CD

無伴奏チェロ組曲第4番、第5番、第6番(ギター版) 益田正洋

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
FOCD9860
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

【参考動画 組曲第6番よりアルマンド ライヴ映像】


デビュー30周年記念
6つの『無伴奏チェロ組曲』全曲録音プロジェクト、ついに完成!


デビュー以来30年、その卓越した音楽性と技術で常にトップを走り続けてきたギタリスト・益田正洋。J.S.バッハがケーテンの宮廷楽長時代に完成させた傑作、6つの無伴奏チェロ組曲(BWV.1007〜1012)全曲録音プロジェクトの第2弾にして完結盤の登場です!
 前半の3曲(BWV.1007〜1009)を収録したVol.1は、本年3月に急逝した音楽評論家・濱田滋郎氏をして「つねに整然と、格調高くすべてを弾きあげていながらも、彼はそこに、バッハの奥深い詩的感受性を、またとない詩情を弾き表すのだ。」(レコード藝術2021年4月号月評より)と評されたことをはじめ、数多くのメディアから絶賛を受けました。後半3曲(BWV.1010〜1012)を収録した本作も、益田のギタリスト=音楽家としての天賦の才能と、たゆまぬ努力によって築き上げられた、眩いばかりの魅力に満ち溢れた歴史に刻むべき名演です。(メーカー資料より)

【収録情報】
J.S.バッハ:
● 組曲第4番ハ長調(原曲:ホ長調) BWV.1010
● 組曲第5番イ短調(原曲:ハ短調) BWV.1011
● 組曲第6番ニ長調 BWV.1012


 益田正洋(ギター/サントス・エルナンデス 1939年)

 録音時期:2020年6月19日、2021年1月20,21日
 録音場所:千葉県、浦安音楽ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

【益田正洋 Masahiro Masuda(ギター演奏家)】
長崎市生まれ。ジュリアード音楽院修士課程にてS.イズビンに師事。第21回クラシカルギターコンクールにて史上最年少で第1位を受賞。2003年にはシカゴで行われた国際コンクールにてファイナリストに選ばれるなど、国内外での数々の賞歴を重ねている。1991年のデビューリサイタルを皮切りに演奏活動を開始。2001年にはロドリーゴ生誕100周年記念コンサートのコンチェルト・ソリストとして、ニューヨーク・リンカーンセンターにて海外デビュー、アランフェス協奏曲を好演する。2009年には(公財)東京オペラシティ主催の「B→C」に招聘される。2012年スペイン演奏ツアーを行い、マドリッド王立音楽院でのリサイタルは絶賛を受けた。リリースしたCDは30枚以上におよび、その多くは各メディアからも支持を集めている。日本を代表する実力派ギタリストである。(メーカー資料より)


収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品