新商品あり

 オムニバス(リコーダー) レビュー一覧

 オムニバス(リコーダー) | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

77件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • ガナッシコンソートは端正なしっとりした演奏を聴かせ...

    投稿日:2022/02/23

    ガナッシコンソートは端正なしっとりした演奏を聴かせる。こういう演奏も時にはいいものだ。MDGの録音は当初から楽器のバランスや空間の響き考慮した自然さを目指しているようだ。35年前に購入したものだが、古さは感じない。本CDは年代で行けば初期バロックの曲から選ばれており、落ち着いてしみじみとしている。ガナッシは、当時のルネッサンス期のリコーダーで2オクターブ以上出るような指使いを工夫したらしい。特別なリコーダーを作成したということではないのでは?

    Dinkelbrot さん

    0
  • 本村睦幸さんが仲間たちとナポリ派のリコーダー・コン...

    投稿日:2021/02/28

    本村睦幸さんが仲間たちとナポリ派のリコーダー・コンチェルトを録音したもの。スカルラッティやマンチーニの名前は、リコーダーに関心のある方にはおなじみだと思うが、サッロ、メレ、フィオレンツァ、バルベラなど、時々録音されることはあるものの、あまりなじみのない作曲家の作品も収録している点は、注目される。演奏は、本村さんの安定したテクニックと気心の知れた仲間たちのステキなアンサンブルを楽しむことができる。欲を言えば、本村さんの性格によるのか、良くも悪くもすごくまじめな演奏となっており、「ジュゴンボーイズと仲間たち」なんてイカシタ名前のアンサンブルとの共演なのだから、もう少し遊び心に満ちたお茶目な演奏になると、イタリアン・ナポリタンの雰囲気が出ていたかもしれませんね。

    hyogepi さん

    0
  • リコーダーの定番であるマルチェロのソナタのほか、ち...

    投稿日:2021/02/24

    リコーダーの定番であるマルチェロのソナタのほか、ちょっと珍しいベリンツァーニのソナタ(最後のフォリアを含む12番は、しばしば演奏されるが)も収録されている。スタロポーリの演奏は、しっかりしたテクニックに裏打ちされ、変に悪乗りすることもなく、安心して気持ちよく聴くことができる。なお、ヴィヴァルディは、作品3−8の編曲で、マルチェッロやベリンツァーニのほかの曲を収録した方が、アルバムとしては統一性があったと思います。全集を多く出しているBRILLIANTなので、いずれ、ベリンツァーニのソナタ全集も期待したい。、

    hyogepi さん

    0
  • 然うだこれが”マンロウ”だ 大昔の人ではない 自ら...

    投稿日:2018/09/29

    然うだこれが”マンロウ”だ 大昔の人ではない 自ら幕を引かなければ今年76歳だったのだから 同時代の人だ リコーダーを主軸に中世とルネッサンス バロック以前の音楽と楽器の研究者であり同時に再現演奏者として先頭を走っていた 三十代半ばで世を去った その三ヶ月前のそして最後の録音 レコードが擦り切れるほど聴いた 再びこうして聴こうとは思わなかった 友から手渡されて少し戸惑った 懐かしさの中に躊躇が出た 内容は彼の古里イギリス音楽集 前半はルネッサンス 後半は20世紀 スタートはどちらも”グリーンスリーヴズ” リコーダーのソロからアンサンブルまで見事だ 笛がいっぱいに鳴っている テヌート奏法の前半と最後はポップに終わる後半の対比が面白い ”パイプのための組曲”を仲間と吹いた記憶が蘇る ただ純正調のリコーダーと平均律のピアノが作り出す歪みは不快だ マンロウはこれをどう捉えていたのだろうか もうこんな笛吹きは現れないだろう 私も笛を吹かなくなって久しい 

    風信子 さん

    1
  • まさかリコーダーだけのオーケストラとは 見たことも...

