CD 輸入盤

オーマンディ/オリジナル・ジャケット・コレクション(10CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88697279872
組み枚数
:
10
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ユージン・オーマンディ/オリジナル・ジャケット・コレクション(10CD)

往年のオーケストラ・サウンドが好きな方には、いつまでたっても色褪せることのない「フィラデルフィア・サウンド」の魅力をストレートに伝えるソニー時代の録音から、そのエッセンスともいうべき演奏を10枚収録したセットの登場です。
 シルキーで華麗な弦の魅力を存分に味わえる「タリス幻想曲」から、フィラデルフィア管のスペックのすごさを証明するレスピーギやバルトークの作品まで、多彩な選曲が魅力的です。

CD1
レスピーギ:
・『ローマの松』(1958年ステレオ)
・『ローマの噴水』(1957年ステレオ)
・『ローマの祭り』(1960年ステレオ)

CD2
・ムソルグスキー:『展覧会の絵』(1966年ステレオ)
・リムスキー=コルサコフ:『シェエラザード』(1962年ステレオ)

CD3
ラフマニノフ:
・交響曲第2番 op.27(1959年ステレオ)
・ヴォカリーズ op.34-14(1967年ステレオ)

CD4
チャイコフスキー:
・交響曲第5番 op.64(1959年ステレオ)
・弦楽セレナード op.48(1960年ステレオ)

CD5
バルトーク:
・管弦楽のための協奏曲 Sz.116(1963年ステレオ)
・『中国の不思議な役人』組曲 Sz.73(1962年ステレオ)
・2つの映像 Sz.46(1963年ステレオ)

CD6
・メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 op.64(1958年ステレオ)
・チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 op.35(1958年ステレオ)
 アイザック・スターン(ヴァイオリン)

CD7
ショスタコーヴィチ:
・交響曲第1番 op.10(1959年ステレオ)
・チェロ協奏曲第1番 op.107(1959年ステレオ)
 ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(チェロ)

CD8
J.S.バッハ:
・トッカータとフーガ BWV.565(1960年ステレオ)
・カンタータ156番より『アリオーソ』(1968年ステレオ)
・メヌエット BWV Anhung 114(1968年ステレオ)
・ミュゼット BWV Anhung 126(1968年ステレオ)
・御身が共にいるならば BWV.508(1968年ステレオ)
・マーチ BWV Anhung 122(1968年ステレオ)
・われらが神は堅き砦(1968年ステレオ)
・主よ、人の望みの喜びよ(1968年ステレオ)
・『小フーガ』 BWV.578(1968年ステレオ)
・パッサカリアとフーガ BWV.582(1960年ステレオ)
・無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番 BWV1006よりプレリュード(1968年ステレオ)
・G線上のアリア(1959年ステレオ)
・甘き死よ来たれ(1969年ステレオ)
・目覚めよと呼ぶ声あり(1968年ステレオ)

CD9
・J.S.バッハ:トッカータ、アダージョとフーガ BWV.564(1960年ステレオ)
・J.C.バッハ:シンフォニア op.18-1(1960年ステレオ)
・J.C.バッハ:シンフォニア op.18-3(1957年ステレオ)
・W.F.バッハ:シンフォニア F.65(1957年ステレオ)
・C.P.E.バッハ:管弦楽のための協奏曲ニ長調(1957年ステレオ)

CD10
・ボロディン:夜想曲(1957年ステレオ)
・マスカーニ:『カヴァレリア・ルスティカーナ』間奏曲(1967年ステレオ)
・ロンドン・デリーの歌(1965年ステレオ)
・バーバー:弦楽のためのアダージョ(1957年ステレオ)
・チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ(1966年ステレオ)
・シベリウス:悲しいワルツ(1959年ステレオ)
・グリーグ:抒情組曲より『ノットゥルノ』(1968年ステレオ)
・グリーグ:2つの悲しい旋律より『過ぎし春』(1967年ステレオ)
・マスネ:エレジー(1966年ステレオ)
・マクドウェル:野ばらへ op.51-1(1966年ステレオ)
・ヴォーン・ウィリアムズ:グリーンスリーヴスによる幻想曲(1957年ステレオ)
・ヴォーン・ウィリアムズ:タリスの主題による幻想曲(1963年ステレオ)

 フィラデルフィア管弦楽団
 ユージン・オーマンディ(指揮)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. ユージン・オーマンディ/オリジナル・ジャケット・コレクション

ディスク   2

  • 01. <!-- -->

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
オーマンディの名演は展覧会の絵やローマ三...

投稿日:2010/09/14 (火)

オーマンディの名演は展覧会の絵やローマ三部作と昔からよく言われてましたね。良い演奏だとは思いますが、むしろショスタコーヴィチとバルトークの方が気に入りましたよ〜 チャイコの弦セレは出だしはとても良かったのですがカットが多くあっという間に終わってがっかりしました。 グリーグの小品『過ぎし春』『ノットゥルノ』が良かったな〜

あちょ さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
ま〜も〜、これでもかと言わんばかりのてん...

投稿日:2010/08/29 (日)

ま〜も〜、これでもかと言わんばかりのてんこ盛りボックス。やや古い録音もありますが、すべて水準に達したステレオ。ま、ダイナミックレンジはやや狭いし、量感に欠けるところはありますかね。オーマンディが得意にしたレパートリーを集めたものですが、50年代後半から60年代にかけては上位にあげられたディスクでしょうな。但し、ラフマニノフの交響曲にしても、今や優秀ディスクがたくさん出ており、今や当該曲でファーストチョイスにあげられるディスクはこの中には一つもない、という状況になっているかと思います。オーマンディを非難しているつもりではありませんし、また、良いディスクの登場で旧盤が退くこと自体は悪いことではないのですけれど、結局、このボックスは歴史的な意味合いが強いものですよ、という感想なのであります。なお、ゴージャスで完璧な音響製品というのがオーマンディ&フィラデルフィアのコンビのイメージですが、こうして聞いてみると意外に荒っぽいところが目立つように思いますねぇ。ま、名曲はいっぱい入っているし、価格は安いし、オーマンディ存命中にレコード体験を重ねてきた熟年世代には薦めておきましょうか。若い人には薦めません。(-_-;)

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

0

 オムニバス(管弦楽)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品