CD 輸入盤

クラウス・テンシュテット、グレートEMIレコーディングス ベルリン・フィル、ロンドン・フィル、シカゴ交響楽団(14CD限定盤)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
0944332
組み枚数
:
14
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

クラウス・テンシュテット
グレートEMIレコーディングス
ベルリン・フィル、ロンドン・フィル、シカゴ交響楽団
(14CD初回生産限定盤)


クラウス・テンシュテット[1926-1998]がEMIに残したレコーディングからロンドン・フィルとのマーラー録音集を除いて集積してボックス化したセットの登場。
 ベルリン・フィルとのワーグナー管弦楽曲集やブルックナー『ロマンティック』、シューベルト『グレート』、シューマン『ライン』&第4番、メンデルスゾーン『イタリア』、ドヴォルザーク『新世界より』、シカゴ交響楽団とのマーラー『巨人』、そしてロンドン・フィルとのブルックナー8番、ベートーヴェン『英雄』『田園』、R.シュトラウス『ツァラトゥストラ』、ムソルグスキー『禿山の一夜』などなど、高水準な演奏の数々がまとめてお買得になりました。装丁はクラムシェル・ボックス仕様で、各CDは紙製ケースに収納。32ページ・ブックレットが付属します。(HMV)

【収録情報】
CD1
・ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調 op.55『英雄』
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1991年9月26日、10月3日
 録音場所:ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール
 録音方式:デジタル(ライヴ)

・ベートーヴェン:『プロメテウスの創造物』op.43〜序曲
・ベートーヴェン:序曲『コリオラン』op.62
・ベートーヴェン:『エグモント』op.84〜序曲
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1984年5月11-12日
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ
 録音方式:デジタル(セッション)

CD2
・ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調 op.68『田園』
・ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調 op.93
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1985年9月15,16,19日、1986年3月27日
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ
 録音方式:デジタル(セッション)

・ベートーヴェン:『フィデリオ』序曲 op.72b
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1984年5月11-12日
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ
 録音方式:デジタル(セッション)

CD3
・ブラームス:交響曲第1番ハ短調 op.68
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1983年9月21,22日
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ
 録音方式:デジタル(セッション)

・ブラームス:ドイツ・レクィエム op.45 第1曲、第2曲

CD4
・ブラームス:ドイツ・レクィエム op.45 第3曲〜終曲
 ジェシー・ノーマン(ソプラノ)
 ヨルマ・ヒュニネン(バリトン)
 ロンドン・フィルハーモニー合唱団
 BBCシンフォニー・コーラス
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1984年8月19,20,23-25日
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ
 録音方式:デジタル(セッション)

・ブラームス:運命の歌 op.54
 ロンドン・フィルハーモニー合唱団
 BBCシンフォニー・コーラス
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1985年5月2日
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ
 録音方式:デジタル(セッション)

CD5
・ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』(ハース、1881年版)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1981年12月13,15,16日
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:デジタル(セッション)

CD6
・ブルックナー:交響曲第8番ハ短調(ノーヴァク、1890年版)
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1982年9月24-26日
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ
 録音方式:デジタル(セッション)

CD7
・マーラー:交響曲第1番ニ長調『巨人』
 シカゴ交響楽団
 録音時期:1990年5月31日-6月4日
 録音場所:シカゴ、オーケストラ・ホール
 録音方式:デジタル(ライヴ)

CD8
・シューマン:交響曲第3番変ホ長調 op.97『ライン』
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1978年10月17-18日
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:ステレオ(セッション)

・シューマン:交響曲第4番ニ短調 op.120
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1980年4月18-20,22日
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:デジタル(セッション)

CD9
・R.シュトラウス:交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』op.作品30
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1989年3月
 録音場所:ロンドン、ワトフォード・タウン・ホール
 録音方式:デジタル(セッション)

・R.シュトラウス:交響詩『ドン・ファン』op.20
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1986年9月
 録音場所:ロンドン、ウォルサムストウ・アセンブリー・ルームズ
 録音方式:デジタル(セッション)

・R.シュトラウス:交響詩『死と変容』op.24
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1982年3月28,29日
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ、
 録音方式:デジタル(セッション)

