CD 輸入盤

レスピーギ:シバの女王ベルキス、ヒンデミット:交響的変容、シュミット:サロメの悲劇 ゲッツェル&ボルサン・イスタンブール・フィル

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ONYX4048
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

これは凄い。泣く子も黙る大胆強烈プログラム!
ボルサン・イスタンブール・フィルの『ベルキス』!


2010年の欧州文化首都に選ばれたイスタンブールを本拠地とするトルコの大企業ボルサン・ホールディングスのオーケストラ、ボルサン・イスタンブール・フィルハーモニー管弦楽団のデビュー・レコーディングはかなり濃厚で濃密!
 日本でも根強い人気を誇るレスピーギの『シバの女王ベルキス』、フロラン・シュミットの『サロメの悲劇』というエキゾチックな2作品に、ヒンデミットの『ヴェーバーの主題による交響的変容』という泣く子も黙る大胆強烈なプログラムに興味を抱かずにはいられません。
 ボルサン・イスタンブール・フィルの指揮台に立つのは、ウィーン・フィルのヴァイオリン奏者から指揮者に転身したオーストリアの熱きマエストロ、サッシャ・ゲッツェル。PMFオーケストラ、東京交響楽団、神奈川フィルとの共演で聴衆を沸かせた激しくエネルギッシュなタクト捌きはこのプログラムにピッタリ。
 オーストリアの熱き指揮者とトルコのオケ、ボルサン・イスタンブール・フィルというマニア必聴の組み合わせ。そして『シバの女王ベルキス』の新たな名盤の誕生なるか!? 要注目です。(東京エムプラス)

【収録情報】
・レスピーギ:バレエ組曲『シバの女王ベルキス』
・ヒンデミット:ヴェーバーの主題による交響的変容
・フロラン・シュミット:『サロメの悲劇』
 ボルサン・イスタンブール・フィルハーモニー管弦楽団
 サッシャ・ゲッツェル(指揮)

 録音時期:2009年5月24−29日
 録音場所:トルコ、イスタンブール・イスティンエ
 録音方式:デジタル

収録曲   

  • 01. Symphonic Metamorphosis on Themes of Weber
  • 02. Prelude
  • 03. Orgiastic Dance
  • 04. Danse des Perles
  • 05. War Dance
  • 06. The Dream of Solomon
  • 07. The Dance of Belkis at Dawn

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
レスピーギが怪演。オケはなかなかローカル...

投稿日:2011/11/30 (水)

レスピーギが怪演。オケはなかなかローカルだが、ときおり聴かせる木管の血管が切れそうな音がたまらない。とにもかくにも魅力も突っ込みどころも満載のアルバムだ。だがそれがいい!

ぼん さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
☆
☆
☆
ヒンデミット&シュミットのお馴染みレパー...

投稿日:2010/09/14 (火)

ヒンデミット&シュミットのお馴染みレパートリーに、吹奏楽界でも人気のベルキスと、収録ラインアップだけ見れば垂涎モノです。 演奏はトルコのオケで2009年の録音なのですが、哀しい哉、技術的には現代の平均的演奏水準に明らかに届いていません(管然り、弦然り)。スコアとまるで違うソロフレーズ(最初は音跳びしているのかと思いました)が飛び出すなど、ちょっとした怪演の様相を呈していることもあり、各曲の入門用としてはお奨めしにくいディスクです。 とはいえ、どの曲も打楽器の聴かせ方がなかなか小気味よく、「こういう作り方もあるのか」と感心。他盤と聴き比べてみると楽しめるかも知れません。 蛇足ながら、紙ジャケットがエキゾチックな雰囲気で素敵です。

賄賂とケネディ さん | 岩手県 | 不明

2

 オムニバス(管弦楽)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品