CD 輸入盤

世紀のチェリスト〜ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ワーナー録音全集(40CD+3DVD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029589230
組み枚数
:
41
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
3DVD付き, 限定盤,輸入盤

商品説明


ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ/世紀のチェリスト〜ワーナー録音全集(40CD+3DVD)
各ディスクはオリジナル・デザイン仕様の紙ジャケットに封入!
アナログ録音音源は、全てオリジナル・テープより24bit/96kHzリマスター!


チェロの巨匠、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ[1927-2007]が、EMI、ERATO、TELDECからリリースしたチェロの録音と、ソ連時代の音源、そしてインタヴューCDの計40枚に、チェロ演奏の映像を収めたDVD3枚の計43枚から成る記念ボックス。アナログ録音のものは、全てオリジナル・テープより24bit/96kHzリマスターされており、200ページのハードカバーブックには、様々なアーティストによるコメント(欧文のみ)、イラストやレアな写真が掲載される予定です。初回のみの限定生産ボックスとなります。

ディスク43枚の内訳は、CD17枚のEMI音源に、CD5枚のERATO音源、CD4枚のTELDEC音源、CD13枚のソ連録音、CD1枚のインタヴュー、DVD3枚のEMI映像となっています。

【Disc1-13/EMI音源】
録音年代は1956年から1999年までの40年以上に及びますが、大半はステレオの聴きやすい音質で、ロストロポーヴィチの巨匠芸を味わうのに十分なクオリティは保たれています。全集ということなので、たとえばドヴォルザークのチェロ協奏曲はジュリーニ盤とボールト盤が収められ、ブラームスの二重協奏曲は、ハイティンク盤とセル盤、サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番はジュリーニ盤とサージェント盤といった具合に聴き較べができるのもポイントです。

【Disc14-18/ERATO音源】
小澤征爾指揮ボストン響と共演したドヴォルザークのチェロ協奏曲とチャイコフスキーのロココ変奏曲では円熟したチェロを披露。ロストロポーヴィチのために書かれた作品は大小ひっくるめると170もあるということですが、エラートには20世紀作品もけっこう録音しており、ここではペンデレツキのチェロ協奏曲第2番と、アルフテルのチェロ協奏曲第2番、プロコフィエフの交響的協奏曲、ショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第1番、ミヨーのチェロ協奏曲第1番、オネゲルのチェロ協奏曲、ホディノット:ノクティス・エキ、ノルベール・モレのチェロ協奏曲、ランドスキの 『子供は呼ぶ』と 『刑務所』を聴くことができます。

【Disc19-20/EMI音源】
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲。フランス中部のヴェズレーにある世界遺産、聖マドレーヌ大聖堂でセッション・レコーディング。録音会場となった聖堂の内部は音響効果も優秀で、音質良好な状態で20世紀を代表するチェロ奏者の味わい深いバッハ演奏を楽しめます。ロストロポーヴィチは若い頃にはバッハの無伴奏チェロ組曲を弾いていましたが、西側で活動するようになって多忙になるとレパートリーから下げ、60歳になるまで録音しないと言明するなど、作品に特別なこだわりがあったようです。この演奏は1991年3月にレコーディングされたもので、すでに世界各国で高い評価を受け、独レコード批評家賞、ECHOドイツ・レコード賞、英グラモフォン賞、ブラジル・ヴィヴァ・ムジカなどを受賞してもいました。

【Disc21-23/TELDEC音源】
室内オケと共演したヴィヴァルディとタルティーニ、C.P.E.バッハのチェロ協奏曲に、オルガンと共演したバロックを中心とした小品集、小澤征爾指揮ロンドン響と共演したガニューのチェロと管弦楽のためのトリプティックにシチェドリンのチェロと管弦楽のためのソット・ヴォーチェ協奏曲。

【Disc24/EMI音源】
クレーメル、バシュメット、モスクワ・ソロイスツと共演したシュニトケの「3人のための協奏曲」、弦楽三重奏曲、ミヌエット。

【Disc25/TELDEC音源】
ウズベキスタン出身の作曲家クナイフェルがロストロポーヴィチに捧げた作品「ソング・オブ・ソングス第8章」と、イギリスの作曲家デイヴィッド・マシューズのロマンツァを収録。

