CD

『ローマの祭り』 秋山和慶&オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
FOCD9676
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

交響詩『ローマの祭り』
秋山和慶&オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ


2014年4月から民営化し、新たなスタートを切った大阪市音楽団。2015年3月16日より「Osaka Shion Wind Orchestra(オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ)」と名称を変更し、日本屈指の吹奏楽団として培った90年の伝統を基盤に、さらなる飛躍へ向けて生まれ変わることを宣言しました。
 本CDでは2015年2月4日に大阪のフェスティバルホールで行われた、大阪市音楽団第110回定期演奏会をライヴ収録。当日の指揮は芸術顧問の秋山和慶、一般社団法人として歩み始めた1年間の集大成として「祭」をテーマに、日本をはじめ世界中の「祭」の音楽を取り上げました。
 「市音」から「Shion」へ・・・渾身のライヴがいまここに蘇ります。(FONTEC)

【収録情報】
● ベルリオーズ/高 昌帥編曲:序曲『ローマの謝肉祭』 op.9
● ドビュッシー/W.シェイファー編曲:夜想曲から第2曲『祭』
● 三善 晃:吹奏楽のための『深層の祭』
● J.C.ウィリアムズ:交響的舞曲第3番『フィエスタ』
● 小山清茂:吹奏楽のための木挽歌
● 大栗 裕:大阪俗謡による幻想曲
● レスピーギ/森田一浩編曲:交響詩『ローマの祭り』
● ファリャ/B.ウィギンズ編曲:『恋は魔術師』から『火祭りの踊り』

 大阪市音楽団(現オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ)
 秋山和慶(指揮)

 録音時期:2015年2月4日
 録音場所:大阪フェスティバルホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/第110回定期演奏会ライヴ)

内容詳細

この団体の旧称は大阪市音楽団。2015年にこの名称に変更された。曲目は新しい門出と法人化後一年の歩みを祝う祭に関したもの。非常に端麗緻密で知的な音楽作り、というイメージの強い秋山だが、ここではその持ち味を存分に発揮しながらも、それにとどまらぬパッションを聴かせる。(教)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品