CD 輸入盤

Us Coast Guard Band 1991 Mid-west

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MW91MC8
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
シカゴのミッドウエスト・クリニックのライ...

投稿日:2013/08/01 (木)

シカゴのミッドウエスト・クリニックのライヴ盤。 1991年、アメリカ沿岸警備隊音楽隊が出演したコンサートの記録で、指揮者は当時の隊長、ルイス・バックリー中佐と、ケネス・メーガン副長によります。 フィルモアの『ヒズ・ホナー』で幕を開けるこのコンサート、スパークなどのよく知られた作曲家の手による作品が収録されており、吹奏楽ファンはそちらに興味がいきそうですが、私がおすすめしたいのは最後に収録された、ジョイスのワルツ『秋の夢』とチャイコフスキーの『雪娘〜道化師の踊り』。 これは前々年にこのバンドが、ソヴィエトのレニングラード軍管区司令部軍楽隊と共演した最に入手したレパートリーと思われ、前者はロシアの軍楽隊が好んで演奏する曲ですが、ロシア以外だと本国イギリス(ジョイスはイギリスの作曲家)でもあまり演奏されませんし、チャイコは現在クレーマーの編曲で演奏される事が多いのですが、この録音時はまだ吹奏楽では知られていなかった頃であり、後に定番曲になる事を見ると歴史的な演奏と言えるのではないでしょうか。 演奏は良くも悪くもアメリカ色の強い演奏ですが、技術面では安心して聴けるのはさすがプロ。 音は悪くありませんが、録音は貧弱と言ってよく、打楽器が遠くに聴こえます。 マーク・カスタムのCDではよくある事ですが…

レインボー さん | 不明 | 不明

0

おすすめの商品