ブルー・リング 集英社文庫

A.j.クィネル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087603897
ISBN 10 : 408760389X
フォーマット
発行年月
2000年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,539p

内容詳細

地中海の各地で頻発する若い女性の失踪事件。美少女を生贄に捧げる「秘密結社」とは?クリーシィが活躍する巨匠の冒険巨編。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うわじまお さん

    二十数年ぶりの再読。AJクイネルのクリーシィ・シリーズ第3弾。今回の復讐劇はオールスターラインナップで超豪華。おまけに新しい家族も登場。各章の終わりのセリフが常にイカシテて、5分に1度クイネルのセンスの良さに脱帽。では、第4弾の『ブラック・ホーン』へ。まだ未読の方はぜひ! ただし『燃える男』から読まなきゃいけませんよ。

  • スー さん

    前回の傷が癒えたマイケルに死の床についている実母から会いたいと伝えられ会いに行く。そこで彼は母と自分に起きた事を聞かされる、母はブルーリングという組織に薬漬けにされ娼婦にされていた。女子大生の行方不明事件を捜査していたデンマークの刑事と共に調べ始め薬漬けの少女を見つけ乗り気でなかったクリーシィも怒りに燃え組織の破壊を誓い仲間を集める。今回も実際にあったイタリアのスキャンダル事件と絡め物語の中にどっぷりと入り込めました。周りに頼れる実戦要員と成長著しいマイケルに活躍の場を奪われ女性とのムフフも無いクリーシィ

  • c2c さん

    いつもの通り”燃える男”クリーシィの活躍が冴える。 クリーシィの養子マイケルの成長っぷりも素晴らしい。クィネルが気になっている人はこの本から入っても楽しめます!

  • yutaka さん

    パーフェクト・キルから続いてのクリーシィーです。マイケルの成長が頼もしいですね。新しい家族の増えて次がどうなのか楽しみです。

  • 空飛び猫 さん

    このシリーズの女性の扱いには酷い物がある… それが現実といわれてしまえばそれまでだけど。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品