60歳からの生き方哲学 円熟した大人の作り方

齋藤孝

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784305709318
ISBN 10 : 4305709317
フォーマット
出版社
発行年月
2020年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
296p;19

内容詳細

シフトチェンジ力、身体感覚力/上機嫌力、大人のコミュニケーション力、添う力/ずらす力、読書力/美意識力、孤独力、ingの死生観…50代から読む60代の本。

目次 : はじめに 「円熟した大人」の作り方/ 第1章 60代はシフトチェンジする時期/ 第2章 「身体感覚力」を取り戻す/ 第3章 上機嫌力/ 第4章 大人のコミュニケーション力/ 第5章 添う力/ 第6章 ずらす力/ 第7章 読書力/ 第8章 美意識力/ 第9章 美意識の巨匠たち/ 第10章 「孤独力」と「ing」の死生観

【著者紹介】
齋藤孝 : 1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。東京大学大学院教育学研究科博士課程を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ショウジ さん

    2020年から2021年にかけて新型コロナウィルスという世界中の老若男女に共通する死の可能性が出てきました。このような中で今までになかった奇異な状態から「新しい生き方」が必要となってきました。その新しい生き方とは「添う力」と「ずらす力」です。らせん運動の如く少しずつずらしつつ、一方で人生の成果を味わいながら生きていく。それが60代だというのが筆者の考え方です。「積極的受動性」と「中庸の精神」を以て平和裡に生きていくための指針を与えてくれる1冊です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

齋藤孝

1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。テレビ・ラジオ・講演等多方面で活躍。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品