臨床犯罪学者・火村英生のフィールドノート ブラジル蝶の謎 新装版 あすかコミックスdx

麻々原絵里依

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041208120
ISBN 10 : 4041208122
フォーマット
出版社
発行年月
2013年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
170p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • すい さん

    『わらう月』『201号室の災厄』『ブラジル蝶の謎』の3編を収録。切ない恋が印象的な『わらう月』が有栖らしく感じた。やっぱり原作が読みたくなっちゃったな。

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    あとがきでの可愛い「あれ」を「この紋所が目に入らぬかっ!」とばかりに持つ火村先生に爆笑を抑えるのに必死でした(笑)あのファンシーさは麻々原さんの趣味だなwそして相変わらず、アリスにちょっかいを出す火村先生。本当に仲良しだ〜^^そして浴衣の二人が新鮮でした。

  • みや@桃色日和 さん

    コミック版作家アリスシリーズ第2弾。小説でも大好きな「201号室の災厄」が収録されていて嬉しかった。外国人歌手とのやり取りも、真相判明後の一捻りも、やっぱり面白い。欲を言えば英語を話す火村先生が見たかった。虫嫌いに絵で見る表題作は辛い。巻末には小説に(恐らく)無いオリジナルの短編が4作あり、火村先生もアリス先生も小説から大きく外れることはなく、ストーリーも作家アリスらしいコミカルさがちゃんとあって、安心して楽しめた。書店で売れ行きを確認したり、高級ホテルで災厄に見舞われるアリス先生がとにかく可愛い。

  • てつ さん

    コミックでの短編集。これも無茶と冒険と奇抜さが同居。突っ込みどころをご愛嬌ととれば、有栖川作品はそこそこ楽しめる

  • 松田メロン さん

    やっぱり、アリスは、原作でも可愛いんだなぁ♪ そして、火村はカッコいい。2人はもっとイチャイチャすればいいよ! 永遠にイチャイチャしてればいい。火アリ尊い☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品