【Disc26/EMI音源】
グバイドゥーリナの太陽の頌歌と、ショスタコーヴィチ:7つのロマンスを収録。

【Disc27-39/ソ連音源】
録音年代は1950年から1974年までのほぼ四半世紀。モノラル録音が多いですが、ロストロポーヴィチ若き日の豪快な演奏を中心に、外山雄三のチェロ協奏曲なども含む多彩なレパートリーを楽しむことができます。コンドラシンやスヴェトラーノフ、ロジェストヴェンスキーなど名指揮者たちと競演したライヴ録音の数々も注目されるところです。

【Disc40】
2006年収録の最後のインタビュー「ロストロポーヴィチ、ショスタコーヴィチを語る」。

【DVD1】
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲とサン=サーンス:チェロ協奏曲第1番をジュリーニ指揮ロンドン・フィルとの共演で。ロストロポーヴィチはドヴォルザークのチェロ協奏曲を得意としており、複数の録音を遺しているほか、EMIでは映像作品も制作していました。その映像作品は、有名なアビーロードスタジオでのセッション録音のほぼ半年後に、ヘンリー・ウッド・ホールで敢えてセッションを組んで収録されたというもので、画質・音質ともに当時としては良好な条件が確保されています。この演奏の大きな特徴ともいえるのが、雄大なスケールの中で歌いぬかれる旋律美のすばらしさで、これには指揮者ジュリーニの個性が大きく作用しているようにも思われます。ロストロポーヴィチのソロも、そうしたジュリーニの解釈に共感を示したかのような演奏といえ、強弱問わずよく歌うチェロの醍醐味を味わうことができます。

【DVD2-3】
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲。フランス中部のヴェズレーにある世界遺産、聖マドレーヌ大聖堂でバッハの無伴奏チェロ組曲を演奏した様子を収録した映像作品。荘厳な美しさに彩られた聖堂の内部は音響効果も優秀で、映像・音声共に良好な状態で20世紀を代表するチェロ奏者の味わい深いバッハ演奏を楽しめます。ロストロポーヴィチは若い頃にはバッハの無伴奏チェロ組曲を弾いていましたが、西側で活動するようになって多忙になるとレパートリーから下げ、60歳になるまで録音しないと言明するなど、作品に特別なこだわりがあったようです。この演奏は1991年3月に収録されたもので、CDになっているものと同じですが、映像作品のため、オーサリング(マスタリング)はミュンヘンのmsmスタジオでヨハネス・ミュラーがおこなっており、リニアPCM方式(非圧縮)の2チャンネル音声とサラウンド音声を収録しています。(HMV)



【収録情報】
Disc1
● サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番イ短調 Op.33
● ミャスコフスキー:チェロ協奏曲ハ短調 Op.66

 フィルハーモニア管弦楽団
 マルコム・サージェント(指揮)
 録音:1956年(モノラル)

Disc2
● ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調 Op.104

 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
 エードリアン・ボールト(指揮)
 録音:1957年(モノラル)

Disc3
● プロコフィエフ:交響的協奏曲ホ短調 Op.125

 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
 マルコム・サージェント(指揮)
 録音:1957年(ステレオ)

● ラフマニノフ:ヴォカリーズ Op.34-1

 アレクサンダー・デデューヒン(ピアノ)
 録音:1957年(モノラル)

Disc4
● ブラームス:チェロ・ソナタ第2番ヘ長調 Op.99
● ポッパー:妖精の踊り Op.39
● ドビュッシー:ミンストレル
● ドビュッシー:月の光
● スクリャービン/ピアティゴルスキー編:練習曲 Op.6-11

 アレクサンダー・デデューヒン(ピアノ)
 録音:1957年(モノラル)

Disc5
● ベートーヴェン:三重協奏曲ハ長調 Op.56

 ダヴィド・オイストラフ(ヴァイオリン)
 スヴィヤトスラフ・リヒテル(ピアノ)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
 録音:1969年(ステレオ)

Disc6
● ブラームス:二重協奏曲イ短調 Op.102

 ダヴィド・オイストラフ(ヴァイオリン)
 クリーヴランド管弦楽団
 ジョージ・セル(指揮)

 録音:1969年(ステレオ)

Disc7
1. デュティユー:チェロ協奏曲『遥かなる遠い国へ』
2. ルトスワフスキ:チェロ協奏曲

 パリ管弦楽団
 セルジュ・ボド(指揮:1)
 ヴィトルド・ルトスワフスキ(指揮:2)
 録音:1974年(ステレオ)

