復讐は聖母の前で イヴ&ローク6 ヴィレッジブックス

J・D・ロブ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784863327382
ISBN 10 : 4863327382
フォーマット
発行年月
2004年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,513p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • セウテス さん

    イヴ&ロークシリーズ第6弾。前作の悪魔崇拝者に続き、今回は神の使者を名乗る殺人犯との戦いとなる。犯人は最初の殺人の後、イヴに連絡をよこし次の標的の情報を伝える。謎解きと犯人との競争となるサスペンスに加え、執事のサマーセットに容疑が向く様に計画されている事件。犯人は誰か、何故サマーセットの行動が解るのか、本作は幾つかの伏線から推理も楽しめる。イヴとサマーセットの関係が、少し変わるかもと期待が在る。新しい仲間も、中々魅力的で物語の幅が広がるだろう。意外な犯人、サスペンスと共に、登場人物の物語も益々盛り上がる。

  • Satiko Mediocre さん

    サマーセットのせつなさに、思わず泣きそうでした。イブとの関係で、こんなに苦しくなったのは久しぶり。イブ&ロークは1本の映画を観ているような感覚になります。あまりに残虐な殺し方にちょっと引きましたが。イブとロークは強い信頼関係で結びついています。ちょっとした喧嘩も、どうやって仲直りするんだろうって、ある意味期待してしまいます。今回の仲直りの仕方は好きです。イブロク大好きです! ナイス!

  • ぶーちゃ さん

    久しぶりのイブ&ロークシリーズ♪やっぱり楽しい♪ヽ(´▽`)/けどやっぱり最後は乱闘なのねー( ̄▽ ̄;)んでも癖になるわー(*^^*)新メンバー?笑のマクナブ登場♪今回は結構グロかったからあたし好みのお話ただった♪自作も積読本の中にあるからまたちょいちょい読んでいこー(*^^*)

  • イヴ  LH&NR祭り中 さん

    再読 イブ&ロークシリーズ6 ★★★★☆ イブとロークはアイルランドへ。イブ、めっちゃ負傷するけど、ほんと、強いよ、、、あなたは。

  • 寧々子 さん

    被害者がロークのアイルランド時代の知り合いだった事から、イヴは窮地に陥ります。 彼の暗い過去を共有しているサマーセットまで、イヴは守らなくてはいけなくなります。 この事件のせいでイヴとサマーセットの関係はまた悪化!! もっとお互い信頼して本音をぶつければ、捜査はもっとやりやすくなるのに〜

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

J・D・ロブ

ロマンス小説の人気作家、ノーラ・ロバーツのもう一つのペンネーム。1950年、メリーランド州シルバースプリング生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品