ウイルスは悪者か お侍先生のウイルス学講義

田礼人

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784750515595
ISBN 10 : 4750515590
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
358p;19

内容詳細

エボラ出血熱、デング熱、新型インフルエンザなどをもたらし、時に人類にとって大きな脅威となるウイルス。しかしそれは、この「生物ならざるもの」が持つ一面に過ぎない。ラボと世界各地のフィールドを行き来し、研究を続ける“お侍先生”がウイルスの本質に迫る。

目次 : プロローグ エボラウイルスを探す旅/ 第1部 ウイルスとは何者なのか(ウイルスという「曖昧な存在」/ 進化する無生物/ ウイルスは生物の敵か味方か)/ 第2部 人類はいかにしてエボラウイルスの脅威と向き合うか(史上最悪のアウトブレイクのさなかに/ 研究の突破口/ 最強ウイルスと向き合うために/ 長く険しい創薬への道程/ エボラウイルスの生態に迫る)/ 第3部 厄介なる流行りもの、インフルエンザウイルス(1997年、香港での衝撃/ インフルエンザウイルスの正体に迫る/ インフルエンザウイルスは、なぜなくならないのか/ パンデミックだけではない、インフルエンザの脅威)/ エピローグ ウイルスに馳せる思い―ウイルスはなぜ存在するのか

【著者紹介】
〓田礼人 : 1968年東京都生まれ。北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター教授。93年北海道大学獣医学部卒業、96年同大獣医学研究科修了、博士(獣医学)。97年同大獣医学研究科助手、2000年東京大学医科学研究所助手を経て、05年より現職。07年よりザンビア大学獣医学部客員教授、09年より米NIHロッキーマウンテン研究所の客員研究員。専門は獣医学、ウイルス学。エボラウイルスやインフルエンザウイルスなど、人獣共通感染症を引き起こすウイルスの伝播・感染メカニズム解明や診断・治療薬開発のための研究を行っている。ザンビア、コンゴ、モンゴル、インドネシアなど研究のフィールドは世界各地に及ぶ

萱原正嗣 : 1976年大阪府生まれ神奈川県育ち。大学卒業後、会社員を経て2008年よりフリーライターに。理系ライター集団「チーム・パスカル」所属。人物ルポから人文・歴史、社会科学、自然科学まで幅広いテーマを執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • naoudo さん

    自然界におけるウイルスの存続様式は、生物と基本的には変わらず、地球上に存在する生命体の一部であり、病原体かどうかは問題ではない。ウイルスは、宿主を生かして自分も生きる、ある種の共生関係をそれぞれの自然宿主と築いている。エボラ出血熱や高病原性鳥インフルエンザのように、宿主を高い確率で死に至らしめるようなウイルスと宿主との関係は、ウイルスの生存の観点からは望ましくないエラー。そのようなエラーはウイルスが静かに生きていた環境に人間が入り込んだことによって起こっており、ウイルスを「悪」というのは言い過ぎである。

  • tom さん

    風邪なりインフルに罹ったとき、どうして喉が痛くなるのかと、不思議に思っていた。この本によると、人間の喉のあたりにある細胞の表面にはα2−6という糖があり、こいつにウイルスが取り付いて、病気発症ということになるらしい。その結果、喉が腫れるのだ。なるほど、そうだったのか。その他、毎年出て来るインフル予想の理屈などなど、いろいろとお勉強になりました。思うのだけど、感染リスクを抱えながら、こういう研究をしている人たち、きっと、本気で楽しんでるのだろうなと思ったわけです。

  • DEE さん

    エボラウイルスとインフルエンザウイルスの二本立て。 エボラ出血熱は恐ろしいという印象しかないが、アフリカだけでなくアジアにもウイルスはいるらしい。 インフルエンザがなぜ毎年流行するか、どのようにタイプを変えていくか、ウイルスと人間との関わり方など難しい部分もあるが、なんとか分かりやすく書こうという努力が素晴らしい。

  • PG さん

    18年11月刊行。著者はエボラ、鳥フル研究者で北大人獣センタの田先生。本書は国内外のラボとフィールドでの筆者の経験を踏まえている。▶︎第1部はウイルス学の簡単な説明。第2部はエボラ、第3部はインフルについて。14年のエボラOBでは治療薬の研究が一歩及ばず人々を救えなかった悔しさを語る。感染症研究者ならでは(?)のフィールドの過酷さが印象的。▶︎筆者の親しむ剣道には「交剣知愛」なる言葉があるとか。著者はウイルスと剣を交えた結果、彼らも単に生かんとしているだけでありその存在に罪は無いとの考えに至ったという。

  • アーク さん

    ウィルスって身近なところでは風邪やインフルエンザ、はたまた僕の周りにはいないけどHIVなど、人間の体に割と迷惑な存在でありながら共存している、詳しいことをよく知らない存在だった。本書は専門的な話を交えながら、そのウィルスについてある程度理解することができた。毎年流行するインフルエンザでも罹患する人とそうでない人がいるのは、そういうことだったんだな、と目から鱗が落ちる思いだった。ウィルスって迷惑な存在ではあるけれど全滅してしまったら多分人間も滅びるだろうし、決して悪者とは言い切れないという意味では同意。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品