ACE (聖飢魔U〜face to ace)

人物・団体ページへ

この商品の関連特集

DVD

ACE 直伝 ダイアトニック・コード活用術 BEST PRICE

ACE (聖飢魔U〜face to ace)

基本情報

カタログNo
:
ATRD249
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
DVD
追加情報
:
DVD

内容詳細


聖飢魔Uのギタリストとして一時代を築き、聖飢魔U解散後の2001年に、本田海月(Shynthesizer/programming)とface to aceを結成。現在も第一線のミュージック・シーンをリードしつづけるACE。彼の卓越したギターのフレージング、作曲、またアレンジを支えている音楽理論についてをACE自ら解説していく。ギタリストなら誰もがぶつかる壁、ダイアトニック・コードに焦点を絞り解説を進めていく。このDVDは理論書のような堅苦しい型どおりの解説ではなく、様々な譜例を提示し、ACE本人がそれを見せてくれることで誰にもわかりやすく、必ずやギタリストの強い味方になるだろう。音楽理論は苦手と思い込んでいるギタリストにこそ、是非見て欲しいDVDの登場だ。

CONTENTS
●序章
・調整音楽について
・三和音について
・コード進行によって“状況設定"ができる
・メジャー・コードは“明るい"のか?マイナー・コードは“暗い"のか

●ダイアトニック・コードという考え方
・四和音の構造
・メジャー・スケール上のダイアトニック・コードを弾いてみる
・三和音を分散和音で弾いてみる
・ナチュラル・マイナー・スケール上のダイアトニック・コードを弾いてみる
・ダイアトニック・コードの中でどう工夫をするのか?

●コードの機能、役割
・スリー・コードが果たす役割
・トニック、サブ・ドミナント、ドミナントについて
・ドミナント・モーションについて
・マイナーKeyにおけるドミナント・コード
・パワー・コードにおけるダイアトニック進行

●コードとメロディの関連性
・メロディが主人公であり、コード進行が背景である
・コードによってメロディの表情を変えることができる

●コード・プログレッションの実際
・テーマ曲を題材に

【ACE】
プロ・ミュージシャンとしてのスタートは、つのだ☆ひろ&ジャップス・ギャップスのギタリスト。1985年 聖飢魔Uのギタリストとしてデビュー。当時よりギター・テクニックでは高い評価を受け、1999年12月31日の解散まで聖飢魔Uサウンドを支えた。また高度な音楽理論に裏打ちされたギター・ワーク、アレンジ、作曲はジャンルを問わず強い影響を与えており、プロデューサーとしても多くのアーティストの作品を手掛けている。現在face to ace のヴォーカル、ギターとして活躍中。

※本作はDVDビデオATDV-039「ACE 直伝 ダイアトニック・コード活用術」
を価格改定したものです。  

収録内容   

  • 〜曲が書ける!音に説得力が出る!
  • 第一人者がおしえるからこそわかりやすい理論教則の決定版〜
  • *様々な譜例を提示し、音を出しながら音楽理論について解説。
  • 理論の苦手なギタリスト必見のDVD。
  • 【CONTENTS】
  • ■序章
  • 調整音楽について/三和音について
  • コード進行によって“状況設定”ができる
  • メジャー・コードは“明るい”のか?マイナー・コードは“暗い”のか
  • ■ダイアトニック・コードという考え方
  • 四和音の構造
  • メジャー・スケール上のダイアトニック・コードを弾いてみる
  • 三和音を分散和音で弾いてみる
  • ナチュラル・マイナー・スケール上のダイアトニック・コードを弾いてみる
  • ダイアトニック・コードの中でどう工夫をするのか?
  • ■コードの機能、役割
  • スリー・コードが果たす役割
  • トニック、サブ・ドミナント、ドミナントについて
  • ドミナント・モーションについて
  • マイナーKeyにおけるドミナント・コード
  • パワー・コードにおけるダイアトニック進行
  • ■コードとメロディの関連性
  • メロディが主人公であり、コード進行が背景である
  • コードによってメロディの表情を変えることができる
  • ■コード・プログレッションの実際
  • テーマ曲を題材に
  • [インストラクター]ACE
  • [収録時間]本編約60分

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

スポーツ&ドキュメンタリー に関連する商品情報

おすすめの商品