CD 輸入盤

ジュリアン・ブリーム オリジナル・ジャケット・コレクション(10CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88697316212
組み枚数
:
10
レーベル
:
RCA
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ジュリアン・ブリーム/オリジナル・ジャケット・コレクション(10CD)
初回生産限定盤

20世紀を代表するギタリストのひとり、ジュリアン・ブリームの録音を代表するアルバム10枚をまとめたお買い得ボックスがオリジナル・ジャケット・コレクション・シリーズから登場。
 ジュリアン・ブリームは1933年ロンドンの生まれ。幼少時から父にギターの手ほどきを受け、王立音楽院で楽典とピアノ、チェロを学び、同時に独学でリュートの奏法を習得します。
 20歳で頭角をあらわし、多くのレコーディングや世界を股にかけたリサイタル活動の成功によって、30代になる頃には現代を代表するギター奏者と呼ばれるまでになっていました。
 以来、ギターとリュートの第一人者としてリサイタルをおこなうほか、古楽アンサンブルとの共演、ギター曲の編曲、ギター製作者への援助、ジョン・ウィリアムズとのデュオなど、活動は多岐に渡っています。
 その貢献に対し、英国の上級勲士賞、ヴィラ=ロボス・ゴールドメダルなど、多くの賞を授与されてもいます。
 当セットには1959年から82年にかけて録音されたアルバムが集められており、ブリームの音楽の多彩な魅力を手軽に味わうことが可能です。
 箱のサイズは、縦127mm、横128mm、厚さ40mmで、各オリジナル・ジャケットを使用した、紙ジャケット仕様となっています。(HMV)

【収録情報】
CD1: The Art of Julian Bream
・フレスコバルディ:フレスコバルダのアリア
・アルベニス:ソナタ ニ長調
・D.スカルラッティ:ソナタ ホ短調K.11
・D.スカルラッティ:ソナタ ホ短調K.87
・チマローザ:ソナタ 嬰ハ短調
・チマローザ:ソナタ イ長調
・レノックス・バークリー:ソナチネop.52-1
・ロドリーゴ:小麦畑で
・ラヴェル:亡き王女へのパヴァーヌ
・ルーセル:セゴヴィア Op.29
 ジュリアン・ブリーム(ギター)

 録音時期:1959年(原盤:LSC-2448 Living Stereo)

CD2: Bach: Lute Suites 1 & 2
・J.S.バッハ:リュート組曲第1番 BWV.996
・J.S.バッハ:リュート組曲第2番 BWV.997
 ジュリアン・ブリーム(ギター)

 録音時期:1965年(原盤:LSC-2896 RCA Victor RED SEAL)

CD3: Romantic Guitar
・パガニーニ:グランド・ソナタ イ長調
・メンデルスゾーン:無言歌第6番ト短調Op.19b-6(ヴェネツィアの舟歌第1)
・メンデルスゾーン:カンツォネッタ(弦楽四重奏曲第1番変ホ長調Op.12より)
・シューベルト:メヌエット(ピアノ・ソナタ第18番ト長調D.894,Op.78より)
・タルレガ:ラグリマ(涙)
・タルレガ:3つのマズルカ
 ジュリアン・ブリーム(ギター)

 録音時期:1970年(原盤:LSC-3156 RED SEAL)

CD4: The Woods So Wild
・W.バード:未開の森
・フランチェスコ・ダ・ミラノ:ファンタジアI
・フランシス・カッティング:パッキングトンのポンド
・フランチェスコ・ダ・ミラノ:ファンタジアII ヘ長調
・J.ダウランド:ウォーシンガム
・フランチェスコ・ダ・ミラノ:ファンタジアIII ト長調
・A.ホルボーン:ファアリー・ラウンド
・A.ホルボーン:ハイ・ホー・ホリデイ
・フランチェスコ・ダ・ミラノ:ファンタジアIV
・J.ダウランド:窓から帰って、愛しい人よ
・フランチェスコ・ダ・ミラノ:ファンタジアV ハ長調
・作者不詳:グリーンスリーブズ(フランシス・カッティング編曲
・フランチェスコ・ダ・ミラノ:ファンタジアVI ヘ長調
・J.ダウランド:すてきで,やさしいロビン
・フランチェスコ・ダ・ミラノ:ファンタジアVII ヘ長調
・A.ホルボーン:心やすらか
・フランチェスコ・ダ・ミラノ:ファンタジアVIII ト長調
・J.ダウランド:名残りおしい別れ
 ジュリアン・ブリーム(リュート)

 録音時期:1967年(原盤:LSC-3331 RCA RED SEAL)

CD5: Julian Bream and His Friends
・ボッケリーニ:ギター五重奏曲第7番ホ長調G.451
・ボッケリーニ:ファダンゴ(ギター五重奏曲第4番ニ長調G.448より)*
・ハイドン:弦楽四重奏曲第8番ホ長調Op.2-2(ギター四重奏用編曲版)
 ジュリアン・ブリーム(ギター)
 クレモナ弦楽四重奏団、ジョージ・マルコム(チェンバロ)*

 録音時期:1967年(原盤:LSC-3027 RCA Victor RED SEAL DYNAGROOVE)