CD10
・ワーグナー:『ワルキューレ』〜「ワルキューレの騎行」
・ワーグナー:『神々の黄昏』〜「夜明けとジークフリートのラインの旅」
・ワーグナー:『神々の黄昏』〜「ジークフリートの死と葬送行進曲」
・ワーグナー:『ラインの黄金』〜「ワルハラへの神々の入場」
・ワーグナー:『ジークフリート』〜「森のささやき」
・ワーグナー:『ワルキューレ』〜「ヴォータンの別れと魔の炎の音楽」
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1980年10月6,8,9日
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:デジタル(セッション)

CD11
・ワーグナー:『タンホイザー』序曲
・ワーグナー:『リエンツィ』序曲
・ワーグナー:『ローエングリン』第1幕への前奏曲
・ワーグナー:『ローエングリン』第3幕への前奏曲
・ワーグナー:『ニュルンベルクのマイスタージンガー』第1幕への前奏曲
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1982年12月15日、1983年4月16,17日
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:デジタル(セッション)

CD12
・メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調 op.90『イタリア』
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1980年4月18-20,22日
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:デジタル(セッション)

・シューベルト:交響曲第9番ハ長調 D.944『グレート』
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1983年4月21-22日
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:デジタル(セッション)

CD13
・ムソルグスキー:交響詩『禿山の一夜』(リムスキー=コルサコフ編)
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1990年5月10日
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ
 録音方式:デジタル(セッション)

・コダーイ:組曲『ハーリ・ヤーノシュ』
・プロコフィエフ:組曲『キージェ中尉』
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1983年9月22,23,26日
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ
 録音方式:デジタル(セッション)

CD14
・ベートーヴェン:『レオノーレ』序曲第3番 op.72a
 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1984年5月11-12日
 録音場所:ロンドン、アビー・ロード第1スタジオ
 録音方式:デジタル(セッション)

・シューマン:4本のホルンのためのコンチェルトシュトゥック ヘ長調 op.86
 ノルベルト・ハウプトマン、マンフレート・クリア、クリストファー・コーラー、ゲルト・ザイフェルト(ホルン)
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1978年10月17-18日
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:ステレオ(セッション)

・ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ長調 op.95『新世界より』
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 録音時期:1984年3月14,15日
 録音場所:ベルリン、フィルハーモニー
 録音方式:デジタル(セッション)

 クラウス・テンシュテット(指揮)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. I. Allegro Con Brio: Symphony No. 3 in E Flat, 'Eroica' Op.55 - Klaus Tennstedt
  • 02. II. Marcia Funebre (Adagio Assai): Symphony No. 3 in E Flat, 'Eroica' Op.55 - Klaus Tennstedt
  • 03. III. Scherzo (Allegro Vivace): Symphony No. 3 in E Flat, 'Eroica' Op.55 - Klaus Tennstedt
  • 04. IV. Allegro Molto - Poco Andante - Presto: Symphony No. 3 in E Flat, 'Eroica' Op.55 - Klaus Tennstedt
  • 05. Overture: Der Geschpfe Des Prometheus Op. 43 - Klaus Tennstedt
  • 06. Coriolan - Overture Op. 62 - London Philharmonic Orchestra/Klaus Tennstedt
  • 07. Overture: Egmont Op. 84 - London Philharmonic Orchestra/Klaus Tennstedt

