DVD

007/慰めの報酬【TV放送吹替キャスト・新録版】

007

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KIBF1122
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
DVD

内容詳細

傷ついた心が、共鳴する。
愛を捨て、復讐を捨て、ボンドが日本語で真のシークレットエージェントになる!待望のテレビ放送吹替収録!

●収録時間:本編約107分  ●仕様:カラー/16:9LB スコープ/片面2層
●音声:@TV放送吹替キャスト新録版(ドルビーデジタル/MONO) Aオリジナル英語(ドルビーデジタル/5.1ch)
●字幕:@吹替補助日本語 A日本語

※仕様等、内容は予定のため変更になる場合がございます。
※商品写真は見本のため変更になる場合がございます。

【ストーリー】
愛する女性ヴェスパーを亡くしたボンドは、彼女を操っていたミスターホワイトをとらえ、尋問する。しかし諜報部内の裏切り者によりミスターホワイトは逃走、追い詰めたボンドは生け捕りではなく殺してしまう。しかし裏切り者の残した手がかりから世界中の諜報部、政府組織をも取り込む巨大な悪の組織が暗躍していることを知るのだった…。シリーズ初の前作と物語の繋がった続編として登場したシリーズ第22作。諜報部員としての使命と、愛する女性を失った男の私的復讐心との間で揺れ動くボンドの、いまだかつてなかった人間の内面に踏み込んだ意欲作。ダニエル・クレイグが生身のアクションを全編展開。

【スタッフ】
●監督:マーク・フォースター
●製作:マイケル・G・ウィルソン、バーバラ・ブロッコリ
●原作:イアン・フレミング
●脚本:ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、ポール・ハギス
●撮影:ロベルト・シェイファー
●音楽:デヴィッド・アーノルド
●主題歌:アリシア・キーズ、ジャック・ホワイト

【キャスト】
●ダニエル・クレイグ
●オルガ・キュリレンコ
●マチュー・アマルリック
●ジュディ・デンチ
●ジェフリー・ライト
●ジェマ・アータートン
●イェスパー・クリステンセン
●デヴィッド・ハーバー
●アナトール・トーブマン
●ロリー・キニア
●ジャンカルロ・ジャンニーニ
●ホアキン・コシオ
●グレン・フォスター
●フェルナンド・ギーエン・クエルボ
●スタナ・カティック
●ニール・ジャクソン
●サイモン・カシアニデス


007/慰めの報酬【TV放送吹替キャスト・新録版】について

2012年12月5日(水)のTBS「水曜プレミア」にて初めて地上波放送された『007/慰めの報酬』は、ソフト用に制作された吹替版(既に発売されているDVD、ブルーレイ商品に収録されている吹替版)で放送され、TV放送用に吹替が制作されませんでした。そのため、本商品につきましては、『007/慰めの報酬』の前作である『007/カジノ・ロワイヤル』のTV放送版吹替のキャストを可能な限り踏襲する、特別新録吹替版を制作し、収録する運びとなりました。その注目の配役ですが、007作品史上初の劇場公開用吹替版上映がなされ、現在大ヒット公開中の『007/スカイフォール』でジェームズ・ボンドの吹替を担当し、また、2009年10月11日にテレビ朝日にて、地上波初登場で放送された「日曜洋画劇場」の『007/カジノ・ロワイヤル』でもボンド役を担当した藤真秀さんがボンド役を担当します。尚、藤さん以外の配役については未定となっておりますが、M、ライター、マティスなど前作から引き続き出演するキャラクターに関しては、可能な限り「日曜洋画劇場」版『007/カジノ・ロワイヤル』の声優を引き継ぐ予定です。
DVD版吹替とは異なるキャストでおくる『007/慰めの報酬【TV放送吹替キャスト・新録版】』は、TV放送吹替版『007/カジノ・ロワイヤル』と、劇場公開中の『007/スカイフォール』につながるボンド=藤真秀の流れを完成する、本商品でしか堪能できない“プレミア吹替版”となります。

QUANTUM OF SOLACE © 2008 Danjaq, LLC, United Artists Corporation, Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved. James Bond Materials © 1962-2012 United Artists Corporation and Danjaq, LLC.007 Gun Logo and related James Bond Trademarks © 1962-2012 Danjaq. LLC and United Artists Corporation. 007 and related James Bond Trademarks are Trademarks Of Danjaq, LLC. All Rights Reserved. © 2012 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

初めて愛した女、ヴェスパーを失ったボンドは、彼女の背後に存在する組織とそのボス、グリーンの計画を阻止するため、美女カミーユとともに動き出す。復讐心に燃えるボンドの活躍をダニエル・クレイグで描く、人気アクション・シリーズ。(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
価格的にも買いやすくなってきて、今がお勧...

投稿日:2010/01/29 (金)

価格的にも買いやすくなってきて、今がお勧めです。今のシリーズは、歴代ボンドに慣れた私にはかなり違和感があったのですが、何となくこんなボンドもありかな、という気になってきました。007シリーズと考えると物足りなさもありますが、アクション物と考えるとボンドガールも魅力的ですし、次作が楽しみです。

gemini109 さん | 三重県 | 不明

1
★
★
★
★
★
前作で恋人ヴェスパーを失い、上司のMから...

投稿日:2009/05/28 (木)

前作で恋人ヴェスパーを失い、上司のMから「仕事なんだから、復讐はダメよ。」と言われ「はぁ〜い。」って言いながら、次々と敵を殺しちゃうボンド。笑。「ヴェスパーの事は気にしてない。」と言いながら、 こっそりヴェスパーの写真を眺めながらくよくよして、 マティーニを6杯もお代わりしちゃうボンド。笑 「アクションのキレ」と「ナイーヴさの表現」を両立しているダニエル・クレイグは、かなりイケてるボンド役者といって良いでしょう。今回も脚本がいい。確認したらイーストウッド組でイイ仕事をしているポール・ハギスが執筆。なるほど。

一般人小龍 さん | 茨城県 | 不明

6
★
★
★
☆
☆
アクション映画という観点からは面白い。 ...

投稿日:2009/05/21 (木)

アクション映画という観点からは面白い。 007シリーズとしては... ボンドカー、敵・味方のよくわからん発明品といったお約束がないのはシリーズファンとしてはちと寂しい。 また前作同様、アクションシーンの質はとても高いが息継ぎなしのアクションシーンは少し疲れる。

Lazy_POP さん | 奈良県 | 不明

1

スタッフ・キャスト 関連するトピックス

洋画 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド