Aaron Goldberg / Omer Avital / Ali Jackson

人物・団体ページへ

CD 輸入盤(国内盤仕様)

Yes!

Aaron Goldberg / Omer Avital / Ali Jackson

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKE011
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

2011年最注目作品!
アーロン・ゴールドバーグ〜オマール・アヴィタル〜アリ・ジャクソンJr.、伝統に根ざしつつ、三人にしか創れない決定的トリオ・サウンド、15年の共演歴が一夜にして凝縮され昇華した作品!

今最も多忙であり、欧米のミュージシャンから圧倒的な人気、信頼そして支持を受けるピアニスト、アーロン・ゴールドバーグの新作が登場です。しかも、ベースには今最も注目を集めるイスラエル出身OAM Trio のオマール・アヴィタル、ドラムには、オマールと同じく長年の共演を重ねてきたアリ・ジャクソンJr. という強力トリオ!

三人のコメントによれば、付き合いは15年にも及ぶのだそう(原点はニュースクールそして、クラブSmalls、ホールでの演奏などを重ねてきたとのこと)。そのため、レコーディングでは敢えて特別な下ごしらえのようなものはしなかったのだとか。ほとんどの曲はワンテイク。しかも、音を出し演奏していくと、自分たちがいつ出会い、何者であったかという大切なものに至るまでが蘇ったというのだから、いかに彼らが深いところでつながりあっているかがお分かりになるでしょう。これはまさに音を通してお互いの人生の時間を共有した三人ならではのエピソードと言えるでしょう。

今までのアーロンの諸作の中でも今回は特に、ジャズの伝統に深く根ざしつつ、ダイナミズム、ロマンティシズムに溢れた作品になったと言えるでしょう。オープニングのアブドゥーラ・イブラヒム「Maraba Blue」、前トリオ「Home」に引き続きセロニアス・モンクのナンバーもフィーチャー。またメンバーのオリジナル・コンポジションも文句なし。「Aziel Dance」「El Soul」といったアリ・ジャクソンJr.の曲はいずれも究極のバラード。繊細なメロディは余りにも印象的です。一方、極めつけとも言えるオマール・メロディも健在。今まで幾度となく録音された哀愁曲「Homeland」は、そのスジのファンのど真ん中。このトラックから強靭なビートがうねるエリントン・ナンバーへの流れは作品のクライマックスともなる展開。

抜群のテクニックはもちろんのこと、究極の楽曲表現センスを持つアーロン、骨太な絶妙のベースラインでトリオをグイグイ牽引するオマール、ベーシックな中にもツボを抑えたドラミングが光るアリ。今年2011年は、渡辺貞夫さんのバックとして来日し、圧倒的な演奏を披露。その際にも「自分のトリオで日本で演奏したい」とも話していたアーロン。来年2012年、このトリオでの来日も切望しつつのリリースです!

Aaron Goldberg (p)
Omer Avital (b)
Ali Jackson Jr. (ds)

内容詳細

ジョシュア・レッドマンやカート・ローゼンウィンケルのサポートで注目を集める実力派ピアニストの共演歴15年を誇るトリオの初録音。図抜けた瞬発力と絶妙なインタープレイに思わず引き込まれる。ソウルやブルースのスパイスが効いた、新鮮味あふれるジャズ。(Y)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Maraba Blue
  • 02. YES!
  • 03. Aziel Dance
  • 04. Epistrophy
  • 05. El Soul
  • 06. Way Way Back
  • 07. Homeland
  • 08. The Shepherd
  • 09. Manic Depressive

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品