CD6: 20th Century Guitar
・R.S.ブリンドル:黄金のポリュペモス
・ブリテン:ノクターナル Op.70*
・マルタン:4つの小品
・ヘンツェ:3つの小品
・ヴィラ=ロボス:練習曲第5番ハ長調、練習曲第7番ホ短調
 ジュリアン・ブリーム(ギター)
 ピーター・ピアーズ(テノール)*

 録音時期:1966年 (原盤:LSC-2964 RCA Victor RED SEAL)

CD7: Julian Bream
・ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
 ジュリアン・ブリーム(ギター)
 サー・コリン・デイヴィス(指揮)、メロス室内管弦楽団

・ヴィヴァルディ:リュート協奏曲 RV.93
・ブリテン:宮廷舞曲(歌劇『グロリアーナ』より)
 ジュリアン・ブリーム(リュート)、ジュリアン・ブリーム・コンソート

 録音時期:1963年(原盤:LSC-2730 RCA Victor RED SEAL)

CD8: Villa-Lobos
・ヴィラ=ロボス:エチュード 第1〜12番
・ヴィラ=ロボス:ブラジル民謡組曲
 ジュリアン・ブリーム(ギター)

 録音時期:1978年(原盤:ARL1-2499 RCA RED SEAL)

CD9: Julian Bream & John Williams LIVE
・ジョン・ジョンソン:パヴァーヌとガイヤルド
・テレマン:ポーランド風パルティータ
・ドビュッシー:夢、ゴリウォーグのケークウォーク、月の光
・アルベニス:カスティーリャ
・グラナドス:スペイン舞曲 Op.37-2
・アルベニス:カスティーリャ
・グラナドス:スペイン舞曲 Op.37-2
 ジュリアン・ブリーム、ジョン・ウィリアムズ(ギター)

 録音時期:1978年10月15,18日、ボストン&ニューヨーク (原盤:RCA 03090)

CD10: Plays Granados and Albeniz (Music of Spain Vol.5)
・グラナドス:献呈、ゴヤの美女、スペイン舞曲第4番、第5番、詩的なワルツ集
・アルベニス:マジョルカOp.202、スペイン組曲Op.47、コルドバ(夜想曲)Op.232-4
 ジュリアン・ブリーム(ギター)

 録音時期:1982年(原盤:ARC1-4378 RED SEAL、デジタル録音)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
このセット、発売当時、予約し忘れて、思い...

投稿日:2012/06/28 (木)

このセット、発売当時、予約し忘れて、思い出したときはすでに品切れ。それで、手に入れるのにずいぶんかかった。 駄目を承知で、注文し、長い間、音沙汰がなくて、キャンセル。それからまた注文。たまたま「品切れ」の表示が消えていたからである。またしてもずいぶ待たされて、忘れたころにひょっこりメールが届き、「送りました」とあって、びっくり。しかし、待ったかいはあった。 ギターの音は好きだが、目当てはそれではなく、CDの仕様。前代未聞である。記録面は通常通りだが、レーベル面が45回転LP(いわゆるドーナツ盤)そっくりになっている。 取り出してみて、またびっくり。なんと溝まで切ってあるではないか。それだけではない。曲間の無音部分が幅の広い帯になっている。線を印刷したものではない。指でふれると、感触まである。ここまでやってくれたか! さすがソニーの仕事。泣かせるデザインだ。このセット専用の小型電蓄型CDプレーヤーがほしいところ。 最初の1枚がLiving Stereo。あとはRed Sealということで1959年録音のCD1(スカルラッティ)に期待していたのだが、音のほうはなぜかさえなかった。輪郭があまく鈍い。しかし1965年録音のCD2(バッハ)をかけると、こちらはすばらしい。24ビットの威力もあってか、音抜けが良く、高域も美しくリアルである。 こんなかわいいドーナツCDを作ってくれたデザイナーに大拍手。

音の手帖 さん | 山口県 | 不明

1
★
★
★
★
★
 ブリームの全盛期の録音。前年にも同様の...

投稿日:2012/01/31 (火)

 ブリームの全盛期の録音。前年にも同様のセットの発売が予告されていたが、予約してから半年以上待たされて、ついに発売されず、頭に来ていた。このセットはたぶん同じものだろう。前回の予告より安価に設定されており、待った甲斐があった。発売当時のジャケットは懐かしく、感涙ものだ。バークリーのソナチネを聴くのは何十年ぶりだろう。この中にも含まれていないすぐれた演奏がまだあるが、どうせなら全部セットにしてほしかった。とはいえ、ブリームの最良の演奏が一挙に揃うセットの登場に感謝!

おっさん さん | 神奈川県 | 不明

2
★
★
★
★
★
新星が降るように、ギター界では、あまた現...

投稿日:2011/09/19 (月)

新星が降るように、ギター界では、あまた現れたこともあり、ブリームもちょっと過去の人に含まれるのかも。しかし、人の心の息づかいのような、とっても気持ちに浸みいる音と演奏。ずっとレコード時代、欲しかったのに、とても替えなかった数々が、一気に揃ってしまう。信じられない。こんなに全てが思いのままになっていいのだろうか…。

蓮華人 さん | 千葉県 | 不明

5

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品