ムー民俗奇譚 妖怪補遺々々 ムー・スーパーミステリー・ブックス

黒史郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784054066960
ISBN 10 : 4054066968
フォーマット
出版社
発行年月
2019年01月
日本
追加情報
:
254p;18

内容詳細

古代から現代まで、日本史を一気に学び直せる一冊。監修には人気著者・後藤武士氏を迎え、歴史の本質的なポイントをわかりやすく提示する。また、最新研究によって明らかになってきた事実など、過去の学習体験との違いについても、解説する。

著者紹介
著述家、教育評論家、世相評論家。『読むだけですっきりわかる日本史』(宝島社)をはじめ、「読むだけですっきりわかる」シリーズは累計280万部超。精力的な講演活動も行い、メディアへの露出も多数。

【著者紹介】
黒史郎 : 1974年、神奈川県生まれ。怪奇作家、妖怪蒐集家。2007年「夜は一諸に散歩しよ」で第1回「幽」怪談文学賞長編部門大賞を受賞してデビュー。妖怪、都市伝説、オカルト、クトゥルフ神話などの著作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    表紙や題名だけを見るとかなりなおどろおどろしい感じがしたのですが、読んでみると日本の昔からの様々な地域の書物などを渉猟してエッセンスをうまくまとめた本だと思いました。妖怪の事典のような感じです。短い物語はあるのですがこれをもとにして妖怪怪談にしてくれればと思います。それはこの中でも対談している京極夏彦さんに任せるのでしょうか?

  • 澤水月 さん

    買いですコレ!挿絵が黒さん本人画なのが衝撃の味わい。ゆる〜いかと思わせ、ザァ、クビツリ神さん、テン吊りオロシなど激コワつるべ打ち。大量の資料タウン誌なども含め書誌価値もありそう。京極夏彦対談も身が詰まってる(お化け・霊現象否定派の論客と微妙にズレたまんま話続いていくおかしみ。妖怪は変人たちをそれぞれの表舞台登場前から集めるんだなぁ)。沖縄や離島の話多いこと、昭和の子供向け怪しい怪奇本コラムあるのも最高

  • qoop さん

    巷間に知られていない地方紙などの類を渉猟し、その中で語られているマイナー妖怪・怪異・怪人などに着目、類書にあたりつつ事例を読み進め掘り下げて紹介した一冊。著者のライフワークというか怪異遍歴/妖怪観が伝わってくるような内容。京極夏彦氏との対談は、妖怪という正体不明のテーマにどう光を当てるのか、その自由度が語られていて興味深い。妖怪を巡るクセ者対決の感アリ。

  • パトリック さん

    いろんな資料から拾ってきた妖怪譚。作者はよく勉強している。

  • PLAYER さん

    古今の資料を渉猟し、これまで刊行されてきた妖怪事典からこぼれ落ちた妖怪たちを闇から表に引っ張り出した、妖怪馬鹿にはたまらない、補遺という言葉が本当に相応しいマニアックな妖怪事典。きっと、こういう忘れ去られた妖怪は他にもいるのだろう。事典はあくまで入門書であり、入り口、スタート地点であることを、改めて思い知らされた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

黒史郎

怪奇作家、怪異蒐集家。2007年『夜は一緒に散歩しよ』で第1回「幽」怪談文学賞長編部門大賞を受賞してデビュー

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品