CD 輸入盤

Flashbacks 1992-1998

Acid Jesus

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
30
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

Following the title of the classic Ecstasy Club record (1988) - be it a direct influence or merely a coincidence - Acid Jesus was the first of many collaborations between Roman Flgel and Jrn Elling Wuttke. Situated in Germany's then blistering techno scene and especially a mirror of Frankfurt at the time, the early recordings on Flashbacks are also a feedback loop to what was happening in the UK and the USA before and at that very time. With many definitions and interpretations of techno already in place, and while it's triumphal procession slowly geared itself into exhaustion, Flgel and Wuttke succeeded with their own, unique take on it, that owed as much to Underground Resistance and The Belleville Three as it did to Sven Vth and Andrew Weatherall. Depicting the booster detonation of what was to become the holy label trinity of Playhouse, Klang, and Ongaku, this is a collection of tracks and experiments in sound that won't sound dated, yet classic, mesmerizing and eternal. Double CD version includes 21 classic tracks and two previously unreleased tracks; the first CD includes the Klang released debut album from 1993, which collected a string of tracks written and produced between December '92 and July '93, while the second CD gathers the later stage of Acid Jesus with a selection of music from the Fear (1994), Radiation (1994), and Interstate (1997) EPs; Double CD version includes booklet.

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
1990年代初頭のハウス・ムーヴメントのなか...

投稿日:2021/07/19 (月)

1990年代初頭のハウス・ムーヴメントのなかにあって、エレクトロニック・ミュージックの狂乱ぶりの全てが、珠玉のクオリティーでこのベストアルバムのなかに詰まっているといっても過言ではない。当時といえば、デトロイト・テクノはもちろんのこと、トランス、アシッド、レイヴ、テクノといったエレクトロニック・ミュージックが世界中のダンスフロアを駆け巡っていた時代。そこでRoman Flugelというエレクトロ(コールド・ウェイヴ)職人がフランクフルトのテクノ・プロデューサーJorn Elling Wuttkeと組んでリリースを重ねたのがAcid Jesusというユニットだ。本作は当時リリースされた数々のEPの表題曲とカップリングを2枚のディスクに分けて収録したベスト盤。ディスク1の表題曲はいかにも時代を反映したようなトランスやアシッドの曲が多いのだが、聞き逃せないのがディスク2に収録のカップリング曲の数々。Roman Flugelならではのコールド・ウェイヴ由来のピコピコ感とIDMのクリーンさをベースにしたレイヴ寄りの曲やテックハウスなどが多く含まれていて、彼のセンスの良さを実感することができる。不思議なくらい捨て曲なしのベスト盤だ。

u.f.o.313 さん | 不明 | 不明

0

ハウス/クラブミュージック に関連する商品情報

おすすめの商品