CD 輸入盤

Best Selections: Johan Willem Friso Military Band

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
DHR200753
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
2005年にオランダ軍の軍楽隊の再編によりそ...

投稿日:2017/09/15 (金)

2005年にオランダ軍の軍楽隊の再編によりそれまであった陸軍のヨハン・ヴィレム・フリソ軍楽隊とオランダ王立陸軍軍楽隊が統合され、新しくオランダ王立陸軍ヨハン・ヴィレム・フリソ軍楽隊と名前を変えましたがそれから10周年を記念して発売されたアルバムです。 指揮は客演指揮者から、ジョルジュ・モロー、ヘンリー・アダムス、フランコ・チェザリーニ、ハンス・レーンデルス、軍楽隊関係者からはアーノルド・スパン少佐、現隊長のテイメン・ボトマ少佐が振っています。 名演集とあるとおり近年の演奏を集めた内容で、いずれも過去のアルバムから編集された物で新録音ではないのですが、高い技術力と表現力が売りのこの軍楽隊の実力を遺憾なく発揮した優れた演奏が収録されています。 この中ではレーンデルス指揮する『鐘の歌』が燃焼度の高い演奏であり、CDの中でお勧めです。 またアンコール的に配置されたスパン少佐指揮の『擲弾兵行進曲』はこのバンドが軍楽隊であり、かつて行進曲で数多の名盤を残したオランダ王立陸軍軍楽隊とヨハン・ヴィレム・フリソ軍楽隊の正統的な後継者である事が分かる名演で、CD中最も良い演奏だと思います。 上にも書きましたが編集盤のためか、録音に僅かなレベルの差はありますが、いずれも近年の新しい録音なので気になるような水準ではなく、聴きやすい音質と言って良いでしょう。 尚、CDの背表紙には1と書かれているので続編がある叉はその予定があるのかもしれません。

レインボー さん | 不明 | 不明

1

おすすめの商品