● ジョリヴェ:チェロ協奏曲第2番

 フランス国立放送管弦楽団
 アンドレ・ジョリヴェ(指揮)
 録音:1969年(ステレオ)

Disc8
● ベートーヴェン:モーツァルト『魔笛』の主題による12の変奏曲 Op.66
● ベートーヴェン:ヘンデル『ユダ・マカベウス』の主題による12の変奏曲ト長調 WoO45
● R.シュトラウス:チェロ・ソナタ ヘ長調

 ヴァッソ・デヴェツィ(ピアノ)
 録音:1974年(ステレオ)

Disc9
● R.シュトラウス:交響詩『ドン・キホーテ』 Op.35

 ウルリヒ・コッホ(ヴィオラ)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
 録音:1975年(ステレオ)

Disc10
ハイドン:
● チェロ協奏曲第1番ハ長調 Hob.VIIb/1
● チェロ協奏曲第2番ニ長調 Hob.VIIb/2

 アカデミー室内管弦楽団
 録音:1975年(ステレオ)

Disc11
● シューマン:チェロ協奏曲イ短調 Op.129
● ブロッホ:シェロモ

 フランス国立管弦楽団
 レナード・バーンスタイン(指揮)
 録音:1976年(ステレオ)

Disc12
● ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調 Op.104
● サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番イ短調 Op.33

 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮)
 録音:1977年(ステレオ)

Disc13
● ブラームス:二重協奏曲イ短調 Op.102

 イツァーク・パールマン(ヴァイオリン)
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
 ベルナルド・ハイティンク(指揮)
 録音:1979年(ステレオ)

Disc14
ランドスキ:
1. 『子供は呼ぶ』
2. 『刑務所』

 ガリーナ・ヴィシネフスカヤ(ソプラノ)
 フランス国立管弦楽団(1)
 リール国立管弦楽団(2)
 マルセル・ランドフスキ(指揮)
 録音:1982年(1)、1983年(2)(デジタル)

Disc15
● ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調 Op.104
● チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲 Op.33

 ボストン交響楽団
 小澤征爾(指揮)
 録音:1985年(デジタル)

Disc16
● ペンデレツキ:チェロ協奏曲第2番

 フィルハーモニア管弦楽団
 クシシュトフ・ペンデレツキ(指揮)
 録音:1986年(デジタル)

● アルフテル:チェロ協奏曲第2番『残るものはただ沈黙ばかりなり』

 フランス国立管弦楽団
 クリストバル・アルフテル(指揮)
 録音:1985年(デジタル)

Disc17
● プロコフィエフ:交響的協奏曲ホ短調 Op.125
● ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第1番変ホ長調 Op.107

 ロンドン交響楽団
 小澤征爾(指揮)
 録音:1987年(デジタル)

Disc18
● ミヨー:チェロ協奏曲第1番
● オネゲル:チェロ協奏曲
● ホディノット:ノクティス・エキ(チェロとオーケストラのためのシエーナ)

 ロンドン交響楽団
 ケント・ナガノ(指揮)
 録音:1989年(デジタル)

● ノルベール・モレ:チェロ協奏曲

 チューリッヒ・コレギウム・ムジクム
 パウル・ザッハー(指揮)
 録音:1989年(デジタル)

Disc19-20
● J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲 BWV.1007-1012

 録音:1991年(デジタル)

Disc21
● ヴィヴァルディ:チェロ協奏曲ニ短調 RV.406(マリピエロ編)
● タルティーニ:チェロ協奏曲ニ長調(ヒンデミット、ヒュー・ウルフ編)
● C.P.E.バッハ:チェロ協奏曲変ロ長調 Wq.171, H.436(ヒュー・ウルフ編)

 セントポール室内管弦楽団
 ヒュー・ウルフ(指揮)
 録音:1992年(ステレオ)

Disc22
● フレスコバルディ/カサド編:トッカータ
● マルチェッロ:オーボエ協奏曲よりアダージョ
● J.S.バッハ/コダーイ編:3つのコラール前奏曲
● ヘンデル/ペッケル編:ヘンデルの主題によるアリア
● J.S.バッハ/シロティ編:トッカータ ハ長調 BWV.564
● デルヴロア/レンギン編:7人の古代フランスの女性のポートレート
● ラインベルガー:作品150からの3つの小品
● サン=サーンス:祈り Op.158

