CD 輸入盤

レナード・ローズ/コロンビア協奏曲、ソナタ録音全集(14CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88985490172
組み枚数
:
14
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


ヨーヨー・マの師にして20世紀アメリカの巨匠チェリスト、
レナード・ローズ生誕100年記念リリース!
ホルショフスキとのベートーヴェン第3番は世界初発売。


レナード・ローズ[1918-1984]は20世紀アメリカの生んだ最も卓越したチェロの名手の一人。ローズの生誕100年を記念して、1949年〜1974年にかけてのモノラル〜ステレオ期にコロンビアに録音した全ての協奏曲・ソロ録音をCD14枚に集成したボックス・セットが登場します。
 ユダヤ系ウクライナ移民を両親に持ち、カーティス音楽院で学んだローズは、トスカニーニ時代のNBC交響楽団、ロジンスキ時代のクリーヴランド管弦楽団、ワルター時代のニューヨーク・フィルハーモニックの首席チェロ奏者を歴任した猛者で、1951年以降はソロ奏者として幅広く活動。確実な技巧と高い音楽性に支えられた暖かみのあるチェロ演奏は、数多くの称賛を浴びました。ジュリアードやカーティスで積極的に若手を指導し、門弟からはヨーヨー・マやリン・ハレルのほか、多数のソリスト、オーケストラ奏者を輩出しています。またスターン、イストミンとの「スターン・トリオ」でも知られています。
 協奏曲では、ニューヨーク・フィル(しかもワルター、ミトロプーロス、バーンスタインという三代の音楽監督の指揮)、オーマンディ&フィラデルフィア管、セル&クリーヴランド管というアメリカの三大メジャー・オーケストラと録音しています。モノラルでは、ワルター指揮ニューヨーク・フィルとのベートーヴェン「三重協奏曲」、ブラームス「二重協奏曲」、さらにミトロプーロス指揮のブロッホ「シェロモ」とサン=サーンス第1番があり、ステレオ時代に入ると、オーマンディ指揮フィラデルフィア管との共演でチャイコフスキー「ロココ」、ドヴォルザーク、ラロのほか、ブラームスとベートーヴェン、「シェロモ」、サン=サーンス第1番の再録音が残されています。
 ソロ録音では、長年パートナーを組んだレオニード・ハンブロとのソナタ録音が重要で、シューベルト「アルペジョーネ」、フランク、グリーグ、ブラームスのソナタは、モノラルLP時代の代表盤として知られた名演。「アルペジョーネ」はステレオでの再録音も残しています。ディスク3の1950年と52年に録音されたベートーヴェンのチェロ・ソナタ第3番&第5番は、今回が初発売。第3番では名ピアニスト、ミエチスラフ・ホルショフスキとの共演であるのも聴きものでしょう。
 そして何と言ってもローズの名前を録音史にきざみこんでいるのは、1973〜74年に録音されたグレン・グールドとのバッハのチェロ・ソナタ3曲の録音でしょう。ハイメ・ラレードと録音したヴァイオリン・ソナタと合わせ、グールドの数少ない室内楽録音として貴重であり、バッハの対位法的書法を極限まで表出した、個性的な解釈でも知られています。
 今回初めてCD化されるLP約5枚分の音源は、オリジナル・マスターテープより24bit/192kHzリマスター。各ディスクはアメリカ初出LP盤のジャケット・デザインによる紙ジャケットに封入(レーベル・デザインも当時のものを採用)、録音データを完備したオールカラー・ブックレットとともにクラムシェル・ボックスに封入されています。(輸入元情報)


【収録情報】

Disc1
1. ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ第5番〜アリア
2. アイルランド民謡:ミンストレル・ボーイ
3. アイルランド民謡:ガーデン・ウェア・ザ・プレイティーズ・グロー
4. チャールズ・ウィリアム・グローヴァー:トゥラリーのバラ
5. アイルランド民謡:パラティンの娘
6. J・キーアン・ブレナン:ア・リトル・ビット・オブ・ヘブン
7. アイルランド民謡:バリーニュア・バラード
8. アーネスト・ボール:アイルランドの瞳微笑むとき
9. アイルランド民謡:ザ・ヤング・メイ・ムーン
10. ヘルマン・ローア:ユード・ベター・アスク・ミー


 レナード・ローズ(チェロ)
 クリストファー・リンチ(テノール:2-10)、 ビドゥ・サヤン(ソプラノ:1)
 ジョン・ワマー(フルート:2-10)、ローラ・ニューウェル(ハープ:2-10)

