CD

Metal Heart

Accept (アクセプト)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MHCP787
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
リマスター
追加情報
:
2005年DSDマスタリング
新規ライナー
歌詞・対訳つき

商品説明

ヘヴィ・メタル史上に燦然と輝く名盤のひとつとして語り継がれる本作『メタル・ハート』はウド・ダークシュナイダー率いるアクセプトが'85年に発表した通算6枚目のオリジナル・アルバム。「エリーゼのために」をフィーチャーしたギター・ソロを含む大名曲「メタル・ハート」からコテコテの古典的ヘヴィ・メタルが炸裂!同時代のバンドたちが揃ってアメリカナイズしていくなか、彼らはメタルを選んだ。時代に逆行するような彼らの姿勢は正にヘヴィ・メタルそのものだった。

内容詳細

ジャーマン・メタルの雄、アクセプトの名盤がリマスター再発。本作は、1985年発表の通算6作目で、鉄の心臓を模したジャケットのイメージそのままのパワー・メタルの名曲揃いの1枚だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
18
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ヘヴィーメタル史上でもランドマーク的作品...

投稿日:2012/03/14 (水)

ヘヴィーメタル史上でもランドマーク的作品として列挙されるべきものである。60年代から続いてきたハードロックの流れをJudas PriestやIron Maidenたちが、ヘヴィーメタルのスタイルを確立したように、Acceptがヘヴィーメタルを醸成させ、パワーメタルやスラッシュメタルなどの細分化の分岐点になっていったと思う。本作は、そういった意味でも純粋に音楽として素晴らしいものだけではなく、音楽史の資料的価値の位置をも占めていると考える。個人的には“Fast As A Shark”や“TV War”のように怒涛の疾走感抜群!!の楽曲よりも、“Balls To The Wall”や本作収録のタイトルトラック“Metal Heart”などの荘厳で切なく、哀愁漂うドラマティックな展開の楽曲のほうがAcceptには断然お似合いであると思う。その“Metal Heart”のギター・ソロに在り来たりな速弾きではなく、ベートーベン作のピアノ曲として有名な「エリーゼのために」を何の違和感もなく自然にはめ込んでしまったウルフ・ホフマンのセンスは超・超・超クーーール♪♪♪同様に劇的な“Bound To Fail”、キャッチーなメロが印象的な“Midnight Mover”や“Living For Tonite”、ポップな“Screaming For A Love-Bite”もアルバム全体の中で溶け込んでいて、とっても男気溢れる気持ちイイアルバムに仕上がっている。ヴォーカルのウド・ダークシュナイダーの声質に賛否両論があると思うが、ヘヴィーメタルとは「まさに、これだーーー!!!」というスキのない作品である。本作から見て、前作に当たる“Balls To The Wall”アルバムと次作に当たる“Russian Roulette ”は是非トライして!!!★彡

nikki さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
超名曲、1曲目を筆頭に、トリッキーな曲作...

投稿日:2011/06/25 (土)

超名曲、1曲目を筆頭に、トリッキーな曲作りと、構成上におけるギミックで圧倒したアルバム。 この知的なアプローチとサウンドこそアクセプトなのだ!そしてMETAL HEART! スウェーデン・アルバム・チャートで4位を記録。

den park さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
★
レビュー:前作で人気が定着し今作で一気に...

投稿日:2011/03/14 (月)

レビュー:前作で人気が定着し今作で一気に加速したアルバム。HM入門にはウドの声はどうかと思いますが、ACCEPT入門としては、この1枚。1曲目の「エリーゼ」で、『おっ』と思って、ウドの声・コーラスに違和感がない人には、前作もお勧めしてはいかがでしょうか。今、思い出すと、アルバム制作・PV・広告等に前作以上に投資されている感じがしますね。         私評:やっぱり、何回聞いても良いですよね。1曲目から最終曲までブッ通しで聴いてしまいますね。昔某誌の編集の方が、自分のバンドで「『ACCEPTのみたいのが、やりたいんだ』と口論になった」と書いていた記事を思い出します。わかります。これ聴くと重低音コーラス+トリプルVで同時振付やってみたいです。今おっさんだけでやると、ヨサコイソーランか?みたいな気もしますが…。ウドの迷彩ってどの辺で思いつたんですかね、1stの裏ジャケ見ると、米良?みたいだし、この時から迷彩だったのかな〜。「バンド音−声−コーラス−雰囲気−迷彩−ドイツ」合いすぎてるよね。迷彩とか方向性が確立した時って「これだ!!」みたいな感じだったのかな〜。JP−ロブ−スタッズ・黒革みたいなはまり方だよね。いや型だな。

IKKI さん | 北海道 | 不明

0

Acceptに関連するトピックス

  • ACCEPT オーケストラ共演ライヴ映像作品! 2017年のWACKEN FESで ACCEPT がオーケストラと共演したライヴパフォーマンスを収録した作品『SYM... |2018年10月09日 (火) 21:20
    ACCEPT オーケストラ共演ライヴ映像作品!
  • ACCEPT 新作 8/4発売 ジャーマン・メタルのベテラン、ACCEPT の3年ぶり通算15作目となる新作『The Rise Of Chaos』8... |2017年06月05日 (月) 17:10
    ACCEPT 新作 8/4発売
  • ACCEPTインタビュー! この11月にジャパンツアーを行うACCEPTのリーダー、ウルフ・ホフマンに最新作やジャパンツアーについて話を聞きます... |2014年11月05日 (水) 20:10
    ACCEPTインタビュー!
  • ACCEPT 新作! ジャーマンメタルの重鎮 ACCEPTの新作いよいよ発売!1CD通常盤の他、ライヴ映像を収録したBlu-ray及びDV... |2014年05月27日 (火) 23:20
    ACCEPT 新作!
  • ACCEPT 90年代のライヴ! ACCEPTが90年代に再結成した時に発表したライヴアルバム『All Areas -Worldwide』がリマスター... |2014年04月04日 (金) 19:10
    ACCEPT 90年代のライヴ!

ヘヴィーメタル に関連する商品情報

おすすめの商品