世界一のクマのお話 クマのプー 角川文庫

A.a.ミルン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041053737
ISBN 10 : 4041053730
フォーマット
出版社
発行年月
2018年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
200p;15

内容詳細

世界で最も愛されているクマ、「プー」。時代も国境も超えて愛されてきたプーの生誕90周年を祝し、4人の人気児童文学作家が著した公式続編。プーとコブタが大活躍する秋、新しい仲間が現れる冬、イーヨーに危機が迫る春、プーが未知なるソースを求め旅にでる夏。プーと森の仲間たちが春夏秋冬4つの季節を舞台にくり広げる、懐かしくも新しい心温まる物語。E.H.シェパードの画風を踏襲したイラストが全編を彩るオールカラー!

【著者紹介】
A・A・ミルン : 1882年ロンドン生まれ。詩人、劇作家。ケンブリッジ大学在学中、ジャーナリストを多く輩出していた大学誌「グランタ」の編集長となり、エッセイを連載。卒業後、フリーランスのジャーナリストとして活躍したのち、風刺雑誌「パンチ」の副編集長に採用される。その後、劇作家として名を馳せ、1924年、息子のために著した詩集『クリストファー・ロビンのうた』が大ヒットとなり、『クマのプー』につながった。1956年没

森絵都 : 1968年東京都生まれ。早稲田大学卒業。91年『リズム』で講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。2006年『風に舞いあがるビニールシート』で第135回直木賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Maki さん

    世界一、有名で、優しくて、楽観的で、賢い?クマのお話を生誕90年をお祝いして4人の作家が新たな物語を紡いでくれた。森絵都さんの訳も石井桃子さんに劣らず。この本を作ったひと、読んだ人、すべてのひとがみんな愛に包まれる。悲しみのどんぞこにいるイーヨーを「うふふ♡」と笑ってしまうくらい。そこには優しさで溢れた時間が待っている。ぜひ、A.Aミルン(石井桃子訳)と合わせて読んでみてほしい。

  • りえこ さん

    可愛かった。モヤモヤしてささくれだった心を癒してくれました。プーさん大好きだけど、どんなお話だったのかぼんやりとしか覚えてなくて、しっかり読んだのは久しぶり。あーこんなキャラだったなぁと、それぞれの個性に頬が緩みっぱなし。とても素敵な本でした。

  • くろうさぎ さん

    映画も気になっていたのに結局行けなかったので、こちらを手にとってみました。春夏秋冬に分かれたお話が森絵都さんの訳で楽しみながら読みました。中でも冬の章は、思いがけず大好きなペンギンが登場していて、それだけでもう感激!全編を通してほのぼのとしていて、これからもページを開けば四季折々のプーさんと仲間たちに出会えることが何より嬉しいです。

  • きたはら さん

    現代の児童文学作家が書いた、「クマのプーさん」公式二次創作アンソロ。とはいえ元の「プーさん」知識がディズニーアニメで少々、なだけなもので、どの辺りが原作に忠実とか二次創作っぽいとか全くわからず。100エーカーの森の住人たちが、ただただかわいかった。日本語版は森絵都訳ということで、統一された雰囲気の中読めたので尚良かった。

  • イコ さん

    公式続編だが、二次創作感はやっぱりある。公式続編がいっぱい増えれば違和感は無くなりそうだけど、そういう訳にはいかなそうだ。冬の章が一番良かった、新しいキャラを出すところが良い、個性的なキャラが多いのもプーさんの魅力だ。そして絵を見て気づいたが、コブタだけが服を着ているのが気になる。羽生結弦のプーさんは服着ていたような気がするんだがのー。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品