    投稿日:2018/09/22

    まさかリコーダーだけのオーケストラとは 見たこともないような人間の背丈を越えた高さの白木の箱を積み重ねたような巨大な”笛”のようなものがニョキニョキと立っている 9種類の大きさの違うリコーダー三十数本による合奏に打楽器を加えて 足掛け400年間に書かれた「トルコ風」楽曲を16曲演奏している ”笛”とは言ってもこれだけ揃えると6オクターブをカヴァーするから ピアノ曲でもオーケストラ曲でも再現可能だ がしかし”笛”一色では 音色の変化が望めない さらに低音域になった時のアタッキングが難しい つまりアーティキュレーションも不鮮明になることが予想された 正直懐疑心を持って聴き始めた 驚いた 先ずその豊かで深い響きの広がる空中感否水中感に包まれた この浮遊感は他の楽器合奏では望めない パイプオルガンに近いが威圧感が全くない 全く別のソノリティだがオルゴールを聞いている時に生まれる幻想性に近いかもしれない これは聞かなければ分からない美しさだ あなたも如何

    風信子 さん

    0
  • 美人リコーダー奏者ミカラ・ペトリのアルバムコレクシ...

    投稿日:2018/07/28

    美人リコーダー奏者ミカラ・ペトリのアルバムコレクション。ビバルディをはじめとするバロック、児童合唱との共演、ギターとの共演曲といったさわやか系のもの、ライトクラッシック風の小品集といったものが収められている。バッハの作品をはじめフルートの曲をリコーダーで演奏しているものもある。CD4とCD5のシモーネ率いるアンサンブルは流石である。CD10のグリーグの小品集は指揮者のカムのサポートもあり、なかなかよかった。CD12の現代曲集はとても良かった。どれも録音は秀逸。

    saitaman さん

    1
  • 笛吹きとしてブリュッヘン最後の録音 もっと若かった...

    投稿日:2018/01/05

    笛吹きとしてブリュッヘン最後の録音 もっと若かったと思っていたが不惑も中程に達していたのかと少々驚く 18世紀O.を組織して指揮者へと転じた その働きはピリオド・オーケストラの性能と表現力に想像以上の可能性があることを世界に示した それは機械文明のように音楽が進歩したのではないことを知らしめた わたしなどはハイドン・シンフォニーが退屈なものでないことを初めて認識させられたほどだ 斯様に指揮者ブリュッヘンの活躍があまりに目覚ましかったから 彼が人生の前半をリコーダー奏者として一斉を風靡したことを知らない人も多いのではないか 聴けば自分も笛が吹きたくなる 木から削り出した穴あき笛がこれほどに音楽の内包する幻想と千変万化の表情を歌い出せるのか 驚きと憧れが笛を手に取らずにはいられなくする 一本の笛もオーケストラもブリュッヘンにとっては同じ重さで 音楽への夢を載せる秤は水平を保っている そこから生まれた音楽は大小に拘らず夢幻の広野を駆け巡る 駆け去った後には人の温もりと優しい風が吹いているだけ 一枚で半時間余りの軽さ故 リコーダーなんてと言わず あなたも如何     

    風信子 さん

    1
  • ブリュッヘンはうまいのだが、息やテンポの揺らし方が...

    投稿日:2017/02/19

    ブリュッヘンはうまいのだが、息やテンポの揺らし方があまり好きになれなかった。レオンハルトも同様にこぶしを効かせる演奏が特にバッハで好きになれず、彼らの演奏は、それ以来40年も聞いたことがなかった。今回まとめてブリュッヘンの演奏を購入し、昔と同様な感想を持った。ただ曲によってはこういうスタイルも合っているものがあった。それにしても、このような癖のある演奏をするなら、もっと楽しそうにやれば良いのにと思う。真面目にやっているので余計癖が気になるのだ。

    Dinkelbrot さん

    0
  • 私の記憶が確かならば、昔、柴田南雄氏がレコ芸の連載...

    投稿日:2016/12/24

    私の記憶が確かならば、昔、柴田南雄氏がレコ芸の連載でマンロウを紹介する記事の中、ブラームスを10回聞く内の1回でもいいからマンロウを聞いてみて欲しいむねの記述を読んで、初めて買ったマンロウの一枚です。 特にトラックbTの「 デンマーク王のガリアルド」に引き込まれ、リコーダー合奏のポリフォニーの美しさに心酔してから、マンロウをはじめとする古楽に目覚めた思い出深いアルバムです。 『リコーダーの芸術』とともに初めてマンロウを聞くかたにお勧めします。

    やすお さん

    2
  • 吐息でぶれのない、非常に安定した音色に感動しました...

    投稿日:2016/02/29

    吐息でぶれのない、非常に安定した音色に感動しました。 特にソプラノリコーダー。 本CDは抜粋版なので、個々の録音版で楽しむのも良いかもしれません。

    Formalhout さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%