CD 輸入盤

【中古:盤質AB】 フリッチャイの芸術〜ブラームス:交響曲第1番(北ドイツ放送響 1958)、チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲(メニューイン 1961)、他(2

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
AB
特記事項
:
2枚組み
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
TAH732
レーベル
Europe
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

フルトヴェングラーの新録音発見かと錯覚してしまう
フリッチャイの「ブラ1」


早世の天才指揮者フリッチャイはかなりの録音が残されてはいるものの、驚きの初出音源の出現です。
 当アルバム中もっとも古いモーツァルトのフルートとハープのための協奏曲ではきびきびした音楽作りが魅力ですが、1958年のブラームスの交響曲第1番ではフルトヴェングラーを彷彿させる魂をふりしぼるような情念と巨大な音楽作りに驚かされ、あたかもフルトヴェングラーの高音質盤が出現したのかと錯覚してしまうほど感動的です。もともとフリッチャイはDGに同曲を録音しておらず、またスイス・ロマンドとのカスカヴェル盤も入手困難なことを鑑みれば、この北ドイツ放響との音源がいかに貴重か納得できると申せましょう。さらに魅力なのは最晩年のチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。メニューインの独奏も素晴らしく、熱い血のたぎる音楽となっていて興奮させられます。また、やはり正規録音のない『ハイドンの主題による変奏曲』も覇気と大きさで圧倒的。
 まさにフリッチャイの芸術を満喫できるアルバム。本当に凄いです。(キングインターナショナル)

【収録情報】
・モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲ハ長調 K.299
 ハンス・シュミッツ(フルート)
 イルムガルト・ヘルミス(ハープ)
 RIAS交響楽団
 録音時期:1952年9月17日

・チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.35
 イェフディ・メニューイン(ヴァイオリン)
 ルツェルン祝祭管弦楽団
 録音時期:1961年8月16日
 録音場所:ルツェルン、クンストハウス

・ブラームス:交響曲第1番ハ短調 Op.68
 北ドイツ放送交響楽団
 録音時期:1958年2月2-3日
 録音場所:ハンブルク、ムジークハレ

・ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲 Op.56a
 RIAS交響楽団
 録音時期:1953年4月7日

 フェレンツ・フリッチャイ(指揮)

 録音方式:モノラル(ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
フリッチャイのファンならば是非購入すべき...

投稿日:2012/02/11 (土)

フリッチャイのファンならば是非購入すべき1点。 注目は、2種類目の「ブラ1」。以前出ていたロマンドとの演奏も白熱した名演だったが、その2年後、病魔に侵されて陰影が出てきた時期のフリッチャイならではの、より濃厚な表現が楽しめる。北ドイツ放送響の持っていた、渋く重い音もフリッチャイの解釈に有益に作用している。 フリッチャイとメニューインは、1949年に初共演(チャイコフスキーの協奏曲の放送録音)して以来、久しく共演しなかったが、1961年に集中的に共演を重ねている。その最後の共演が、ルツェルン音楽祭でのこのチャイコフスキーである。この12年の年月を、新旧比較しながら聴くことで、フリッチャイのひとつの到達点、メニューインの深化が感じられる。 この日、コダーイの交響曲の世界初演を行っているのだが、これも是非とも発掘してほしいものである。 モーツァルトの「フルートとハープの協奏曲」は、Andromeda等で1952年3月17日のライヴ録音が出ており、もしかすると同一音源の可能性があるが、今までのディスクが音質に恵まれなかっただけに、Tahraのリマスタリングで新鮮さを取り戻すことに期待したい。 「ハイドン変奏曲」は、1953年4月6〜7日のRIAS響の演奏会の演目だが、このコンビの常で、ダーレムのイエス・キリスト教会で放送録音を行うことがあったので、恐らくその音源だろう。 この直後の4月19日には、コンラート・ハンゼンとピアノ協奏曲第1番を演奏会で取り上げ、10月13日には交響曲第2番をイエス・キリスト教会で放送録音するなど、1953年はフリッチャイにとって「ブラームスの年」であった。 この時期のフリッチャイらしい、直線的だがドライにはならない、絶妙なバランスの解釈が楽しめる、充実した演奏である。 なお、フリッチャイの「ハイドン変奏曲」は、1957年9月17〜18日にイエス・キリスト教会で行った録音が、DGから出ており、その演奏の一部は生前のフリッチャイが人生を語った「Erzähltes Leben」(DGオリジナルマスターズの9枚組に収録されていた)でも使用されていた。 現在廃盤となって久しいが、各変奏を的確に描き分けた見事な演奏であり、モノラル末期の録音も美しい。こちらの再発にも期待したいところである。

フリッチャイマニア さん | 埼玉県 | 不明

4

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品