CD

The Smithtic World-c.t.smith: 海上自衛隊横須賀音楽隊

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BOCD7391
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

上級バンド向けの曲で知られるクロード・トーマス・スミス(1932〜87)の初級/中級作品を中心に集めた一枚。ソロが多く“バンドのための協奏曲”風の「モレスカ」、ラテン・ジャズ風の「サンティアゴ〜」など彼のバラエティ豊かな作風を俯瞰できる。演奏のクオリティも高い。(友)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
このCDはアメリカの作曲家、クロード・トー...

投稿日:2021/05/06 (木)

このCDはアメリカの作曲家、クロード・トーマス・スミスの作品集です。 高難易度の吹奏楽曲で有名なスミスですが、中難易度や低難易度の曲も多数書いています。 この盤はそういう中〜低難易度の作品を中心に選曲されたアルバムとなります。 ブレーンがC.T.スミス・パブリケーションズの日本独占代理店になったため、このCDが作られたのでしょう。 作品は有名な曲ほど惹きつけられるのは少ないですが、随所でスミス節と言えるメロディや、オーケストレーションが聴こえます。 個人的におすすめなのが処女作の『ワールド・フリーダム・マーチ』で、アメリカの行進曲らしい軽快な八分の六拍子の楽しい作品。 華麗なる舞曲などでしかスミスを知らない人はぜひ聴いてもらいたい。 演奏は海上自衛隊横須賀音楽隊、指揮は音楽隊長、樋口好雄3等海佐。 この録音は2015年4月に行われているが、同音楽隊は同月4月1日から3日までブレーンの片岡寛晶作品集というCDを、6〜7日はカフアにトイボックスというCDを、そして15〜17日はこのスミスの録音を残しており、ハードなスケジュールの中での録音だが、これだけの演奏が入ると荒れそうにも思えるが、さすが自衛隊、アンサンブルは整っており、演奏も作品の魅力を引き出した好演である。 また解説書もそれなりに力が入っている。 録音はやはりブレーンらしくぼやっとした録音であるが、これはまだまし。

レインボー さん | 不明 | 不明

1

おすすめの商品