CD 輸入盤

シンフォニア・ヴァルソヴィア・ブラス

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029584014
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

『シンフォニア・ヴァルソヴィア・ブラス』

1984年、イェフディ(ユーディ)・メニューインがポーランド室内交響楽団を母体として設立した管弦楽団「シンフォニア・ヴァルソヴィア」。メニューインが初代音楽監督を務め、1997年、長年オーケストラと親交のあった作曲家・指揮者のクシシュトフ・ペンデレツキを音楽監督に迎え、ペンデレツキ自身の作品を演奏・録音。 2001年から2004年には、世界的に有名なテノール歌手ホセ・クーラが首席客演指揮者を務めました。2008年にはマルク・ミンコフスキを音楽監督に迎え、ペンデレツキは芸術監督に就任しています。
 この楽団は弦楽合奏を中心とした室内管弦楽団のイメージがありますが、2000年以降、ポーランド音楽界の発展と若手音楽家の育成、オーケストラ演奏の普及を目的とする「シンフォニア・ヴァルソヴィア財団」が設立され、様々な楽器の奏者を育ててきました。今回のブラス・メンバーもそうした中からのメンバーで、既にポーランド内外のソリストとしても活躍しています。
 今回のデビュー盤は、ポピュラーなラテンアメリカの音楽を中心としたもので、「爆発的エネルギー」を表現しています。最後にはクラシックの名曲、エルガーの『ニムロッド』も収録。(輸入元情報)

【収録情報】
1. ソウル・ボサノヴァ
2. シング・シング・シング
3. リベルタンゴ
4. ラ・ペルラ・ネグラ
5. サンチェスの子供達
6. タンゴ・デ・ブエノスアイレス
7. 3匹の猫
8. マラゲーニャ
9. マッカーサー・パーク
10. 『ロッキー』のテーマ「Gonna Fly Now」
11. エルガー:『ニムロッド』


 シンフォニア・ヴァルソヴィア・ブラス
  Jakub Waszczeniuk, Andrzej Tomczok, Jan Harasimowicz, Ostap Popovych(トランペット)
  Henryk Kowalewicz(ホルン)
  Marek Zwirdowski, Tomasz Swiatczynski, Mariusz Opalinski, Tomasz Hajda(トロンボーン)
  Krzysztof Mucha(チューバ)
  Piotr Kostrzewa, Tomasz Bielecki, Wojciech Kostrzewa(パーカッション)

 録音方式:ステレオ(デジタル)

収録曲   

  • 01. Soul Bossa Nova
  • 02. Sing Sing Sing
  • 03. Libertango
  • 04. La Perla Negra
  • 05. Children of Sanchez
  • 06. Tango de Buenos Aires
  • 07. Three Brass Cats: Mr. Jums
  • 08. Three Brass Cats: Black Sam
  • 09. Three Brass Cats: Borage
  • 10. Malaguena
  • 11. MacArthur Park
  • 12. Rocky: Gonna Fly Now
  • 13. Enigma Varations: Nimrod

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品