CD 輸入盤

『ワルツの革命〜モーツァルト、ランナー、シュトラウス1世』 アーノンクール&ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス(2CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
88697914112
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ニューイヤー・コンサートの起源はモーツァルト?
「ワルツは19世紀のヨーロッパ社会の進化を映す鏡である」(アーノンクール)


巨匠ニコラウス・アーノンクール待望のニュー・アルバムは、『ワルツの革命』というややショッキングなタイトルの2枚組。ヨハン・シュトラウス2世によって19世紀後半のウィーンで完成を見たワルツの源流をたどるという、アーノンクールらしい企画といえます。
 「ニューイヤー・コンサートの起源はモーツァルトだ!」と言わんばかりに、ディスク1ではモーツァルトの舞曲が最初に取り上げられ、それにヨハン・シュトラウス1世の作品が続きます。ディスク2では、「ワルツの始祖」とも称されるヨーゼフ・ランナーの作品を。アーノンクールがこれまでウィーン・フィル、ベルリン・フィル、コンセルトヘボウなどと手がけてきたシュトラウス一家の録音からも想像できるように、聴きなれた甘いワルツや軽妙なポルカの常識を打ち破る革新的な演奏解釈によって、ワルツの意外な側面が浮き彫りにされます。
 史上初!? オリジナル楽器オーケストラ、ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスによるオーセンティックなワルツとポルカ演奏。実演ではベートーヴェンまで取り上げているコンツェントゥス・ムジクスですが、いきなり時代が飛んで19世紀のオーケストラ曲を手掛けているというのも大きなポイントです。
 ニューイヤー・コンサートの定番『ラデツキー行進曲』は、通常の版ではなく初稿版で演奏されています。これはアーノンクールが出演した2001年のニューイヤー・コンサート冒頭で披露し、聴衆を驚かせた作品でもありました。
 モーツァルトの『6つのドイツ舞曲K.571第6番』は、アーノンクール最後の日本公演の最終日のアンコールで演奏され強い印象を残した曲です。(SONY)

【収録情報】
CD1
モーツァルト:
・コントルダンス K.603〜第1曲
・コントルダンス K.609〜第1曲
・コントルダンス ハ長調 K.609〜第4曲
・6つのドイツ舞曲 K.571

ヨハン・シュトラウス1世:
・ラデツキー行進曲(初稿)
・第1ケッテンブリュッケ op.4
・Schafer-Quadrille op.217
・パリの謝肉祭 op.100
・パガニーニ風ワルツ op.11

CD2
ランナー:
・サヴェリオ・メルカダンテによるパ・ド・ヌフ
・憧れのマズルカ op.89
・ハンス・ユルゲル・ポルカ op.194
・マラポウ・ギャロップ op.148a
・ワルツ『魔女のダンス』 op.203
・バレエ『コルゾ・ドナーティ』〜行進曲
・チェリート・ポルカ op.189
・狩りのギャロップ op.82
・ワルツ『シェーンブルンの人々』 op.200

 ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス(オリジナル楽器使用)
 ニコラウス・アーノンクール(指揮)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
演奏は最高だが、もう少しモーツァルトを取...

投稿日:2014/11/05 (水)

演奏は最高だが、もう少しモーツァルトを取り上げてくれたらよかったというのが正直な感想。ランナーやシュトラウス父の曲を繰り返し聴くのはしんどい。ただラデツキー行進曲の初稿はおもしろく聴けた。

akiapple さん | 大分県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
爛熟の前の音楽、この手のCDは興味はあっ...

投稿日:2012/05/30 (水)

爛熟の前の音楽、この手のCDは興味はあってもマニアックすぎて買ってから後悔することも多いのですが、これは違いました。 高級食材とはいえないが、腕によりをかけて客(あるいは指揮者演奏家自身に?)にふるまっているという趣を感じました。 曲そのものを味わうにはよい演奏という評を目にすることがありますが、得てして蒸留水のようで味気ないことも多いのですが、これはその対極かと思います。 録音も私には十分でした。 予約でポイント10倍のときに注文しなかったのを後悔しています。(笑) 2枚で100分、曲が曲だけに詰め込むよりはよいのではないでしょうか? 心情的には★5つです。

manmansaru さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
いきなり時代が飛んでしまっては革命の起こ...

投稿日:2012/02/02 (木)

いきなり時代が飛んでしまっては革命の起こしようがないので、不連続線的にモーツァルトとランナーはつながっていて、「シェーンブルン人々」の4つ前に振られたOp.196が「モーツァルト派」ということもあり、まあ、存在を強く感じていたと思われる。さて何が革命なのか。まだランナーの時代は「古楽器」のはずで、これもソニーのレビューが唱える革命には当たらないのではないかと。神童は最晩年にワルツの母体となったレントラーを書いていて、これを録音していれば直接、シュトラウスTをぶつけることで強引に革命だとも言えそうだが…。もしかすると「革命」ではなく「回転」なのかもしれない。一世もランナーも生硬で、とても二世のように甘くもヨーゼフのように軽妙という感覚もない。ジャケットの絵のようにモーツァルトから抜け出せず、輪のようにぐるぐる回る「リング」。ランナーの死の年に書かれた「魔女ワルツ」が「リング」の引き回し役…。まあそれはさておき、ほとんど聞いたことのない作品が並んでいることもあり、たぶん絶対、最高かな。

蓮華人 さん | 千葉県 | 不明

5

 オムニバス(管弦楽)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品