小説 平清盛

橋直樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784267018862
ISBN 10 : 4267018863
フォーマット
出版社
発行年月
2011年11月
日本
追加情報
:
20cm,326p

内容詳細

天下は、1本の矢だけでは動かない。時代の潮流は、清盛と頼朝をどこへ押し流すのか…。「貴族の時代」であった平安時代を駆け抜け、「武士の時代」を築いた平清盛の一代記。520枚・渾身の書き下ろし。

【著者紹介】
高橋直樹 : 1960年東京都生まれ。92年に「尼子悲話」で第72回オール讀物新人賞を受賞。94年『闇の松明』で第8回山本周五郎賞候補、95年に「異形の寵児」で第114回直木賞候補に選定。97年『鎌倉繚乱』で中山義秀文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • garakuta さん

    図書館本:速読。初めて知る事も多く、歴史の流れに身をゆだねることができた

  • ren5000 さん

    ちょっと自分が思っている清盛の人物描写ではなくそれでいてあまり魅力ある感じではなく感情移入しにくかった。よくある保元の乱や平治の乱はさらっと流して鹿ケ谷の陰謀や以仁王の挙兵のほうに重点を置いて描かれていたのが目新しく飽きずに読めたところかな?

  • maren さん

    初めての平清盛。盛り上がりにちょっと欠けるが読みやすく、ほかの本も読んでみたくなった

  • シン さん

    何か全体的に見せ場がないというか、盛り上がりに欠けていたような気がしました。

  • Jiro Tsuda さん

    ところどころ詳細な記述があり面白かった。鹿ケ谷の陰謀と以仁王の挙兵のところは非常に詳細な記述で小説としても面白く読めました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド