているのはレベルの低い聴取者でも、低俗な大衆音楽でもなく、このような音楽・聴取者を作り上げた社会そのものである。彼が聴取者に求めるハードルは高く、流石に理想論に過ぎるが、彼が社会に対して行った様々な問いかけは、音楽以外の分野に共通するものもあり、今でも十分に、考えるべきものと言えるだろう。

  • またの名 さん

    なにもジャズや大衆音楽だけを敵視してるのではなく、矛盾した社会の形態は音楽の中にも同じように現れると考える以上、すべての音楽的事象が批判を免れない。社会が誤りを含む限りは芸術も同じ。真なる調べのみが衆愚どもに汚されない生の躍動を感じさせる、などという紋切型に弁証法を熟知したアドルノが与する訳はないし、音楽は必要で奨励すべきなんて確信はむしろイデオロギー扱い。作曲家が意のままに作曲できる創造の自律性に達すれば逆に他律性を招いて自らを危うくする成り行きを見越す冷徹さは、これでもかと言うほど徹底してネガティブ。

  • しゅん さん

    ラジオ講義録を元にしてるというから読みやすいかと思ったらさすがアドルノ。全然に難解ですね。現代音楽もジャズもポップスも病とみなす頑固親父っぷりだけは実感できる。

  • 子音はC 母音はA さん

    最後の【媒介】の章が音楽社会学の持つ可能性の示唆に富む。音は物質ではない故に外側(楽譜や楽器など)にしか歴史を求められない。音楽は何よりもイデオロギーと結びつきやすかった。音楽は個人的趣向という不合理なものだが、集合化されると、合理的に物事が進行される。その過程を見抜くのがこの学問の役割。

  • なりあきら さん

    この本は前にも読んだことがある。アドルノのクリティカルな視点と、信念に貫かれた主張。この信念があってこそ、彼は単なる器用貧乏ではなく、偉大な社会学者、哲学者、評論家として活躍したのだろうと感じる。彼の信念は、いまの我々から見ると若干古くさく、理想論に見える――今更そんなハイレベルな聴き手を想定した音楽論を語ってどうするんだ、と――だが、そこに学ぶことも多いはずだ。音楽社会学という学問を現代に即して再考してみるのも面白そうだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品