ディスク   2

  • 01. I. Allegro Ma Non Troppo (Awakening of Cheerful Feelings on Arriving in the Country): Symphony No. 6 in F Op. 68, - London Philharmonic Orchestra/Klaus Tennstedt
  • 02. II. Andante Molto Moto (Scene By the Brook): Symphony No. 6 in F Op. 68, 'Pastoral' - London Philharmonic Orchestra/Klaus Tennstedt
  • 03. III. Allegro (Merry Gathering of the Country Folk) -: Symphony No. 6 in F Op. 68, 'Pastoral' - London Philharmonic Orchestra/Klaus Tennstedt
  • 04. IV. Allegro (Storm and Tempest) -: Symphony No. 6 in F Op. 68, 'Pastoral' - London Philharmonic Orchestra/Klaus Tennstedt
  • 05. V. Allegretto (Shepherds' Song. Happy and Thankful Feelings After the Storm): Symphony No. 6 in F Op. 68, 'Pastora - London Philharmonic Orchestra/Klaus Tennstedt
  • 06. I. Allegro Vivace E Con Brio: Symphony No. 8 in F Op. 93 - London Philharmonic Orchestra/Klaus Tennstedt
  • 07. II. Allegretto Scherzando: Symphony No. 8 in F Op. 93 - London Philharmonic Orchestra/Klaus Tennstedt
  • 08. III. Tempo Di Menuetto: Symphony No. 8 in F Op. 93 - London Philharmonic Orchestra/Klaus Tennstedt
  • 09. IV. Allegro Vivace: Symphony No. 8 in F Op. 93 - London Philharmonic Orchestra/Klaus Tennstedt
  • 10. Fidelio - Overture - London Philharmonic Orchestra/Klaus Tennstedt

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
15
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
私はEMIサウンドで聴いたので、ワーナーサ...

投稿日:2017/04/17 (月)

私はEMIサウンドで聴いたので、ワーナーサウンドになった場合どうなるか分からないが、どちらにしろ、演奏は大変立派であると思う。 ロンドン・フィルであれ、ベルリン・フィルであれ、よくもここまで現代風なドイツ音楽的な響きを出せたものだと思う。 特にブラームスの1番。これはそれが結晶の領域にまで達した、ドイツ音楽としての、そしてゲルマン魂がこもった演奏としての、古典的なブラームスだ。奇をてらうというより、ありのままの変化球を何の不自然さもなく表出する凄技をロンドン・フィルで可能としていうところ、脱帽である。 ほとんどはロマン派作品ばかりだが、シューマンやリヒャルト・シュトラウス、ドヴォルジャークなども興味深く、交響楽的指揮者であったテンシュテットの語り口調の巧さも特筆すべき。 爆演指揮者テンシュテットの一面として、このBOXでやりすぎているとすれば、ワーグナー録音か 他のBOXを買うよりも得するのは、テンシュテットの名演とされる、あるいはお時とするマーラー以外の曲が収録されていること(シカゴ響の「巨人」は入っている)。そして、ドイツ・ロマン派が多いので、親しみやすいことだろう。

音楽の彼方に さん | 不明 | 不明

3
★
★
★
★
☆
全体的な表現の力は薄いように思うが、いろ...

投稿日:2017/03/11 (土)

全体的な表現の力は薄いように思うが、いろいろな音が聞こえてき、あまり気にしていなかったパートに光を当てることで音楽の構成がはっきり浮き出てくる印象。録音も決して悪くはない。

SEGOVIA さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
また どうして?という残念な気持ちでいっ...

投稿日:2016/09/14 (水)

また どうして?という残念な気持ちでいっぱいだ。それにしてもこれはひどい!。録音である。高域が強調されまくって、結果、低音が消され、まったくといって低音が響かず音楽としてバランスを欠くものになっている。シンバルはバーンでなく甲高いシャーンである。これはセッション録音だからだろうか?距離のある客席にはまったく伝わらない異質な音だ。弦楽器もそうだ。キーキーと泣きっぱなしだ。普通にいうと「ドンがないシャリシャリ音!」。モニタリングで商品化前にチェックしたはずであろうに。。。。 小生のアンプは出力減と歪増を嫌い音質補正回路が組み込まれていない。だから高域を抑え、低音をブーストする音質補正できない。どうしようか?自作スピーカーのツウィターのコンデンサーを変えて高域カットせねばとも思う。BOXで最も期待していたワーグナーの管弦楽集(CD 10,11)の録音状態が特にひどい。しかし演奏はカラヤンのもの双璧かと思う名演だ。ま、モノラル同様 割り切って聴くことにする。幸いデジタル(セッション)がほとんど。これぞリマスター期待である。ワーグナー以外、まま 聴ける状態にあるし総じて演奏が素晴らしいので星4つのレヴューとあいなった。

室長鉄男 さん | 新潟県 | 不明

2

 オムニバス(管弦楽)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト