幼子は悲しみの波間に イヴ&ローク 21 ヴィレッジブックス

J・D・ロブ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784863321731
ISBN 10 : 4863321732
フォーマット
発行年月
2009年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,629p

内容詳細

マンハッタンに住む平凡な一家が深夜に惨殺された。ただひとり生き残ったのは、偶然ベッドから抜け出していて二人組の犯人の目を逃れた9歳の少女ニクシー。彼女は血にまみれて息絶えた両親の無惨な姿を目撃し、大きな衝撃を受けていた。捜査に乗り出したイヴは、ニクシーを自宅へ連れていって保護することにする。だが、ともに苛酷な幼年時代を過ごしたイヴとロークは、ニクシーに自分の過去を重ね合わせてしまい、大きな戸惑いを覚えることに…。そんな折り、謎の動機を秘めた冷酷な犯人たちがさらなる行動を開始した!人気シリーズ、待望の第21弾。

【著者紹介】
J・D・ロブ : ロマンス小説の人気作家、ノーラ・ロバーツのもう一つのペンネーム。1950年、メリーランド州シルバースプリング生まれ

青木悦子 : 東京都生まれ。英米文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いっちん さん

    【イヴ&ローク21作目】とても悲しくて残忍な事件。ニクシーのこれからがよいものになればいいな。そしてニクシーのお陰でロークが子供が欲しいって!まだまだ先になるんだろうけど、二人の心の準備がいつかできたらいいなー。

  • 珂音 さん

    何冊飛ばしてしまったのか。犯罪被害者の少女の存在がイヴとロークに悲惨な過去を思い起こさせる。

  • JINKO@灯れ松明の火 さん

    前作からたった4ヶ月の待ち時間で読める日が来ようとは!感涙。一家惨殺から始まる今回の事件。たった独り生き残ったちっちゃな女の子に、トラウマを刺激されっ放しのイヴとローク。「普通の家庭」を知らない二人の戸惑い、新しい家族を持つことへの躊いと不安、そんな葛藤が切なかったです。ま、案ずるより産むが易しだと思うんですけどね〜次回短編集だそーで。楽しみです♪

  • かいり さん

    今回も酷い事件でしたが、事件解決までの間にイヴとロークが乗り越えようとしていくお互いの心の傷と、その傷にたいするお互いと周囲のいたわりが胸に響く一作でした。惨殺事件でただひとり助かった少女も、いい子過ぎないいい子で良かったです。途中まで「もしやこのまま…ということになるか?」と期待したりしたのですがそれはなく、けどロークの心にひとつの区切りが出来たようだし良しということで。このシリーズは旧作での関係者が顔を出したりして、一つの街の生活の匂いがしていいですね。

  • oneoeight さん

    今回は泣けた(T_T)やっぱこのシリーズ、オモシロイなぁー。サマーセットが当社比2倍で出てたね(だから何?(∋_∈)だけど)ただこの人もツラい過去背負って生きてるんだよなぁと今作改めてしみじみ思った(;_;)読み応えがあり目が離せない展開でイッキヨミでした。もちろんロークも見目麗しかったです(●´∀`)ノ ワタシのロークらぶ度☆5、また読みたい度100%

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

J・D・ロブ

ロマンス小説の人気作家、ノーラ・ロバーツのもう一つのペンネーム。1950年、メリーランド州シルバースプリング生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品