近代日本の金・外貨政策

齊藤壽彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766418910
ISBN 10 : 4766418913
フォーマット
発行年月
2015年02月
日本
追加情報
:
1589;21

内容詳細

明治以降、日本は激動する国際情勢のなか、幾多の戦争や経済危機を乗り越えながら、貨幣・金融制度の確立と財政の健全化に挑む。高橋是清、井上準之助、深井英五、森賢吾、津島寿一ら世界から称賛された国際金融家たちの思想と活躍、そして苦闘を追いながら、近代日本の興隆と崩壊を描く一大叙事詩。

目次 : 日本の正貨政策に関する研究史/ 第1編 金本位制確立前の正貨政策/ 第2編 金本位制確立期の正貨政策/ 第3編 日露戦争以後の金本位制維持政策/ 第4編 第1次世界大戦期の正貨政策/ 第5編 第1次世界大戦後の正貨政策/ 第6編 金輸出の解禁実施と再禁止/ 第7編 人物からみた戦前日本の国際金融

【著者紹介】
齊藤壽彦 : 千葉商科大学商経学部教授、慶應義塾大学非常勤講師。博士(商学)。1945年香川県生まれ。1968年慶應義塾大学経済学部卒業、70年同大学大学院経済学研究科修士課程修了、74年同大学院商学研究科博士課程単位取得。同年千葉商科大学商経学部専任講師、77年同助教授、83年から現職。2006〜10年同学部長、2010〜12年同大学大学院経済学研究科委員長。この間、1987〜88年に在外研究員としてイギリス、カナダ、アメリカに派遣(ロンドンのシティ・ユニバーシティ・ビジネススクール客員研究員)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

齊藤壽彦

千葉商科大学商経学部教授、慶應義塾大学非常勤講師。博士(商学)。1945年香川県生まれ。1968年慶應義塾大学経済学部卒業、70年同大学大学院経済学研究科修士課程修了、74年同大学院商学研究科博士課程単位取得。同年千葉商科大学商経学部専任講師、77年同助教授、83年から現職。2006〜10年同学部長

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品