CD

『Chaccone to Chant Song』 中島晴美(ギター)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MF28301
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

中島晴美、満を持しての初CD
バッハのシャコンヌへの万感の思いを込めて!
中島晴美に献呈された『MIYABI』と『シャンソン』も収録


ギター界で重要な役を担ってきた中島晴美の満を持しての初CD録音です。
 はじめて音楽に心を動かされたというバッハのシャコンヌをプログラムの核に、このCDのために書き下ろされた佐藤弘和[1966-] の『MIYABI』を冒頭に、ローランド・ディアンス[1955-]から献呈された『シャンソン』(2013年)を締めくくりとして置いています。
 さらにギターの名曲としてよく知られているレオ・ブローウェル[1939-]『黒いデカメロン』と、余り演奏される機会はないものの音楽性溢れるピエール・ルリッシュ[1937-2008] の『ジャンゴのための序奏とセレナーデ』に加え、二橋潤一[1950-]の『ギターとピアノのための湿原幻想曲』ではピアニストの末高明美との共演しており、中島晴美の満を持しての初CDは、演奏の妙味とホール響きわたる極上の響きも相まって、ギターの多彩な魅力を余す所なく伝えています。(Molto fine)

【収録情報】
1. 佐藤弘和:MIYABI
to Harumi Nakajima
2. J.S.バッハ:シャコンヌ(無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番より、arr. Harumi Nakajima)
3. ルリッシュ:ジャンゴのための序奏とセレナーデ
4. ブローウェル:黒いデカメロン(戦士の竪琴/こだまの谷をぬける恋人たちの逃走/恋する乙女のバラード)
5. 二橋潤一:湿原幻想組曲(夜明け/川面の情景/風は湿原を渡る/夕べの歌/丹頂鶴は夕焼けに舞う/湿原に星は降る)
6. ディアンス:シャンソン a Harui Nakajima

 中島晴美(ギター)
 末高明美(ピアノ:5)

 録音時期:2014年1月29-31日
 録音場所:東京、三鷹市芸術文化センター「風のホール」
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

【ライナーノーツ】
・満を持して“大人の芸術”を盛ったデビュー盤 このおっとりした、しかも誰にも負けない意欲を秘めた“デビュー盤”は大切にしたい“大人の芸術”である。(濱田滋郎)
・中島晴美を聴け、その深い音楽性と、そこに広がる豊穣を(ローランド・ディアンス)
・バッハと今を生きる5人の作曲家への思い(中島晴美)
・曲目解説(高橋 望)

【中島晴美】
ギタ−を高橋三男、月村嘉孝、中川信隆、江間常夫、J.ウィリアムス、J.ロル−ソ各氏に、和声学を中村洋子氏に師事。ニューヨーク在住時はウエストチェスタ−音楽院で学ぶ。エルネスト・ビテッティ−、ベルタ・ロハス等のレッスンを受講。国内外でのソロ演奏、教授活動の他、東京ギターアンサンブル、ギター四重奏団等のアンサンブルを主宰し、セゴビア国際コンクール(リナレス)をはじめコンクール入賞多数。(Molto fine)

内容詳細

中島は日本のギター界を牽引してきたひとりだが、なんとこれがアルバム・デビュー。満を持して臨んだに違いないのだが、肩の力が抜けた円熟の演奏で、まさにベテランの味わい。彼女の音楽の原点だという「シャコンヌ」を核に、彼女に贈られた2作品をプログラムの前後にすえた選曲にもセンスが光る。(堀)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品