赤いリボンの殺意 イヴ&ローク 20 ヴィレッジブックス

J・D・ロブ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784863321427
ISBN 10 : 4863321422
フォーマット
発行年月
2009年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,580p

内容詳細

秋を迎えるニューヨークで残虐なレイプ殺人事件が発生した。被害者の女性は全裸で、凶器として使われた赤いリボンを首に巻かれ、両目をえぐり取られていた。ピーボディを連れてただちに捜査を開始するイヴ。そんな彼女のもとを、セリーナという名の美貌の女性霊能者が訪れた。セリーナは、自分は犯行の様子を夢のなかで見たと主張し、捜査への協力を申し出る。イヴはセリーナの身元を調査した結果、捜査陣に加える決意を固めた。が、その間にも、姿なき犯人は新たな犠牲者を求めてマンハッタンを徘徊していた…。人気シリーズ、第20作。

【著者紹介】
J・D・ロブ : ロマンス小説の人気作家、ノーラ・ロバーツのもう一つのペンネーム。1950年、メリーランド州シルバースプリング生まれ

中谷ハルナ : 英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いっちん さん

    【イヴ&ローク20作目】読みごたえ抜群。ピーボディが早く元気になって欲しい。子供みたいな大男と能力のある女。ラストはけっこう衝撃的な展開でビックリした。

  • たまきら さん

    今回は地道な捜査が多く、そこが逆に良かったです。わき役たちのきらめきも。特に好きなクラックは出番が微妙で悲しかった…。

  • oneoeight さん

    再読☆霊能力者と眼球くり抜き犯とピーボディ受難の巻。イヴが必ず正義を成し遂げるってわかっててもピーボディがパートナーとして成長し信頼感が増してるだけにこの展開はツラかった・・・(;ω; ))マクナブしっかりしてきたね。 事件の最後の仕掛けには再読だけどハァハァしちゃったヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ  ローク楽しげに住居侵入度☆5

  • 世玖珠ありす さん

    いつも楽しみにしているシリーズです。20巻目ともなると、キャラクター同士の絆もかなり強くて、自分もその中に入っているような感覚です。だからピーボディに起きた事態には、涙をこらえて読みました。それにしても、最後のドンデン返しは予想外です。油断しました。

  • JINKO@灯れ松明の火 さん

    久しぶりのイヴ&ローク!猟奇的連続殺人事件がメインでした。相変わらずハードなストーリーでしたが、ラストにどんでん返し!意外でした。よもや、こんなオチがあろうとは…メイヴィスに出産に立ち会って欲しいとお願いされたイヴとロークの過敏な反応が、もう爆笑〜

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

J・D・ロブ

ロマンス小説の人気作家、ノーラ・ロバーツのもう一つのペンネーム。1950年、メリーランド州シルバースプリング生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品