 ヘルベルト・タヘツィ(オルガン)
 録音:1993年(デジタル)

Disc23
● ガニュー:チェロと管弦楽のためのトリプティック
● シチェドリン:チェロと管弦楽のためのソット・ヴォーチェ協奏曲

 ロンドン交響楽団
 小澤征爾(指揮)
 録音:1994年(デジタル)

Disc24
シュニトケ:
● 3人のための協奏曲
● 弦楽三重奏曲
● ミヌエット

 ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)
 ユーリ・バシュメット(ヴィオラ)
 モスクワ・ソロイスツ
 録音:1995年(ステレオ)

Disc25
● クナイフェル:ソング・オブ・ソングス第8章(教会と合唱群とチェロのための32節の構成による)

 ワシントン・ナショナル・カテドラル聖歌隊
 ナショナル・カテドラル・スクール少年合唱団
 ワシントン・コーラル・アーツ・ソサエティ
 ノーマン・スクリブナー(指揮)
 録音:1995年(デジタル)

● デイヴィッド・マシューズ:ロマンツァ

 イギリス室内管弦楽団
 レイモンド・レッパード(指揮)
 録音:1990年(デジタル)

Disc26
● グバイドゥーリナ:太陽の頌歌

 サイモン・キャリントン、ニール・パーシー(パーカッション)
 ジョン・アリー(チェレスタ)
 ロンドン・ヴォイセズ
 沼尻竜典(指揮)
 録音:1999年(デジタル)

● ショスタコーヴィチ:7つのロマンス(アレクサンダー・ブロックの詩による) Op.127

 ガリーナ・ヴィシネフスカヤ(ソプラノ)
 ウルフ・ヘルシャー(ヴァイオリン)
 ヴァッソ・デヴェッツィ(ピアノ)
 録音:1974年(ステレオ)

Disc27
● シューマン:チェロ協奏曲イ短調 Op.129
● チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲 Op.33

 ソ連国立交響楽団
 ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(指揮)
 録音:1960年

● ベートーヴェン:三重協奏曲ハ長調 Op.56

 ダヴィド・オイストラフ(ヴァイオリン)
 スヴィヤトスラフ・リヒテル(ピアノ)
 モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団
 キリル・コンドラシン(指揮)
 録音:1970年

Disc28
● ヴィラ=ロボス:ブラジル風のバッハ第1番より前奏曲

 チェロ・アンサンブル
 録音:1962年

● オネゲル:チェロ協奏曲
● レスピーギ:アダージョと変奏

 モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団
 キリル・コンドラシン(指揮)
 録音:1964年

● R.シュトラウス:交響詩『ドン・キホーテ』 Op.35

 ソ連国立交響楽団
 ヴィクトール・ドゥブロフスキー(指揮)
 録音:1964年

Disc29
● ミャスコフスキー:チェロ協奏曲ハ短調 Op.66
● グラズノフ:コンチェルト・バラータ ハ長調 Op.108

 ソ連国立交響楽団
 エフゲニー・スヴェトラーノフ(指揮)
 録音:1964年

● タネーエフ:カンツォーナ

 アレクサンダー・デデューヒン(ピアノ)
 録音:1964年

Disc30
● プロコフィエフ:チェロ・ソナタ ハ長調 Op.119

 スヴィヤトスラフ・リヒテル(ピアノ)
 録音:1950年

● プロコフィエフ:交響的協奏曲ホ短調 Op.125

 ソ連国立交響楽団
 イスラエル・グスマン(指揮)
 録音:1964年

● プロコフィエフ:チェロ・コンチェルティーノ Op.132

 モスクワ放送交響楽団
 ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(指揮)
 録音:1964年

Disc31
● ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第1番変ホ長調 Op.107

 モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団
 ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(指揮)
 録音:1961年

● ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第2番ト長調 Op.126

 ソ連国立交響楽団
 エフゲニー・スヴェトラーノフ(指揮)
 録音:1966年

Disc32
● ブリテン:無伴奏チェロ組曲第1番 Op.72
● ブリテン:無伴奏チェロ組曲第2番 Op.80

 録音:1966年(第1番)、1964年(第2番)

● ブリテン:チェロ交響曲 Op.68

 モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団
 ベンジャミン・ブリテン(指揮)
 録音:1964年

