CD 輸入盤

ザ・スパニッシュ・ギター・アンソロジー ジョン・ウィリアムス(7CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88883737262
組み枚数
:
7
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ザ・スパニッシュ・ギター・アンソロジー
ジョン・ウィリアムス


ジョン・ウィリアムスは1963年にCBSと契約して以来、膨大な録音を残していますが、その中からスペイン音楽の代表的な名演をCD7枚に集めました。輝きと強さに満ち、澄み渡った音色はクラシック・ギターの魅力を存分に伝えてくれます。
 Disc1〜5はソロ作品、Disc6とDisc7には協奏曲が収録されています。なお『アランフェス協奏曲』は、フレモー、オーマンディ、バレンボイム指揮による3つの録音が、『ある貴紳のための幻想曲』は、フレモー、グローヴズ指揮の2種類の録音が収録され、その演奏の変遷を聴き比べることができるのも楽しみの一つです。
 ベルリンのb-sharpスタジオでリマスタリングをおこない、マスターテープに忠実で伸びやかなサウンドを実現。なお、このセットにはブックレットは付いておりません。(SONY)

【収録情報】
Disc1
・アルベニス:セビーリャ
・タレガ:アルハンブラ宮殿の思い出
・トゥリーナ:ファンダンギーリョ
・トゥリーナ:ソレアレス
・トゥリーナ:ラファーガ
・民謡:アメリアの誓い
・サグレラス:蜂雀
・グラナドス:スペイン舞曲第5番
・ファリャ:ドビュッシーの墓のために
・ムダーラ:ファンタジア
・ムダーラ:クラロス伯のディフェレンシアス
・トローバ:ラ・マンチャの歌
・ソル:モーツァルトの主題による変奏曲 Op.9
[録音:1964年]

Disc2
・アルベニス:グラナダ
・アルベニス:アストゥリアス
・アルベニス:セビーリャ
・アルベニス:マヨルカ
・アルベニス:コルドバ
・アルベニス:朱色の塔
・アルベニス:カディス
・アルベニス:サンブラ・グラナディーナ
・アルベニス:タンゴ
 録音:1980年

Disc3
・アルベニス:アストゥリアス
・アルベニス:タンゴ
・サンス:カナリオス
・ロドリーゴ:ファンダンゴ
・トローバ:夜想曲
・グラナドス:詩的ワルツ(抜粋)
・アルベニス:ソナタ ニ長調
・ファリャ:市長の踊り
・ファリャ:漁夫の歌
・ファリャ:粉屋の踊り
・トローバ:マドロノス
・民謡(リョベート編):凍った12月
・グラナドス:ゴヤの美女
・アルベニス:コルドバ
・ファリャ:スペイン舞曲第1番
・グラナドス:ゴイエスカスの間奏曲
・グラナドス:スペイン舞曲第6番
・ソレール:ソナタ イ長調R.84
 録音:1969, 1995年

Disc4
・グラナドス:詩的ワルツ(全曲)
・ロドリーゴ:祈りと踊り(ファリャへのオマージュ)
・ロドリーゴ:小麦畑で
・リョベート:9つのカタロニア民謡
・アルベニス:イベリア(抜粋)
 録音:1991, 1989年

Disc5
・ソル:アンクラージュマン(慰め) Op.34
・ソル:ファンタジー Op.54
・ソル:カスティーリャ
・アルベニス:スペインの歌第3&4番
・アルベニス:招魂(エボカシオン)
・グラナドス:ゴイエスカスの間奏曲
・グラナドス:スペイン舞曲第2, 6, 11番
・ファリャ:スペイン舞曲第1番
 録音:1971, 1973, 1978年

Disc6
・ロドリーゴ:アランフェス協奏曲ある貴紳のための幻想曲
 ルイ・フレモー(指揮)
 フィルハーモニア管弦楽団
 録音:1983年

Disc7
・ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
 ユージン・オーマンディ(指揮)
 フィラデルフィア管弦楽団
 録音:1965年

・ある貴紳のための幻想曲
 チャールズ・グローヴズ(指揮)
 イギリス室内管弦楽団
 録音:1967年

・ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
 ダニエル・バレンボイム(指揮)
 イギリス室内管弦楽団
 録音:1974年

 ジョン・ウィリアムス(G)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Suite Espaola No.1, Op.47: III. Sevilla
  • 02. Recuerdos de la Alhambra
  • 03. Fandanguillo, Op. 36
  • 04. Soleares (No. 2 from Hommage Tarrega)
  • 05. Rfaga
  • 06. El Testament D'amelia
  • 07. El Colibri
  • 08. Spanish Dance No. 5
  • 09. Homenaje a Debussy
  • 10. Fantasa
  • 11. Diferencias Sobre El Conde Claros
  • 12. Aires de la Mancha / Jeringoza
  • 13. Aires de la Mancha / Ya Llega El Invierno
  • 14. Aires de la Mancha / la Coplilla
  • 15. Aires de la Mancha / la Pastora
  • 16. Aires de la Mancha / Seguidilla
  • 17. Variations on a Theme By Mozart, Op. 9

ディスク   2

  • 01. Suite Espaola No. 1, Op. 47: No. 1, Granada (Serenata)
  • 02. Suite Espaola No. 1, Op. 47: No. 5, Asturias (Leyenda)
  • 03. Suite Espaola No. 1, Op. 47: No. 3, Sevilla (Sevillanas)
  • 04. Mallorca (Barcarola), Op. 202
  • 05. Cantos de Espaa, Op. 232: No. 4, Crdoba
  • 06. Piezas Caracteristicas, Op. 92: No. 12, Trre Bermeja (Serenata)
  • 07. Suite Espaola No. 1, Op. 47: No. 4, Cdiz (Cancin)
  • 08. Piezas Caracteristicas, Op. 92: No. 7, Zambra Granadina
  • 09. Espaa, Op. 165: No. 2, Tango

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
CD3(録音:1969)が彼のBEST演奏だと思っ...

投稿日:2014/05/19 (月)

CD3(録音:1969)が彼のBEST演奏だと思っている。SEGOVIAに期待されつつ、結局彼は迷走してしまったのか?だとしても、彼の功績には大きなものがある。彼が、全ギタリストの技術的目標になったからこそ、現在のギタリストが存在するのではないだろうか。また、CD5のブリームとの共演は、現在でもこれを越えるものは生まれていないと思う。偉大なジョンの歴史的記録といえよう。

segovia さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
とても丁寧でテンポも正確に演奏されている...

投稿日:2014/03/10 (月)

とても丁寧でテンポも正確に演奏されていることが「スペイン情緒不足」などという評価になってしまったのだろう。どの作品も引き締まったプロポーションを獲得していて、作品が本来持っている良さを十二分に弾き出していると思う。逆に作品の出来不出来が、演奏にそのまま現れる結果になってしまった。面白いとするか、つまらないとするか、難しいところだ。個人的にはもっと自由な演奏であった方が、ギターの良さが出るような気もするので。

蓮華人 さん | 千葉県 | 不明

1

*ギター・オムニバス*に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品