 録音:1945年1月26日、ニューヨーク、リーダークランツ・ホール(1)、1947年10月24日、USA(2-10)

Disc2
1. ブロッホ:ヘブライ狂詩曲『シェロモ』
2. サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番イ短調 Op.33


 レナード・ローズ(チェロ)
 ディミトリ・ミトロプーロス指揮、ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団

 録音:1951年4月21日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ

Disc3
1. ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第3番イ長調 Op.69


 レナード・ローズ(チェロ)
 ミエチスラフ・ホルショフスキ(ピアノ)
 録音:1950年9月28-29日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ

2. ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第5番ニ長調 Op.102-2

 レナード・ローズ(チェロ)
 レオニード・ハンブロ(ピアノ)
 録音:1952年6月9日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ

Disc4
1. フランク:チェロ・ソナタ イ長調 FWV.8
2. グリーグ:チェロ・ソナタ イ短調 Op.36


 レナード・ローズ(チェロ)
 レオニード・ハンブロ(ピアノ)
 録音:1952年6月11,18日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ

Disc5
1. シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ イ短調 D.821
2. ボッケリーニ:チェロ・ソナタ イ長調 G.4
3. G.B.サンマルティーニ:チェロ・ソナタ ト長調


 レナード・ローズ(チェロ)
 レオニード・ハンブロ(ピアノ)
 録音:1953年5月11,12日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ

Disc6
1. ブラームス:チェロ・ソナタ第1番ホ短調 Op.38
2. ブラームス:チェロ・ソナタ第2番ヘ長調 Op.99


 レナード・ローズ(チェロ)
 レオニード・ハンブロ(ピアノ)
 録音:1953年12月15,23日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ

Disc7
1. ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲イ短調 Op.102


 レナード・ローズ(チェロ)
 アイザック・スターン(ヴァイオリン)
 ブルーノ・ワルター指揮、ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団
 録音:1954年12月29日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ

2. ベートーヴェン:ヴァイオリン、チェロとピアノのための三重協奏曲ハ長調 Op.56

 レナード・ローズ(チェロ)
 ジョン・コリリアーノ(ヴァイオリン)、ワルター・ヘンドル(ピアノ)
 ブルーノ・ワルター指揮、ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団
 録音:1949年3月18,32日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ

Disc8
1. シューマン:チェロ協奏曲イ短調 Op.129


 レナード・ローズ(チェロ)
 レナード・バーンスタイン指揮、ニューヨーク・フィルハーモニック
 録音:1960年10月24日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ

2. ブロッホ:ヘブライ狂詩曲『シェロモ』

 レナード・ローズ(チェロ)
 ユージン・オーマンディ指揮、フィラデルフィア管弦楽団
 録音:1961年1月29日、フィラデルフィア、タウン・ホール

Disc9
1. バーバー:ピアノ協奏曲 Op.38


 ジョン・ブラウニング(ピアノ)
 ジョージ・セル指揮、クリーヴランド管弦楽団
 録音:1964年1月3日、クリーヴランド、セヴェランス・ホール

2. ウィリアム・シューマン:チェロと管弦楽のため幻想曲『オルフェウスの歌』

 レナード・ローズ(チェロ)
 ジョージ・セル指揮、クリーヴランド管弦楽団
 録音:1964年1月11日、クリーヴランド、セヴェランス・ホール

Disc10
1. ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調 Op.104
2. チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲 Op.33


 レナード・ローズ(チェロ)
 ユージン・オーマンディ指揮、フィラデルフィア管弦楽団
 録音:1963年11月24,15日、フィラデルフィア、タウン・ホール

3. レナード・ローズ、ドヴォルザークのチェロ協奏曲を語る
 語り:レナード・ローズ 録音:1965年

Disc11
1. ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲イ短調 Op.102


 レナード・ローズ(チェロ)
 アイザック・スターン(ヴァイオリン)
 ユージン・オーマンディ指揮、フィラデルフィア管弦楽団
 録音:1964年4月1日、フィラデルフィア、タウン・ホール

2. ベートーヴェン:ヴァイオリン、チェロとピアノのための三重協奏曲ハ長調 Op.56

 レナード・ローズ(チェロ)
 アイザック・スターン(ヴァイオリン)、ユージン・イストミン(ピアノ)
 ユージン・オーマンディ指揮、フィラデルフィア管弦楽団
 録音:1964年4月16日&12月31日、フィラデルフィア、タウン・ホール

