マヤ神話 ポポル・ヴフ 中公文庫

A レシ-ノス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784122062511
ISBN 10 : 4122062519
フォーマット
出版社
発行年月
2016年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
363p;16

内容詳細

目次 : 太陽と死の神話(三島由紀夫)/ 入門(アドリアン・レシーノス)/ ポポル・ヴフ/ 付録 首長の起原の書

【著者紹介】
アドリアン・レシーノス : 1886‐1962。歴史学者、翻訳者、エッセイスト。グアテマラ政府元外務大臣、駐米大使。1944年12月大統領選挙で大敗を喫す。1947年『ポポル・ヴフ』のスペイン語訳を発表

林屋永吉 : 大正8年京都に生まれる。大阪外国語学校スペイン語科卒業後、外務省留学生としてスペイン・サラマンカ大学に学ぶ。在スペイン・メキシコ・アルゼンチンの各大使館に勤務し、駐ボリビア・駐スペイン特命全権大使を務める。スペイン王立アカデミー会員、サラマンカ大学名誉博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nbhd さん

    三島由紀夫も『美本』だと讃えるマヤ版古事記ともいうべき創世神話。神話は神話としてゴックンと飲みこむしかないのだけれど、その”のどごし”が大変よろしかった。マヤ神話では、人間はトウモロコシから生まれたらしい、それはそれでゴックンする。傲慢、兄弟、計略、復讐、試練など聖書的なモチーフがふんだんなのは、この書物がスペインによる侵略&布教があった16世紀に著されたもので、マヤがマヤであるために「神々の時代」から現在までに連なるマヤ諸部族の系譜を「歴史化」する必要があったらしいなどと解説などにはある。神話って楽しい

  • 行加 さん

    幼少期に読んでた、神話全集をまた読みたくて、探していたら運よく出逢えた一冊。(^^) そうか〜こんなとこからも………w 読んだのは第二部のフンアプフーとイシュバランケーの生い立ち辺りでしたが、この二人、神様的存在だったんですね(^_^;)(無敵な筈ですよ)マヤ文明、口承でしかこういった神話が残っていないのは、ひとえに侵略のせいでしょうけど、語り継いだ人々の熱意に、唯唯感謝です!

  • 卯月 さん

    インカ好きだがマヤは全く知識がないので購入。メキシコ高原地帯から南下してきたトルテカ系部族が、現在の中米グァテマラに築いたキチェー王国。スペインによる征服後、キチェー族の誰かが失われた絵文書『ポポル・ヴフ』を、キチェー語でローマ字を使って再現したもの。征服直後にいろいろ焼かれたのが惜しい。第一部、二部は神々の物語。神々は二人兄弟が多く、ゴム球の球戯がやたら好き。第三部、四部は人間の物語。グァテマラ奥地まで人々が移住する途中経路を、地図見ながら辿れるのが楽しい。表紙や口絵は現代のメキシコ人画家の作品らしい。

  • meow3 さん

    比較的読みやすくてよかった。神話というより昔話のような雰囲気の話。いろいろな兄弟が出てきては次々と殺されていく。生け贄が人間というのが、マヤ文明らしい。大洪水や氷河期?の頃の話や黒い雨の記述など歴史として残っていない時代の話が興味深い。

  • ジョニジョニ さん

    話が前後したり矛盾があったりと読みづらいけど、在りし日のマヤ文明の雰囲気が感じられるだけでも、価値ある一冊です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品