ウィリアム・ブライアント・ローガン

人物・団体ページへ

樹木の恵みと人間の歴史 石器時代の木道からトトロの森まで

ウィリアム・ブライアント・ローガン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784806716334
ISBN 10 : 4806716332
フォーマット
出版社
発行年月
2022年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
378p;20

内容詳細

古来、人間は、木を伐ることで樹木の無限の恵みを引き出し、利用してきた。牛、豚、羊の飼料、英国の沼沢地の萌芽更新による枝で編んだ石器時代の木道、スペインの一二世紀の手入れされたナラの林、一六世紀のタラ漁船のための木材づくり、野焼きによって森を育んだ北アメリカの先住民、日本の萌芽林。ニューヨーク植物園の育樹家が、世界各地を旅し、一万年にわたって人の暮らしと文化を支えてきた樹木を収穫する技術を掘り起こし、現代によみがえらせる。

目次 : ニューヨークを救う木―ヤナギの再生/ 忘れられた言葉―木とともに生きる/ 記憶―失われた技法/ 萌芽の地―木の行動に学ぶ/ 即興演奏する樹木たち―倒れた樹木に宿る生命/ 枝分かれ(branching)―ネットワークの中で生きる/ 高架下の雑木林(スパゲッティの森)―創造力のある生き物/ 石器時代の湿地の木道(レヴェルズにて)―萌芽枝の利用/ 街路の発明―同じ森を利用する/ バネ―人の手が促す森の遷移〔ほか〕

【著者紹介】
ウィリアム・ブライアント・ローガン : ニューヨーク植物園で教鞭をとる。これまで30年間、木を相手に働いてきた。認定育樹家で、ニューヨーク市を拠点とする樹木管理の会社の創設者兼社長。ガーデンライターズアソシエーションから数々の賞を受賞しており、「House Beautiful」「House and Garden」「Garden Design」などの雑誌の寄稿編集者、「ニューヨークタイムズ」のレギュラーのガーデンライターでもある。国際樹芸学会International Society of Arboriculture(ISA)のニューヨーク州支部から2012年のSenior Scholar賞を、国際ISAからTrue Professional of Arboriculture賞を受賞。『樹木の恵みと人間の歴史―石器時代の木道からトトロの森まで』で、最も優れたネイチャーライティングの著作に贈られるジョン・バロウズ賞を受賞

屋代通子 : 兵庫県西宮市生まれ。出版社勤務を経て翻訳業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tamami さん

    本書の訳者屋代通子さんは、あとがきで「本書に触れるまで、林業というものは、手ごろな太さになった木を一定の間隔で切り、周期的に植林して補っていくものという漠然とした認識しかなかった。…」と記しているが、筆者も全く同様な思いを抱いた。本書は人が古代以来樹木に対して行ってきた「萌芽更新」と呼ばれる剪定技術に関わり、木を伐ることで得られる様々な人への恩恵の事例を世界各地に探り、その歴史や現状を文学的表現豊かに謳い上げたものである。人間の歴史が、森や樹木の働きによって如何に豊かなものになってきたか、納得させられる。

  • どら猫さとっち さん

    人間は古来から、樹木の恵みを引き出し、生活の糧にしてきた。石器時代から現代まで、どのようにして樹木を使い、そして親しんできたかを、本書は綴っている。欧米はもとより、日本の樹木の歴史も着目しているのが興味深い。樹木と人間の関わりは、人類史や自然科学の大きな礎になっている。樹木がなければ、人間の生活はどうなっていただろう。樹木の存在を見直すことは、自然とともに生きることの大きな要素ではないだろうか。

  • takao さん

    ふむ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

物理・科学・医学 に関連する商品情報

おすすめの商品