大人の語彙力ノート

齋藤孝

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784797393446
ISBN 10 : 4797393440
フォーマット
発行年月
2017年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
239p;19

内容詳細

どんな場でも、誰と会っても恥ずかしくない「語彙力」と「モノの言い方」がすぐ身につきます!

目次 : 第1章 「普段の会話で品よく見せる」語彙力ノート/ 第2章 「お願いする」ときの語彙力ノート/ 第3章 「言いづらいことを言い換える」語彙力ノート/ 第4章 「気持ちを伝える」語彙力ノート/ 第5章 メール・口グセで自分を下げない「同じ言葉の繰り返しをなくす」語彙力ノート/ 第6章 会議・打ち合わせで「できる!」と言われる語彙力ノート/ 第7章 「訪問・宴会・手紙で使える」語彙力ノート/ 第8章 センスが伝わる「季節の言葉」ノート

【著者紹介】
齋藤孝 : 1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。ベストセラー作家、文化人として多くのメディアに登場。著書多数。『語彙力こそが教養である』(KADOKAWA)は17万部を突破するベストセラーに。著書発行部数は1000万部を超える。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • seacalf さん

    それにしても齊藤先生ったら手広く商売してること。今回は語彙力ノートですか。ページを開けばけっこう利用している言葉が多くて苦笑い。社会人を経験すれば否が応にも身に付く言い回しが多いので、教養を高めるというより話の種になる程度で参考すればいいのかも。ざっくりとした内容なので普段から類語辞典を眺める方が語彙力はつくのだが、出自を明らかにしてくれる言葉は関心して読める。滅多にお目にかからない『羊頭狗肉』『牽強付会』など、実際に使われるシーンを想像するのは楽しい。が、芯を感じない軽い内容なので買わずともよい本。

  • 14番目の月 さん

    安易な表現をしてしまう毎日。 テレビを見ていても「チョー〜」とか「めっちゃ」とか気になって仕方ない。 語彙を増やして日常語に素敵な日本語を使いこなせる人になりたい。

  • nabe さん

    今年は言葉に気をつけよう。そんな事を思い立って久々の読書(メーター)でございます。最近本に関するINPUTがブランチしかないという事に慣れすぎていてひたすらアンテナが低くなっていることを自覚しつつ、まぁ基本的なところはだいたい押さえていたので、年長者に言う場合、最敬礼の言い方、といったところが参考になったかなというところ。若手が読むときっといいんだろうな。

  • BAR PLAYLIFE さん

    カタカタ語は特に役立ちました。手元に置いておきたくなりますね

  • tomose さん

    最近は専らビジネス書的な本を読んでます。この本通りにこんな言葉を日常的につかえたら何て素敵なんでしょう。ちょっと、頑張ってみます!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

齋藤孝

明治大学文学部教授。1960年、静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。東京大学大学院教育学研究科博士課程等を経て現職。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。著作多数。著書累計出版部数は1000万部を超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されてい

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品