CD

CRIMSON RED

ALL IMAGES BLAZING

基本情報

カタログNo
:
BLRC00127
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

これまでのプログレッシヴ・ハード・ロックを軸に、多彩なジャンルを取り込んだ変幻自在の音楽性と更なる広がりを魅せるドリーミーな楽曲が詰まったALL IMAGES BLAZINGの3rdアルバム。

[バイオグラフィー]
2004年、Key:片岡とVo:田中によって結成された、捻くれたポップ・サウンドに多種多様な音楽要素を盛り込み、複雑な構成と変拍子で織り成すプログレッシヴ・ハード・ロック・バンド。歴代各パートにはALHAMBRA、LIGHT BRINGER、摩天楼オペラ、六合 等で新旧活躍する敏腕プレイヤーが在籍してきた。2枚のコンピレーション・アルバムに参加した後、2014年に1stアルバム「MultiColored」、2019年に現体制となり、2ndアルバム「LIFE」を共にBlack-listed Recordsからリリース。2020年12月には「LIFE」ツアーを収めた初の映像(DVD)作品「Life tour at amhall」を自主リリース(ライヴ会場とバンド通販限定発売)。

プログレ系のバンドとしては珍しくライヴ活動にも重点を置き、大阪城野外音楽堂や500人規模のライヴハウス等にて自主企画イヴェントを開催し続けている。また海外へのアプローチも積極的に行ない、2019年の「LIFE」ツアーはタイ・バンコクからスタート、5月にはポーランドのヴォイチェック・チュライ(Wojciech Ciuraj)を日本に招聘し、イタリアのTACITA INTESAと共に大阪でプログレ・イヴェントを開催、2020年はコロナ禍で中止となってはしまったが、オーストラリアの重鎮ANUBISを呼び、カップリング・ツアーを予定…10月には韓国でのライヴも内定していた。2021年も世界の状況を見ながら、3rdアルバム「Crimson Red」を引っ提げ、積極的に活動してゆく。メイン・コンポーザーの片岡と田中は、幼少期からモータウン・サウンドに代表される60~70’sアメリカン・ポップスに親しんできたという共通の地盤があり、2人の作り出す楽曲は、プログレッシヴ・ハード・ロックの複雑な展開の中にメロディアスでキャッチーなラインを融合させた、A.I.B.独自のカラフル・ワールド!

新作「Crimson Red」は、1日の終わりを告げる「深紅の赤い空」を表現している。なにか悲しい切ない気持ち…「でもまた明日になれば」と子供の頃、寂しくも楽しく不思議な気持ちにさせた夕暮れ。そんな夕暮れ時を現在の年齢に映してみると、終わりを告げる時は刻々と刻まれ、失望感や後悔に駆られるが絶望ではなく、「まだまだやるぞ…」という希望と意欲を与えてくれる。寂しいが悲観でなく、前向きにさせてくれるCrimson Red…それは真っ赤に燃えるALL IMAGES BLAZING のコンセプト・カラーでもある。

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

プログレッシヴハードロック・バンド、ALL IMAGES BLAZINGの3rdアルバム。1日の終わりを告げる“深紅の赤い空”をイメージした「Crimson Red」をはじめ、複雑な展開にメロディアスでキャッチーな要素を取り入れている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. Roll On Tomorrow!
  • 02. Change Before You Have To
  • 03. I'm Lost Inside Of You
  • 04. Fall Asleep To Dreams
  • 05. The Moon Is Laughing At Us
  • 06. “LOVE” Is Like A...
  • 07. Crimson Red

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ALL IMAGES BLAZINGに関連するトピックス

インディーズ に関連する商品情報

おすすめの商品