失われた図書館 集英社文庫

A・m・ディーン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087607369
ISBN 10 : 4087607364
フォーマット
出版社
発行年月
2017年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
575p;16

内容詳細

古代アレクサンドリア図書館は、いまも存在している―。射殺された大学教授アルノがエミリーに残した手紙には、7世紀に忽然と消えた伝説の図書館の現存がほのめかされていた。エミリーは、謎だらけの教授の言葉に導かれ、幻の図書館を探す旅に出る。一方、ワシントンDCにも、図書館の行方を追う者たちがいた。手段を選ばない彼らの魔の手がエミリーに迫りくる!ノンストップ史実ミステリー。

【著者紹介】
A.M.ディーン : 古代文化や宗教史の第一人者で、数々の有名大学で教鞭をとる。2012年に発表した小説デビュー作『失われた図書館』は16の国と地域が版権を取得した人気作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ケイ さん

    ある日突然、知っていたようでよくは知らなかった人がなくなり、何かが自分にふられる。興味がでてきて関わってみると、世界規模の出来事で、暗号や謎をとかねばならず、闇の結社があり…と、コンセプトはダン・ブラウンそのままだ。しかし、展開も、捻りもまったくレベルが違う。それでも、何かがあるかとこの長さを読み続けたが、ミステリ好きな方にでもあまりおすすめはできないように思った。

  • Horizon さん

    面白い。謎解きミステリー。ただ、ハリウッド的なご都合主義描写も多々、、、。

  • りつこ さん

    途中まで真剣に読んでいたんだけど…えええ?それって都合よすぎない?いやもしかするとそう見せかけて、のトラップなのかも?と思いつつ、なんだよーそうなのかよーの展開に後半は飛ばし読み。うーん、ひどい(笑)。

  • ぽろん さん

    ファンタジックな題名に惹かれて借りてきたら、今にも「ダ・ブィンチ・コード」のラングトン教授が現れてエミリーを助けに現れるんじゃないかと思えるストーリー展開だった。実際に存在し、焼失したアレクサンドリア図書館が実はまだ何処に存在するという想定の冒険活劇。これは、ハリウッド映画で観たいなあ。面白かったです。

  • 彩音 さん

    図書館&世界史好きにはたまらないお話かもしれない。滅んだといわれている最古の図書館であるアレクサンドリア図書館。実は図書館は存在していた?!図書館の真実を知る者達は謎の集団に次々と殺され、主人公エミリーは殺された教授の謎の暗号を受け取り、図書館を探す旅に出掛ける。スリル満点の冒険物語です。なんとなくダヴィンチコードに似ている気がします。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品