Disc33
● ボリス・チャイコフスキー:無伴奏チェロ組曲ニ短調

 録音:1961年

● ボリス・チャイコフスキー:パルティータ(チェロ、ピアノ、チェンバロ、エレキ・ギターとパーカッションのための)

 アレクサンダー・デデューヒン(ピアノ)
 ボリス・チャイコフスキー(チェンバロ)、他
 録音;1967年

● ボリス・チャイコフスキー:チェロ協奏曲

 モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団
 キリル・コンドラシン(指揮)
 録音:1966年

Disc34
● ハチャトゥリアン:協奏的狂詩曲

 アザ・アミンタイェヴァ(ピアノ)
 録音:1964年

● ティシチェンコ:協奏曲(チェロ、17の木管楽器、パーカッション、オルガンのための) Op.23

 レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団
 イゴール・ブラジュコフ(指揮)
 録音:1966年

● 外山雄三:チェロ協奏曲

 モスクワ放送交響楽団
 外山雄三(指揮)
 録音:1967年

Disc35
● クニッペル:コンチェルト・モノローグ(チェロ、7つの金管楽器、2つのケトルドラムのための)
● ヴァインベルグ:チェロ協奏曲 Op.43

 ソ連国立交響楽団
 ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(指揮)
 録音:1964年

● ロペス=グラーサ:室内協奏曲

 モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団
 キリル・コンドラシン(指揮)
 録音:1967年

Disc36
● カバレフスキー:チェロ・ソナタ 変ロ長調 Op.71

 ドミトリー・カバレフスキー(ピアノ)
 録音:1962年

● カレン・ハチャトゥリアン:チェロ・ソナタ

 カレン・ハチャトゥリアン(ピアノ)
 録音:1967年

● ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ ニ短調 Op.40

 ドミトリー・ショスタコーヴィチ(ピアノ)
 録音:1962年

Disc37
● ストラヴィンスキー:歌劇『マヴラ』より「ロシアの歌」(ストラヴィンスキー編)
● ストラヴィンスキー:バレエ『妖精の口づけ』より「パ・ドゥ・ドゥ」によるヴァリエーションとコーダ(ロストロポーヴィチ編)

 アレクサンダー・デデューヒン(ピアノ)
 録音:1960年

● スクリャービン:練習曲 変ロ長調 Op.8-11(ピアティゴルスキー編)

 ウラディーミル・ヤンポルスキー(ピアノ)
 録音:不詳

● ミヨー:ブラジルの郷愁 Op.67より『ティジュカ』(ロストロポーヴィチ編)
● ファリャ:火祭りの踊り(ピアティゴルスキー編)

 アレクサンダー・デデューヒン(ピアノ)
 録音:1960年

● ドヴォルザーク:静かな森 B.173
● R.シュトラウス:4つの情緒のある風景 Op.9より『さびしい泉のほとり』

 ウラディーミル・ヤンポルスキー(ピアノ)
 録音:不詳

● シンディング:古い様式の組曲イ短調 Op.10よりプレスト
● フォーレ:夢のあとで Op.7-1(カザルス編)
● ドビュッシー:月の光(ローレンス編)
● ドビュッシー:夜想曲とスケルツォ

 アレクサンダー・デデューヒン(ピアノ)
 録音:1968年

● シャポーリン:ロマンス:私はあなたを見る(クバツキー編)

 ウラディーミル・ヤンポルスキー(ピアノ)
 録音:不詳

● ポッパー:妖精の踊り Op.39
● シューベルト:即興曲 第3番変ト長調 D.899-3(ハイフェッツ、ロストロポーヴィチ編)
● プロコフィエフ:バレエ音楽『シンデレラ』よりアダージョ(プロコフィエフ編)

 アレクサンダー・デデューヒン(ピアノ)
 録音:不詳

● プロコフィエフ:バレエ音楽『シンデレラ』よりワルツ - コーダ(ロストロポーヴィチ編)
● プロコフィエフ:『3つのオレンジの恋』より行進曲(ロストロポーヴィチ編)

