CD

『プレイズ・ピアソラ』 國松竜次

ピアソラ(1921-1992)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
FOCD9572
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

プレイズ・ピアソラ/國松竜次

「タレガが待ち望んでいたギタリスト」と評された『フランシスコ・タレガ作品集』(FOCD9443)、ギタリストとしての卓越した技術だけでなく、編曲者としての優れた一面を魅せ付けた『アレンジメント』(FOCD9511)に続く、気鋭のギタリスト・國松竜次の最新作は、本年2012年に没後20年を迎えたアルゼンチン・タンゴの革命者、アストル・ピアソラの作品集です。
 ピアソラといえば、自身の演奏するバンドネオンを中心とした楽団による作品が有名ですが、本作品は國松本人の編曲による8曲と、世界的ギタリストのセルジオ・アサド編曲による4曲が、全てソロ・ギターという、ピアソラ作品のCDとしては極めて珍しい演奏形態となっています。
 たった1本のギターでピアソラの音楽が持つ独特の「艶」を余すところなく表現していく國松の演奏がたっぷりと詰まった本作は、まさに巨匠の没後20年を飾るにふさわしい1枚です。巨匠へのオマージュと遊びごころを含んだアートワークにも注目。(FONTEC)

【収録情報】
ピアソラ:
・チキリン・デ・バチン
・エスクアロ
・カフェ1930
・ナイトクラブ1960
・チャウ・パリ
・ブエノスアイレスの夏※
・ブエノスアイレスの秋※
・ブエノスアイレスの冬※
・ブエノスアイレスの春※
・ワルツ風の詩
・アルフレッド・ゴビの肖像
・オブリビオン
 (※編曲:セルジオ・アサド)

 國松竜次(ギター、編曲)

 録音時期:2012年9月5-7日
 録音場所:神奈川県、相模湖交流センター
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

内容詳細

ピアソラ作品が、詩情にあふれたものだったと気づかせてくれる。國松自身とアサドの手でギター・ソロに置き換えられた“編曲もの”なのだが、オリジナル作品のように自然。自分の内面からわき上がってくる音楽を、繊細に紡ぎ上げていく演奏は、聴き手の心に深く入り込んでくる。(堀)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. チキリン・デ・バチン
  • 02. エスクアロ
  • 03. カフェ1930
  • 04. ナイトクラブ1960
  • 05. チャウ・パリ
  • 06. ブエノスアイレスの夏
  • 07. ブエノスアイレスの秋
  • 08. ブエノスアイレスの冬
  • 09. ブエノスアイレスの春
  • 10. ワルツ風の詩
  • 11. アルフレッド・ゴビの肖像
  • 12. オブリビオン

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ピアソラ(1921-1992)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品