CD 輸入盤

Songs: 野々下由香里(Ms), 寺嶋陸也(P)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ALQ0005
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD

商品説明

鈴木雅明、ジャン・フルネも激賞!
注目の歌手、野々下由香里(ののしたゆかり)
待望の初のソロ・アルバム。「愛の小径」

BCJ等で活躍する野々下由香里による、まさに待望のソロCD。
ロートレック色したパリのスケッチ。

「洗練」それは、いつの時代においても「フランス音楽」を表す最良の言葉ではないでしょうか?中世ギョーム・ド・マショーの世俗歌曲も、デュファイ、ジャヌカンらの多声シャンソンも、リュリやラモーのヴェルサイユ宮廷音楽も。(中略)このCDでは、フランスらしさの追究のために、バロック以前の良き趣味(Bon Gout)の復興に真剣に取り組んだ作曲家たちの作品を集めています。(野々下由香里)

愛の小径〜パリの音の風景
■オーリック:ムーラン・ルージュ(1952)
■サティ:3つのグノシェンヌ
■プーランク:セー(1943)
■プーランク:愛の小径(1940)
■サティ:悲しき道化師の小さな音楽 (1900)
■ヴァイル:あなたなんか愛してない(1934)
■ヴァイル:ユーカリ(1934)
■サティ:ピカデリー(1904)
■ドビュッシー:レントよりもおそく(1910)
■ドビュッシー:小さな黒人(1909)
■サティ:潜水人形(1923)
■ストラヴィンスキー:ピアノ・ラグ・ミュージック(1919)
■サティ:エンパイア劇場の歌姫(1900頃)
■サティ:ジュ・トゥ・ヴ(1900頃)

野々下由香里(Ms) 寺嶋陸也(P)

録音:2001 年5 月笠懸野文化ホール

日本語解説・歌詞対訳付


野々下由香里(ののしたゆかり)
大分県生まれ。東京芸術大学修士課程を修了後、ロータリー財団奨学生としてフランス留学。サン・モール国立音楽院を優秀生として卒業。パリ・エコール・ノルマル音楽院にて独唱者高等卒業資格を受ける。中村浩子、マディ・メスプレ、カミーユ・モラーヌ、ジェラール・スゼの各氏に、バロック歌唱装飾法を大橋敏成氏に師事。関西フランス音楽コンクール、第4回日仏声楽コンクールそれぞれ1位入賞。ナント、トゥールーズ、リオ・デ・ジャネイロ等の国際コンクール入賞。1989年レンヌ歌劇場の「フィガロの結婚」のケルビーノ役でヨーロッパオペラデビュー。「ビロードの声」と絶賛された。その後、レンヌ、アンジェ両歌劇場で、ロッシーニ「セビリアの理髪師」のロジーナ役、グノー「ファウスト」のジーベル役など、多くの役を演じる。日本帰国後は、フランス、スペイン、日本の歌曲を中心に中世から近代まで幅広いレパートリーで活躍。1994年のリサイタル(東京文化会館小ホール、ピアノ野平一郎)では、「流麗、繊細な表現」と高く評価された。最近では、寺神戸亮プロデュースによるバロック・オペラプロジェクトで活躍。パーセル「ディドとエネアス」の第2の女、ラモー「ピグマリオン」の像、ラモー「エベの祭典」のエベなどを演じた。現代音楽の分野では、黛敏郎の「スフェノグラム」、岩城宏之指揮によるベリオの「セクエンツァIII」、さらに数々の新作品の初演を手がけた。また、シャブリエの「欠陥教育」の初演でゴントラン役、フォーレの「ペネロープ」のメラント役など、様々なオペラや近代音楽の初演に参加している。CDのソロ歌手としても多くの録音に参加しており、ジャン・フルネ指揮の東京カメラータによるフォーレの「メッス・バッス(読誦ミサ)」を始めとして、鈴木雅明指揮のバッハ・コレギウム・ジャパンとの共演で「カンタータ全集(12、13集)」、ドイツ・マニフィカト集、モンテヴェルディ「聖母マリアの夕べの祈り」などでもソリストを務めている。

寺嶋陸也(てらしまりくや)
1964年生まれ。東京芸術大学音楽学部作曲科卒、1992年同大学院修了。86年第1回摂津音楽祭L.C.コンクール金賞受賞。在学中より作曲と演奏の両面で積極的に活動、特にオペラシアターこんにゃく座での演奏や、89年シアターコクーンのオープニング公演「ホフマン物語」の音楽監督、97年東京都現代美術館でのポンピドー・コレクション展開催記念サティ連続コンサート「伝統の変装」などは高く評価された。作曲のほか、室内楽を中心とするピアノの演奏やコンサートの企画、99年からは美幌町の音楽祭の音楽監督をつとめるなど、活動は多方面にわたる。作品にはオペラ『ガリレイの生涯』、ヴォードヴィル『タバコの害について』、混声合唱のための『オレンジの木かげ』(G.ロルカ詩)、『尺八・二十絃箏と管弦楽のための協奏曲』(神奈川フィルハーモニー管弦楽団委嘱)、オーボエ・三味線と打楽器のための『異郷の景色』(北九州市立響ホールフェスティヴァル委嘱)、混声合唱とピアノのための『みち』(谷川俊太郎・詩)、『詩編第49番』(オックスフォード大学モードリン・カレッジ聖歌隊委嘱)などがあり、近作には国立劇場の委嘱による正倉院の復元楽器のための『大陸・半島・島』をはじめ、邦楽器のための作品も多い。ピアノ・ソロのCDに自作やシューマンほかを収めた「ディオニュソスの子供達・第三章・寺嶋陸也」(DIONYSIA)、その他室内楽や歌曲でのピアノなど、多くのCDがある。

内容詳細

BCJのソリストとして知られる野々村の初ソロ・アルバムは“フランスらしさの追及のためにバロック以前の良き趣味(Bon Gout)に取り組んだ作曲家たちの作品”集。この歌手の個性的な声色と独自の歌いまわしが怪しげなアンニュイさをさらりと表出させた。(田)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品