CD 輸入盤

Sarcasmes-masterpieces Vol.16: Royal Symphonic Band Belgian Guides

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
891922
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ベルギーの楽譜出版社、ハファブラが発売し...

投稿日:2021/05/09 (日)

ベルギーの楽譜出版社、ハファブラが発売したCDです。 同社のCDは基本的に楽譜の参考演奏集を兼ねており、本CDでもそう。 その中でもグレードの高い作品を集めたアルバムが、このマスターピース・シリーズ。 このCDは他のマスターピースに比べて、クラシックの編曲が多い。 初っ端からウォルトンの行進曲『宝玉と杖』ガーシュウィン『パリのアメリカ人』、エルガーの『帝国行進曲』グラナドス『スペイン舞曲第9番』を収録。 珍しいのではカバレフスキー『悲愴序曲』なんてのもある。 オリジナル曲は少ないだが、ガランテの『コロラド・ロッキーズ』がなかなか良い作品であると思った。 ガランテはアメリカの作曲家であるが、他の曲も安定してアメリカらしい華やかさがあって良い。 演奏はシリーズお馴染み、ギィデこと、ベルギー王立近衛兵軍楽隊、指揮はイヴ・セヘルス隊長。 演奏能力の高さはさすがギィデというべきで、全曲余裕のある演奏である。 ただ参考演奏集という事もあってか、演奏はやや控えめに感じるところもある。 録音は少々音に迫力が無いのが残念である。 綺麗ではあるが。 ライナーは演奏団体と指揮者の紹介のみで、作品紹介はない。

レインボー さん | 不明 | 不明

1

おすすめの商品