 アレクセイ・ジブツェフ(ピアノ)
 録音:不詳

● ヘンデル:ソナタ ニ長調 HWV.371よりラルゲット

 アレクサンダー・デデューキン(ピアノ)
 録音:不詳

● シャポーリン:エレジー

 ウラディーミル・ヤンポルスキー(ピアノ)
 録音:不詳

● シャポーリン:スケルツォ Op.25-5

 アザ・アミンタイェヴァ(ピアノ)
 録音:不詳

Disc38
● ミャスコフスキー:チェロ・ソナタ第2番イ短調 Op.81
● ショパン:チェロ・ソナタ ト短調 Op.65
● ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ Op.3

 アレクサンダー・デデューヒン(ピアノ)
 録音:1967年

● シャポーリン:5つの小品 Op.25より4曲

 アレクサンダー・デデューヒン(ピアノ)
 録音:不明

Disc39
● ピアソラ:ル・グラン・タンゴ

 イゴール・ウリアシュ(ピアノ)
 録音:1996年

● ウストヴォルスカヤ:グランド・デュオ

 アレクセイ・リュビーモフ(ピアノ)
 録音:1996年

● シュニトケ:チェロ・ソナタ第2番

 イゴール・ウリアシュ(ピアノ)
 録音:1996年

● シュニトケ:バレエ『ペール・ギュント』からのエピローグ(チェロ、ピアノとテープのための)

 イゴール・ウリアシュ(ピアノ)
 録音:1996年

Disc40
● ロストロポーヴィチ、ショスタコーヴィチを語る(最後のインタビュー) 2006年収録

DVD1
● ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調 Op.104
● サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番イ短調 Op.33
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 カルロ・マリア・ジュリーニ(指揮)
 収録:1977年

DVD2-3
● J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲 BWV.1007-1012
 収録:1991年

 ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(チェロ、Disc11は弾き振り)

 ※収録曲順は、変更される場合がございます。(輸入元情報)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Cello Concerto No. 1 in A Minor, Op. 33: Allegro non troppo -
  • 02. Cello Concerto No. 1 in A Minor, Op. 33: Allegro con moto -
  • 03. Cello Concerto No. 1 in A Minor, Op. 33: Allegro non troppo
  • 04. Cello Concerto in C Minor, Op. 66: I. Lento ma non troppo - Andante
  • 05. Cello Concerto in C Minor, Op. 66: II. Allegro vivace - Andante semplice e tranquillo - Lento come p

ディスク   2

  • 01. Sinfonia concertante in E Minor, Op. 125: I. Andante
  • 02. Sinfonia concertante in E Minor, Op. 125: II. Allegro giusto
  • 03. Sinfonia concertante in E Minor, Op. 125: III. Andante con moto - Allegretto - Allegro marcato
  • 04. 14 Romances, Op. 34: XIV. Vocalise (Arr. Rostropovich for Cello and Piano)

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ロストロポーヴィチの旧EMIを含めたワーナ...

投稿日:2017/11/18 (土)

ロストロポーヴィチの旧EMIを含めたワーナーグループでの録音の集大成。時代を代表する名チェリストの演奏を堪能できる。盟友小澤征爾との共演による協奏曲、クレーメルらとの室内楽、バッハの無伴奏チェロ組曲と、素晴らしい演奏が目白押し。後半はソ連時代のモノラル録音が多くて、これは予想通り音が悪いし、Liveで雑音がひどかったりするが、演奏自体は凄いものがいくつもあり、その上珍しい曲も結構あって、意外に拾い物だった。

saitaman さん | 埼玉県 | 不明

3

*チェロ・オムニバス*に関連するトピックス

  • 【LP】Warner Classics デュ・プレ、マルタ・アルゲリッチ、マリア・カラスなどのアナログレコード再発で定評のあるワーナー・クラシックス。ボック... |2018年09月04日 (火) 14:50
    【LP】Warner Classics
  • 【LP】ユリウス・ベッキのチェロ小曲集 ユリウス・ベッキが奏でるチェロ小品集がスペクトラムサウンドの企画でLP化!ハンス・フォーレンヴァイダー(オルガン)と... |2018年02月23日 (金) 14:50
    【LP】ユリウス・ベッキのチェロ小曲集
  • 【LP再入荷】 デュ・プレの伝説的録音集 アナログ! 2017年11月にリリースされたクラシックアルバム、デュ・プレ(チェリスト)の「デュ・プレの伝説的録音集」を在庫少量... |2017年12月22日 (金) 13:50
    【LP再入荷】 デュ・プレの伝説的録音集 アナログ!

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品