Disc12
1. シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ イ短調 D.821
2. シューマン:幻想小曲集 Op.73
3. シューベルト:序奏と華麗なポロネーズ Op.3


 レナード・ローズ(チェロ)
 サミュエル・サンダース(ピアノ)
 録音:1966年5月2,3日、ニューヨーク、コロンビア30番街スタジオ

Disc13
1. ラロ:チェロ協奏曲ニ短調
2. サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番イ短調 Op.33
3. フォーレ:チェロと管弦楽のためのエレジー Op.24


 レナード・ローズ(チェロ)
 ユージン・オーマンディ指揮、フィラデルフィア管弦楽団
 録音:1967年3月27日、フィラデルフィア、タウン・ホール

Disc14
1. J.S.バッハ:チェロ・ソナタ第1番ト長調 BWV.1027
2. J.S.バッハ:チェロ・ソナタ第2番ニ長調 BWV.1028
3. J.S.バッハ:チェロ・ソナタ第3番ト短調 BWV.1029


 レナード・ローズ(チェロ)
 グレン・グールド(ピアノ)
 録音:1973年12月16,17日&1974年5月28,29日、トロント、イートン・オーディトリウム


 ステレオ録音(Disc8-14)、モノラル録音(Disc1-7)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
レナード・ローズはスターン・トリオの一員...

投稿日:2018/10/19 (金)

レナード・ローズはスターン・トリオの一員のイメージでソリストとしては記憶がない。この全集でも聴いたことがあるのはグールドとのバッハとワルターとのドッペル・コンチェルトだけ。ほとんどが初めて聴くものだ。ローズが活躍した50〜60年代といえば、フルニエ、ナヴァラ、トルトゥリエ、ジャンドロンのフランス勢をはじめ、ロストロポーヴィチ、ピアティゴルスキー、シュタルケル、デュ・プレ、ヤニグロ等々多士済々であり、ローズが埋もれたのも仕方がないのかもしれない。実際ローズのCDは殆ど出ていないし。ところが、このセットは思ってもいない音楽を聴く喜びを私に与えてくれたのだ。まず、「シェロモ」でのミトロプーロスの鬼神のごとき指揮に一歩も引かないローズの壮絶な演奏にやられてしまった。モノだが録音最優秀。HMVの紹介から漏れているが、同じCD2に収録されているセル/NYPとの「ロココの主題による変奏曲」での気品ある優しい表現のすばらしさ。この2曲はオーマンディとステレオ再録音しているが、オーマンディも悪くはないのだが、ミトロプーロス、セルと比べると深みがもう一つ。ドヴォルザークも美しい演奏だが、終楽章末尾はもう少しオーマンディに盛り上げてほしかった。一方でドッペル・コンチェルトはオーマンディとの再録のほうが断然いい。早めのテンポであっさりしたワルターに比べオーマンディはじっくりとこくのある表現で同曲屈指の出来になっている。ここまで聴いてきてローズの良さは、豪快さやスケールの大きさはない代わりに端正で伸びやかな表現にあるとわかってくる。そうしたローズには室内楽がいいのは自明だろう。特にサンダースとの「アルペジョーネ・ソナタ」とシューマンは味わい深い逸品だ。ソニーは忘れられつつある自社のアーティストのコンプリートを進めてくれているが、なかでもこれは白眉のセットだと思う。

フォアグラ さん | 愛知県 | 不明

1

*チェロ・オムニバス*に関連するトピックス

  • 【LP】Warner Classics デュ・プレ、マルタ・アルゲリッチ、マリア・カラスなどのアナログレコード再発で定評のあるワーナー・クラシックス。ボック... |2018年09月04日 (火) 14:50
    【LP】Warner Classics
  • 【LP】ユリウス・ベッキのチェロ小曲集 ユリウス・ベッキが奏でるチェロ小品集がスペクトラムサウンドの企画でLP化!ハンス・フォーレンヴァイダー(オルガン)と... |2018年02月23日 (金) 14:50
    【LP】ユリウス・ベッキのチェロ小曲集
  • 【LP再入荷】 デュ・プレの伝説的録音集 アナログ! 2017年11月にリリースされたクラシックアルバム、デュ・プレ(チェリスト)の「デュ・プレの伝説的録音集」を在庫少量... |2017年12月22日 (金) 13:50
    【LP再入荷】 デュ・プレの伝説的録音集 アナログ!

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品