CD 輸入盤

エヴァルト:金管五重奏曲第1番、デュカス:『ラ・ペリ』ファンファーレ、ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女、他 レ・シエクル金管五重奏団

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
NMM063
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

レ・シエクルの首席奏者による金管五重奏
エヴァルトの金管五重奏曲がついにピリオド楽器演奏で登場!


金管界では知らぬものなき名作エヴァルトの『金管五重奏曲第1番』。効果的な楽器法とロシアならではの叙情的な旋律美で、吹いても聴いても魅力的な作品。ついにピリオド楽器による録音が登場しました! それもレ・シエクルの金管セクション・トップ奏者たちによるアンサンブルという気絶しそうになるほどの組み合わせです。
 レ・シエクルは2003年創立、フランス近代作品を初演された当時の響きと奏法で再現する、というポリシーで世界中の注目を浴び、音楽監督のフランソワ・グザヴィエ・ロトとともに日本でも今日もっとも注目されるオーケストラのひとつとなりました。彼らの響きの特徴を左右しているのが管楽器。ことに金管は今日とは明らかに異なる独特な色彩感に満ちています。
 エヴァルトはアレンスキーやグラズノフと同世代で、『金管五重奏曲第1番』は1912年の作。当アルバムの使用楽器は同時代のもので、初演当時の響きが彷彿されます。またフランス人ながらロシアで活躍したアントワーヌ・シモンは、ロシアで金管の室内楽やソロ曲を創始した草分け的存在。『アンサンブル小品集』はバレエ音楽のような楽しい組曲。「G」というイニシャルのみの作曲家はおそらくフランスの作曲家ルイ・ジラールと思われ、19世紀後半の酒場やダンスホールの雰囲気を醸すのもシエクルのメンバーは心憎いほどの巧さです。
 かつて聴いたことのない音色、超絶的な名人芸いずれも満点。金管関係者には超ド級、音楽ファン誰もが注目のアルバムです。(輸入元情報)

【収録情報】
● デュカス/バリントン編:『ラ・ペリ』のファンファーレ
● エヴァルト:金管五重奏曲第1番 Op.5
● シモン:アンサンブル小品集 Op.26(全9曲)
● G:セレナード
● ドビュッシー/サブーリン編:亜麻色の髪の乙女


 レ・シエクル金管五重奏団
  ファビアン・ノルベール(C管トランペット/セルマー・グランプリ1930、コルネット/ベッソン1885)
  エマニュエル・アルマニー(C管トランペット/セルマー・グランプリ1927、コルネット/ベッソン1885)
  マチュー・シーグリスト(ヴァルヴ・ホルン/ラウー=ミルロー1900)
  ダミアン・プラド(トロンボーン/クルトワ1872)
  シルヴァン・ミノー(チューバ/クエノン1910、オフィクレイド/ローク1837、変ホ管アルト・サクソホルン/A.ザックス)

 録音時期:2016年12月
 録音場所:アミアン文化センター
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品