F・ポール・ウィルソン

人物・団体ページへ

悪夢の秘薬 上 扶桑社ミステリー

F・ポール・ウィルソン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594039394
ISBN 10 : 4594039391
フォーマット
出版社
発行年月
2003年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,343p

内容詳細

五月…ニューヨークでは、狂暴な暴力の発作を伴う新麻薬が蔓延していた。われらがヒーロー〈始末屋ジャック〉は、製薬会社の女性研究員から、謎のセルビア人ギャングのボス、ミロシュの調査を依頼される。ミロシュはこの新麻薬に絡んでいるらしい。一方製薬会社重役モネを尾行するジャックは奇妙な人体実験を目撃。荒れ狂う被験者のありさまは、新麻薬の発作と同じものだった!単なる脅迫と思えた事件は、奇怪な様相を見せていく。鬼才F・P・ウィルスンが放つ痛快アクションホラー巨編。

【著者紹介】
F・ポール・ウィルスン : 1946年ニュージャージー生まれ。医師として働くかたわら小説を発表。81年に発表した『ザ・キープ』で一躍人気作家となる。壮大な伝奇ホラー六部作「アドヴァーサリ・サイクル」をはじめ、SF、医学サスペンスなどの分野で、精力的な創作活動を続けている

大滝啓裕 : 翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しましまこ さん

    再読。フリークショーとラコシとギャングと謎の薬。美術館前の事件から一気読み、楽しい。

  • そら さん

    始末屋ジャックシリーズ。下巻へ。

  • カマー さん

    裏社会の仕事人 始末屋ジャックの戦いを描くシリーズの第4弾 感想は下巻で

  • inugamix さん

    F.P.ウィルスンは途中で止められんので困る。ビンテージワインが不味く感じる貧乏舌せつない。

  • リュウジ さん

    ★★★☆☆インターネットへ接続するのに、電話を使っていたww そんな時代か。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

F・ポール・ウィルソン

1946年ニュージャージー生まれ。医師として働くかたわら小説を発表。81年に発表した『ザ・キープ』で一躍人気作家となる。ホラーをはじめ、SF、医学サスペンスなどの分野で、精力的な創作活動を続けている

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品